スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーマイニュースからOh!my Lifeへ

2008.9.1にオーマイニュースが終了し、現在Oh!my Lifeとなっています。

少し前にはemproと称して、市民記者を排除したニュース配信を試みていたオーマイニュースですが、
再度のリニューアルです。(2008.3)

2008.9.7現在、トップページは金融関係の記事ばかり。
ADJUST(電通系の広告配信会社)が梃入れ(てこいれ)して、金融関係の広告を集めようとしているのでしょうか?
とても読む気がしません。


オーマイニュースはなぜ失敗したか(上) (NIKKEI NET IT+PLUS)
期待裏切った2年・オーマイニュースはなぜ失敗したか(下) (NIKKEI NET IT+PLUS)

オーマイニュースが創刊したのは2006年だそうです。
この2年間の軌跡をIT+PLUSは”失敗”と表現しています。

市民記者を排したサイトにリニューアルせざるを得なかったことを考えると、”失敗”の表現は間違っていないのかもしれません。
が、この2年でオーマイニュースの市民記者が発信したニュースが無価値だったかというと、そうでもないと思います。


もちろん、公開された記事の中には、真実とは異なる投稿、低レベルな文章、炎上した記事、無意味で無価値な主張もあったように思います。

最近の炎上記事としては、
あの、先にコピーをさせてくださいませんか」(大谷 憲史) 
http://www.ohmynews.co.jp/news/20071010/15928(リンク先消滅)

コンビニのコピー機で、時間がないからと言って先客に順番を譲ってもらったにもかかわらず、先客がコピーしていた書籍をみて、著作権違反ではないかと説教をたれた記事です(笑
(多数の批判を受け、追加記事:”朝のコンビニの空気を読めなかった私”でフォローをしていました)

正直、苦笑するしかありませんでしたが、所詮は無料のニュースサイト。
その内容に責任を取る必要はないし、それを選別する義務は読み手の方にあるはずです。(偽情報の流布は困りますが)


オーマイニュースの発信する記事の中にも良いニュースもありました。
わたしの記憶に残るニュースとしては・・・

NHK番組改編、期待権を最高裁認めず (谷口 滝也 さん)

 旧日本軍の「従軍慰安婦」問題を特集したNHKの番組が放送前に急遽(きゅうきょ)改変され、NHKの番組に抱いていた「期待権」を侵害されたとして、取材に協力していた女性団体が、NHKなどに損害賠償を求めていた裁判の判決が最高裁であった。
最高裁は、取材を受けたものが、放送内容に期待する、「期待権」は、例外を除いて保護されないとの判断を示した。


このとき、私は、”取材に協力したのに、協力者の意思に反した報道は信義に反するのではないか?”と思いました。
最高判決を批判するエントリーを投稿しようと、いろいろ調べていたときに見つけた記事です。

上記記事では、

 私は、短期的な視点で見るならば、この女性団体側の主張にも、多少は理解出来る部分があると思うが、長期的な視野で見た場合は、最高裁の判決が妥当だったと思う。私がそう思う理由は、仮に、期待権で、損害賠償の要求をしたのが、政治家や、政治団体、元軍人や、自衛隊員、警察OBや民間企業経営者だった場合を想定してみたらわかる。(OhmyNews,谷口 滝也 さん)


論理的で的確な意見だとおもいました。

もう一つ。

ZARD坂井泉水さんが亡くなった現場 北澤 強機(2007-05-28 19:30)

ZARDの坂井泉水さんが亡くなった現場写真が掲載されている記事です。
野次馬根性丸出しで、低俗だとの批判もありますが、わたしは、これぞ市民記者の真髄だと思う記事の一つです。

当時、自殺か事故か?で議論がありましたが、

どこから、どのように転落したのかはわからない。しかし、そのスロープの傾斜は緩やかで、手すりを乗り越えなければ、突風でも、大雨で滑っても、階下に落ちることは考えづらいと思った。


と結論づけていらっしゃいました。

最後にこの記事を引用しておきましょう。

書く人、読む人、批評する人、けなす人──それぞれの品格を問う
新・市民記者はなぜ辞めるのか?小澤 健二(2008-01-02 09:00)

現時点では、検索サイト経由で過去のオーマイニュースの記事を閲覧することは可能なようです。
が、いずれ上記のような良質記事も見れなくなってしまうのでしょう。
ちょっと残念です。


冒頭のIT+PLUSの記事に戻ると、

 編集部は自らネットユーザーの「お遊び」の土俵に乗った。これにより、見かけのアクセス数は増やしたかもしれないが、ニュースメディアにとって重要な信頼感を失っていった。読者(ネットユーザー)不在、市民記者を軽視するスタンスも変わらなかった。
編集部員は「発信できる場を作っているから市民は喜んで書くだろう」といった既存のマスメディア的発想を持ち込んだうえに、次第に「市民メディア」を自分たちのものとして利用し始める。


と、編集部の方針を批判しています。
この批判は間違っていないとおもいますが、一読者としての意見を言わせてもらうと、オーマイニュースをニュースサイトとして見たことはありません。
個人的な認識では、ブログと同程度のエンターテイメントサイト。
2chや匿名ブログよりはやや信頼性が高いというくらいの認識でした。

いっそのこと、もっと、エンターテイメント側に寄るという編集方針もあったと思います。
(デイリーポータルZみたいに)

あらためて、Oh!my Lifeのページをみると、金融関係の広告を呼び寄せようと意識している記事ばかり。
失敗の本質は、記事や記者ではなく、資金繰りにあったのでは?とfocuslightsは思いました。

もう二度とクリックすることも無かろうと判断し、オーマイニュースへのブックマークを削除することにしました。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。