スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶対可憐チルドレンと昭和館、戦中・戦後をともにした動物たち

8月17日はジョンの命日です。

ジョンとは、”かわいそうなぞう”に登場するゾウの一匹。
現在、九段下の昭和館で開催中の「戦中・戦後をともにした動物たち」に写真が展示されています。

絶対可憐チルドレンに、”かわいそうなぞう”のお話をESP戦に使うという話がありました。

絶対可憐チルドレン 第15話 「金科玉条!逃げちゃダメ!!」
グリシャム大佐の台詞:
さすがレベル7のサイコキノだ。だが、こんな話を知っているかね。
昔、日本とコメリカは戦争をしていたのだよ。
次第に日本は劣勢となり、コメリカ爆撃機による空爆を受けたのだ。
日本の軍隊はこう思った。爆撃で檻が壊れて、動物が逃げ出したら危険だと。
そして、三頭のゾウが処分されることになったのだ。

利口なゾウは毒入りのエサを食べません。
しかたなく、エサを与えず飢え死にさせることになったのですが、ゾウたちは一所懸命芸をして飼育係にエサをねだります。
そして、とうとう三頭のゾウは、力尽きて天国へ旅立ったのです。


ESP戦で、テレパシーを使って相手の頭の中に悲しい話を流し込み、相手の能力を削ぐという高度な技術。
明石薫との戦闘でグリシャム大佐が使用した技です。

あー、戦争ってよくないよね。と思っていた矢先、昭和館で、「戦中・戦後をともにした動物たち」という展示が開催されているのを知り、行ってきました。

展示は、「かわいそうなぞう」だけでなく、のらくろやハチ公、インディラなど、動物全般に関する展示。
戦時の猛獣処分の際に殺されたライオンの剥製が圧巻でした。


「戦中・戦後をともにした動物たち」
昭和館で2008年7/26~2008年8/31まで開催(10:00-17:30、入場無料、月曜休館) 
メトロ九段下駅6番出口から地上に出ると交番が見えます。その裏にある、ちょっと変わった形の建物が昭和館です。
建物に入ってエレベータに乗り、3Fが展示室。入り口でパンフがもらえます。
常設展示は有料なので間違って入らないように気をつけてください(案内がなくてわかりにくい)
昭和館
なお、道路を渡ると靖国神社があります。同時参拝がfocuslightsのお勧めです。


Wikipediaの”かわいそうなぞう”の項目には、「ジョン、ワンリー、トンキーの順に餓死していく。」
という記載があります。(私もそう聴いたことがありました)
でも、飼育員の手記(実録上野動物園)によると、猛獣の戦時処分(毒殺命令)が伝えられたのが昭和18年8月16日で、ジョンの死亡が翌8月17日。
ということで、ジョンは餓死ではなく、中毒死ではないかとおもいます。
(ストリキニーネによる毒殺)
なお、会場には、8月27日のトンキーの写真「死ぬ前のトンキー」も展示されていました。
(トンキーの死亡は、昭和18年9月23日)

ちなみに、東京大空襲は、昭和20年3月10日です。

上野動物園での戦時処分については、Wikipedia:トンキー物語も参照ください。

コメント

Secret

Re: ソースが違うかな?

> 「動物園の昭和史」によると、ジョンが死んだのは、8月29日です。
> ジョンは凶暴な性格で動物園も手を焼いていたため、殺すように指示される前から、食事を抜いている状態だったのです。

手元の資料を見返してみたところ、「8月17日、ジョン倒れる」とあり、死亡とは書いてありませんでした。
ご指摘ありがとうございました。

ソースが違うかな?

「動物園の昭和史」によると、ジョンが死んだのは、8月29日です。
ジョンは凶暴な性格で動物園も手を焼いていたため、殺すように指示される前から、食事を抜いている状態だったのです。
プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。