スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてバックヤードをテレビに晒したがるか理解できない

先日テレビを見ていた所、お素麺屋が取り上げられていました。
奈良で200年以上続く老舗とのこと。
>ジョブチューン 夏を彩る日本の超一流職人SP

製造現場の映像が放送されていたのですが・・・
職人が腕時計をしていてビックリ。
ジョブチューンs
(c) ジョブチューン 夏を彩る日本の超一流職人SP/TBS

高そうな時計だなぁ。というのはおいておいて、腕時計をしているとどうしても洗浄・除菌が不十分になり、雑菌の繁殖の原因となります。

素麺の製造に食品衛生法が適用されるかどうかしりませんが、清潔を保つためには腕時計を外すことが重要なことは明らかです。
食品衛生法施行令
(五) 従事者は、作業中清潔な外衣を着用し、作業場内では専用の履物を用い、必要に応じてマスク及び帽子を着用すること。汚染区域(便所を含む。)には可能な限りそのまま入らないこと。また、作業中は腕時計等を外し、ピアスなど食品等への異物混入の原因となり得るものを、作業場内に持ち込まないこと。


この後加熱されるから大腸菌が付着しても問題ないという考えもあるかもしれませんが・・・
自分は絶対に食べたくないなぁ。と思いました。

あと、マスクもせず、帽子が汚そうなのにもひっかりました。

それにしても・・・
以前も別エントリーでかいた記憶がありますが、どうしてこういう人たちはテレビの求めに応じて、製造現場を公開してしまうんでしょうか?

バックヤードを晒すだけでなく、製造工程のノウハウまで公開してしまって、企業人として恥ずかしいと思わないのでしょうか。


ところで、最近クリーニング屋を変えることにしました。

原因は、先日帰ってきたワイシャツが、なんだか生臭いにおいがしたから

そのとき脳裏によぎったのが、昔見たシルシルミシルのクリーニング屋特集。
熊本のクリーニング屋の工場映像だったのですが、何十枚ものワイシャツをバンドで束ねて、真っ黒な洗浄液で洗っていました。

もしも重ねられた隣のワイシャツが、皮膚病の人とか体臭のキツイおやじだったらと思っていましたが・・・
この匂いはそれかもしれません。

別のクリーニング屋にすれば、リスクを回避できるかどうかわかりませんが、そのクリーニング屋にはもう二度と依頼したくありません。



どこの工場でも、程度の差はあれ、適当なことをやっているのかもしれませんが、そういうことは、我々の目の触れない所でやってほしいと思います。
衛生を重視するような工場をテレビに公開するのは愚かな行為だと思うfocuslightsでした。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。