スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「児童ポルノ法改正」に潜む危険(小寺信良,Itmedia)を読んで思った

児童ポルノ法改正の動きがあるそうです。

まずは、
アニメ・漫画・ゲームも「準児童ポルノ」として違法化訴えるキャンペーン MSとヤフーが賛同(Itmedia)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0803/11/news097.html

それから、
「児童ポルノ法改正」に潜む危険(小寺信良,Itmedia)
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0803/17/news010.html

をお読みください。

日本ユニセフ協会の活動とは、
①現行法が禁じていない単純所持も違法化・処罰の対象にする。
②被写体が実在するか否かを問わず、児童の性的な姿態や虐待などを写実的に描写したものを「準児童ポルノ」として違法化する。

というものだそうです。
なお、記事にもありますが、日本ユニセフ協会とは国連とは特に関係がない民間団体ということに留意ください。

上記2点について、ちょっと考えてみました。
わたしが書こうとしていたことは、ほぼすべて小寺さんによって論述されてしまいました。
以下、一部重複しますがご容赦ください。


単純所持が検挙につながるのは、どういうケースか?

インターネット上の児童ポルノ画像をダウンロードした場合を想定してみます。

児童ポルノを掲載しているサイトを検挙して、そのアクセスログから、児童ポルノ所持者を一網打尽!・・・
というのは、ちょっと難しいでしょう。

まず、その手のサイトは外国にあることが多く、日本の警察権を行使するのが難しいのが一点。
もう一点は、アクセス者を割り出せたとして、その画像を"見ただけ"なのか”保存(現在も所持)しているのか”を判定するのが難しい。と、いうことです。

そのサイトに、アクセスがあったからといって、すぐに令状がとれるとは思えません。
(Google経由で、迷い込んできただけかもしれませんし。)

となると、結局、
何らかの犯罪で逮捕した犯罪者のPCを押収。
→PC中を捜査したら、児童ポルノが見つかった。
→罪状を追加。
というのが、もっとも考えられるパターンです。

(コミケの帰路で所持品検査-現行犯逮捕というのは除きます(笑)

以前 量刑の変態加算 というエントリーを書きました。
他サイトの画像を無断転載→著作権法違反で逮捕→PC押収→児童ポルノ発見というケースでした。
それと同様、児童保護とは関係ない、他の罪を重くするために使われるというのが、一番考えられるケースでしょう。

これでは、本来の目的であった児童の保護にはつながらないと思います。



”被写体が実在するか否かを問わず、児童の性的な姿態や虐待などを写実的に描写”とはどこまでを指すのか?

上記の文章は、児童を対象とした漫画・アニメ・ゲームを指しています。
”写実的”の定義もあいまいですが、そのほかに、解釈の難しい問題が2つあります。

まず、漫画、アニメ、ゲームでは、実在する人物ではないため、年齢の概念があいまいです。
人物設定に記された年齢をもって、”児童”と判断するのは無理があります。

もうひとつは、”性的な姿態”の定義です。
”虐待”に関しては、日本人の中に一定のコンセンサスがあると思いますが、”性的な姿態”の定義はかなりあいまいです。

たとえば、
○世の中には、DiGiCharat の"でじこ"に欲情を感じる人々がいます。
○天空の城ラピュタで、パズーの家のベッドからシータが降りるシーンがいやらしい。という人がいます。
○ナウシカがメーヴェに乗っているシーンで、後方からのショットにハァハァしている人がいます。

いや、こんな特殊な人々は置いておいたとしても、

○"君が主で執事が俺で"では随所に性的なシーンが登場します。
("きみある"はもともと18禁ゲームだそうです。今回ググッて知りました(笑)

押収されたハードディスクレコーダーに"きみある"が保存されていたので、量刑が追加された。
なんて目も当てられません。

>日本ユニセフ協会のサイトにある「子供ポルノ日本の現状」と題されたスライドショーには、
>イメージ映像として秋葉原の昭和通りの画像が使われている。
>要するに、アキバの店頭などで見かける扇情的なアニメ画なども一掃したいと考えているのだろう。(小寺信良,Itmedia)

というのが、規制する側の本音なのでしょう。

日本ユニセフ協会は、
>アニメや漫画、ゲームソフトは「写実的なものに限られる。ちょっと漫画で子どもの裸を描いたからとい
って規制はありえない」という。(Itmedia)
と、コメントしていますが、実際に法を運用するのは警察です。

小寺さんの記事の結びは、
>児童ポルノ法第三条には、「この法律の適用に当たっては、国民の権利を不当に侵害しないように留意しなければならない。」とある。少なくともこの条文がひっくり返るようなことがあってはならない。(小寺信良,Itmedia)
となっています。

でも、実際に法が運用されはじめると、こんな条文など無意味です。

たとえば、軽犯罪法第4条には
>第4条 この法律の適用にあたつては、国民の権利を不当に侵害しないように留意し、
>その本来の目的を逸脱して他の目的のためにこれを濫用するようなことがあつてはならない

とありますが、カッターナイフ所持(軽犯罪法違反)で書類送検された例は、ちょっとググレばすぐ見つかります。
○butcher blog: http://butcher.asablo.jp/blog/2006/08/20/492636
アキバBlog:アキバでの警察の持ち物チェックは管轄外の文京区の本富士署が検挙率アップのために行ったものもあったらしい 


いまわたしが使用しているメインPCには、その手の画像は保存されていなさそうですが、
手持ちのCDRなんかにその手の画像が無いか、調べておかなきゃ。と、focuslightsは思いました。
児童ポルノに特別な興味はありませんが、思いもよらないところで、犯罪者となる可能性は避けたいと思います。
また、アニメが自主規制だらけになるのも避けてほしいとおもいます。

どうでもいいけど、MSとヤフーが賛同っていうのが、笑えました。
買収前から、共同歩調というところでしょうか(笑


ところで、本質的な話を最後にひとつ。
漫画、アニメ、ゲームの準児童ポルノにおける被害者とは誰なのか?
漫画、アニメ、ゲームの所持者を逮捕したとして、児童は救われるのか?

もう一度考えてみる必要はありませんか?
From focuslights:  To アグネス・チャン 様

コメント

Secret

 失礼いたします。日本ユニセフ協会とやらは、とりあえず問題の本質を見直すことをやるべきだと考えております。性的なものに限らず児童虐待が起きる要因は全く別にあると考えるからです。一つは、被害者となる児童に対する圧倒的な支配力です。無抵抗な児童をあらゆる暴力でねじ伏せるのが虐待の本質です。それに関して「AERA」の4/14号におもしろい記事が載っていました。[キリスト教会の「性犯罪」]。国内のキリスト教会の牧師が児童に性的虐待を加えたことに関する記事の詳細が述べられています。牧師という圧倒的に有利な立場を利用した犯罪です。つまりこれが支配力です。
 無論、支配力だけで性犯罪が起きるわけでは在ありません。もう一つの要因が、密室性あるいは隠蔽性といえる要因です。多くの人が見ている中で性犯罪を犯す者などほとんどいません。だれも見ていないところで犯罪に及び、そして被害者を支配力で、口を封じるのです。
 長くなってしまいましたが、結局のところ、「自分の思い通りになる」「発覚しない」ということが、聖職者のような社会的地位のある者まで犯罪を犯してしまう要因になっています。無論、多くの人はこの2つの要因があるからと言って犯罪に走ったりなどしません。それが人の人たる所以ですから。ただ、先に述べた「AERA」の記事の中で米国では02年に性的虐待で1000人の聖職者を処分したとのことです。被害者は4000人に上ったとのことです。日本ユニセフ協会はこれら1000人の聖職者がエロ漫画のせいで犯罪に走ったと主張するつもりなのでしょうか。米国の協会側はそのような主張があってもそれに組みすることは絶対にできないでしょう。エロ漫画のエロさの前に神の威光は無力であったなどとは・・・・。

「ヤング・スーパーマン(原題「Smallville」)」も「準児童ポルノ」。

 はじめまして。ゲッターピジョンと申します。
 今回の件に驚愕しています。
 私のブログで検証しているのですが、
「ヤング・スーパーマン」は、高校生が主人公で、高校の更衣室・シャワー室のシーンがあります。
 その他に、現在AXNで放送中のシーズン4では、「(クラークが)初体験をする前提の愛撫シーン」が出てきます(もちろん、肌を露にしています)
 ちなみに、このシリーズは人気作であり、2001年に放送開始され、2007年からはシーズン7が放送されています。
 アグネス・チャンや日本ユニセフ協会は、アメリカに「準児童ポルノを輸出するな!」と言えるのでしょうか?
 また、小説が規制の範囲外、と言うのも頷けません。
 
 話が少しズレますが、「18歳以上が児童を演じるビデオなど」がダメな理由も判りません。
 もし↑が「見ていると、実際に児童を襲いたくなるから」であれば、不倫モノは不可にしなければおかしいです。
 (不倫で苦しむのは、男女ではなく子供たちですから)
 長文、失礼しました。
プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。