スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腹違いの兄弟は結婚できるのか?(民法の近親婚規定の確認)

2chまとめサイトを見ていたら、「腹違いの兄弟の近親婚」のスレがありました。
>嘘みたいな話だけど、結婚前提に付き合っている彼氏が腹違いの兄だった(クソ女処刑速報)

養子縁組後の腹違いの兄弟って結婚出来ないんだっけ?と思ったので法律を確認してみました。


民法の規定は以下のとおりです。
(近親者間の婚姻の禁止)
第734条 直系血族又は3親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。ただし、養子と養方の傍系血族との間では、この限りでない。
2 第817条の9の規定により親族関係が終了した後も、前項と同様とする。
(直系姻族間の婚姻の禁止)
第735条 直系姻族の間では、婚姻をすることができない。第728条又は第817条の9の規定により姻族関係が終了した後も、同様とする。
(養親子等の間の婚姻の禁止)
第736条 養子若しくはその配偶者又は養子の直系卑属若しくはその配偶者養親又はその直系尊属との間では、第729条の規定により親族関係が終了した後でも、婚姻をすることができない。

第734条:直系血族又は3親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。つまり、自分から見て、以下の人たちとは婚姻不可です。
・父母
・兄弟姉妹 及びその子(甥、姪)
・祖父母 及びその子(叔父、叔母)
・曽祖父 それ以上の両親(直系尊属)
・子、孫以下の子孫(直系卑属)
特別養子縁組(第817条の9)で血族との関係が終了しても、婚姻禁止規定は有効です。
「養子と養方の傍系血族との間では、この限りでない。」というのは、婿養子を取った時、自分の娘と結婚させることができるという意味です。
再婚の連れ子同士で、それぞれ養子縁組した場合でも婚姻可能になります(傍系姻族2)

第735条:直系姻族の間では、婚姻をすることができない。つまり、以下の人たちも婚姻不可です。
・自分の配偶者の直系血族(義理の両親、義理の祖父母)
・子・孫など、子孫の配偶者
直系姻族とは、自分の配偶者の直系血族、及び自分の直系血族の配偶者のこと。
離婚(第728条)又は特別養子縁組(第817条の9)で姻族関係が終了しても、婚姻禁止規定は有効です。

736条で婚姻が禁止されているのは、
・自分に養子がいた場合:養子とその配偶者、養子の子孫とその配偶者
・自分が養子の場合:養親とその直系尊属(養親の両親)
離縁(第729条)で、養子縁組を破棄しても、婚姻禁止規定は有効です。
養子と養方の傍系血族(養親の子供など)は婚姻可能です(734条但し書き)

図にするとこんな感じです。新しいウインドウで拡大表示
婚姻可否早見表

微妙な事例を判定すると・・・・
・再婚の連れ子同士 →可能(傍系姻族2)
・再婚の連れ子と再婚後にできた子(片親違い) →不可(傍系血族2、ただし、父親の連れ子で、連れ子を認知していないケースなら可)
・自分の妻の母 →不可(直系姻族1)
・自分の妻の妹 →可能(傍系姻族2)
・自分の弟の妻 →可能(傍系姻族2)
・自分の父の再婚相手 →不可(直系姻族1、養子縁組にかかわらず)。
・自分の父の再婚相手の母 →可(傍系姻族2)。
・自分の父の再婚相手の娘 →可能(他人、連れ子同士。養子縁組後でもOK)。
・自分のいとこ →可能(傍系血族4)
・自分の兄の孫 →可能(傍系血族4)
・自分の養子の元妹 →可能(養子の傍系血族2)
・自分の養子の元母親 →可能(養子の直系血族1尊属)

となるかと思います(性別が別で、重婚に該当しない場合に限ります)


で、冒頭の養子縁組で離れ離れになった腹違いの兄弟は、 →不可(傍系血族2)
養子縁組の有無にかかわらず、通常の兄弟と同じ扱いってことのようです。


私の祖父は、最初の妻を病気で亡くしてから、その妹(私の祖母)と再婚したそうです。
戦時中は男性が少なかったので、嫁の入れ替え(妹が後妻に入る)は結構あったそうですが・・・
祖父母は30歳くらい歳が離れていて、今から考えるとドン引きです(笑

ちなみに、妹はいますが、結ばれるなんてとてもありえないfocuslightsでした。


素人で申し訳ありません。
間違いがありましたら、ご指摘いただければ幸いです。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。