スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バラムツの試食は犯罪なの?と思い調べてみた(そんな事は無い)

名古屋市中区の名古屋コミュニケーションアート専門学校で7月、バラムツを、学生約50人に試食させていたことがニュースになっていました。
「下痢の恐れ」バラムツ、専門学校で試食 説明し任意で(asahi.com)
名古屋市中区の名古屋コミュニケーションアート専門学校で7月、下痢などを引き起こす恐れがあるとして国が食用を禁止している有害な深海魚のバラムツを、学生約50人に試食させていたことがわかった。健康被害は確認されていないが、同校は「行き過ぎがあった」と認め、今月中旬、名古屋市に再発防止に努めることを伝えた。
 厚生労働省によると、バラムツには人が消化できない脂質が含まれ、食べると、意識しても止められないほどの下痢になる恐れがある。どれだけ食べると中毒になるかは分かっていない。東京都内の煮付けによる集団食中毒を受け、1970年以降、食品衛生法で販売や多数の人に与えることなどが禁じられている。
 食べさせたのは、エコ・コミュニケーション科で海洋環境などを教える30代の男性講師。同校と講師によると、7月2日、学生約60人に深海魚について教える際、煮沸した、親指の先ほどの大きさの切り身を60個用意した。事前に下痢になる恐れなどを説明し、任意で約50人が食べたという。
(中略)
名古屋市食品衛生課は「有害な魚で、本来は排除されるべきもの。勧めて食べさせたのは問題だ」と指摘。学校側は9月16日、事実確認に訪れた中保健所の職員に、再発防止を図る考えを伝えた。
 同校は8月下旬までに、バラムツを食べた学生の健康状態を確認し、中毒症状がないことを確認した。鶏徳尚雄校長は「講師らには日頃から安全教育をするよう言ってきた。体験教材として食べさせたのは行き過ぎで、今後は避けるよう指導監督していきたい」と話した。

あたかも、バラムツの試食が犯罪かのように書かれていますが本当でしょうか?


バラムツの販売は食品衛生法第六条二項で禁止されています。
食品衛生法
第六条  次に掲げる食品又は添加物は、これを販売し(不特定又は多数の者に授与する販売以外の場合を含む。以下同じ。)、又は販売の用に供するために、採取し、製造し、輸入し、加工し、使用し、調理し、貯蔵し、若しくは陳列してはならない。
二  有毒な、若しくは有害な物質が含まれ、若しくは付着し、又はこれらの疑いがあるもの。ただし、人の健康を損なうおそれがない場合として厚生労働大臣が定める場合においては、この限りでない。

たしかに、有毒・有害なものの販売及び不特定又は多数の者に授与することは禁止されています。
が、二項には但し書きがあります。

食品衛生法施行規則
第一条  食品衛生法 (昭和二十二年法律第二百三十三号。以下「法」という。)第六条第二号 ただし書の規定による人の健康を損なうおそれがない場合を次のとおりとする
一  有毒な又は有害な物質であつても、自然に食品又は添加物に含まれ又は附着しているものであつて、その程度又は処理により一般に人の健康を損なうおそれがないと認められる場合。


バラムツを食すると下痢をするのは、人間が消化できない油(蝋)を含んでいるためとされています。
毒物というよりも、食べたものがそのままお尻から出てくるイメージ。
食物繊維や、お腹が緩くなるダイエットシュガー(還元麦芽糖)と同じ部類で、
少量では問題になりません。

DPZに大量に摂取するレポートがあり、すくなくとも「5切れまで」なら問題ないことが書かれています。
>巨大深海魚を釣って食べたら尻から油が!!(DPZ, 平坂 寛)
(こちらはワザと下痢するため、刺し身・丼・煮付け・焼き魚にして、食べ尽くしています(笑)

今回試食したのは、「親指の先ほどの大きさの切り身」で、実際に中毒症状がなかったことが確認されています。
明らかに、施行規則に合致すると思うのですが、いかがでしょうか?


黙って食べさせたとか、知らずに提供してしまったとかではなく、「事前に下痢になる恐れなどを説明し、任意で約50人が食べた」そうです。

>名古屋市食品衛生課は「有害な魚で、本来は排除されるべきもの。勧めて食べさせたのは問題だ」と指摘。
とのことですが、名古屋市の職員はちゃんと法律を理解しているのでしょうか?

日本の行政ってホントだめだなぁ。と思ったfocuslightsでした。

なお、昭和45年9月4日の厚生省通知(環乳第 83 号)により販売が禁止されているそうです。
>徳島水研だより第61号(2007年3月

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。