スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福知山線脱線事故現場に行ってきた(エフュージョン尼崎)

わたしはあまり鉄道に詳しい方ではなく、地方の路線名を聞いてもピンと来ないのですが、「福知山線」という路線には特別な響きがあります。

2005年(平成17年)4月25日に脱線事故で107名の犠牲者を出したあの事故から約10年。
未だに現場が保存されていると聞いたので、近くに行った際、ちょっと寄ってみました。

JR福知山線脱線事故は、福知山線の塚口駅-尼崎駅間の右カーブで快速列車が脱線し、先頭の2両が線路脇の分譲マンション「エフュージョン尼崎」に激突するという事故でした。
先頭車は1階ピロティ部の駐車場へ突入、2両目はマンション外壁へぶつかり原形をとどめない形で大破した(Wikipedia)とのことです。

事故現場となる「エフージョン尼崎」は、尼崎駅から北北西方向に20分ほど歩いたところにあります。
福知山線01s
copyright 2014 Google, ZENRIN

マンションはJR西が買い取った後、手付かずのままだったそうですが、最近になり駐車場が整備されるなど、保存に向けた動きが始まったようです。
訪問した時には、献花台が設けられ、ガードマンや社員と思しき人が数名いました。
福知山線02s

踏切をわたって、線路側からマンションを見ると、事故の爪あとがそのままになっていました。
福知山線03s

福知山線04s

今後、どのようにマンションが保存されるのかは未定だそうですが、有力な案として、2階部分までを残して解体し、囲い等で覆うことが検討されているそうです(Huffingtonpost)。

マンション全体が見れるのはそれほど長くなさそうなので、今のうちに訪問することをおすすめします。

現場に行ってみて知ったのですが、塚口から尼崎は、事故現場の右カーブの後、坂を登りながら左カーブで東海道本線に合流するという設計。
直後の上り坂を考えると、なるべく高速でカーブを通り抜けたいと思うのが自然です。

事故後、速度制限を厳しくするなどの安全策を打ち出しているようですが・・・
カーブを緩くするなど、配線も含めた抜本的な改善が必要なんじゃないかと思いました。

なお、献花台は遺族でなくともお祈りできるようですが・・・
冷やかしは控えたほうが良いと思ったfocuslightsでした。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。