スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出雲大社に行ってきた

伊勢神宮に引き続いて出雲大社に行ってきました。
平成の大遷宮(平成25年5月10日)は終わっており、すでに落ち着いた感じでしたが、お盆期間でもあり、たくさんの参拝客がいました。
伊勢神宮と比較するのは失礼かもしれませんが・・・
こちらのほうが断然結構良かったです。


出雲大社までの交通手段は
・電鉄出雲市または松江しんじ湖温泉駅から一畑電鉄で川跡駅で乗り換えて出雲大社前駅
です。
わたしの場合、松江を起点に、行きはJRを使って出雲駅ルートで、帰りは松江しんじ湖温泉ルートにして、宍道湖を一周してきました。


電鉄出雲駅は、JR出雲市駅北口から、松江方面に5分ほど歩いたところにあります。
はじめ、駅を見つけることが出来なくて、無駄に全力疾走してしまいました。
出雲大社_01s

川跡駅で大社線に乗り換えて、出雲大社駅へ。
1930年完成のレトロな駅舎でした。
出雲大社_02s

駅から出雲大社までは、徒歩5分ほど。
駅を出た瞬間に大きな鳥居が見えるので迷うことはありませんでした。
出雲大社_03s

松の参道と呼ばれるところ。
昔は松並木の間を歩いて参拝したそうですが、松の根を保護するため、今は左右の通路を通るようになっています。
出雲大社_04s

松の参道を抜け、最後の鳥居(銅鳥居)を抜けた正面にある拝殿。
注連縄(しめなわ)が尋常では無い大きさと聞いていたのですが・・・正直ちょっと期待はずれ。と思うのは早計。
名物の大注連縄は別の場所です。

ちなみに、伊勢神宮と違い、こちらは神様に下々の者のお願いをちゃんと聞いていただけます。
が、通常と参拝方法が違って、2礼4拍1礼とされています。
神様に気がついていただけるように4回拍手するとのことで、大社ならではの参拝方法とのことでした。
出雲大社_05s


参拝した時、特別に八足門内の拝礼が行われていました。
とても荘厳なところで、門内に入った瞬間、ちょっと鳥肌が立ちました。
撮影禁止だったのがちょっと残念ですが、出雲大社を参拝して良かったな。と思った瞬間でした。
ちなみに軽装禁止ということで、サンダル履きのおじさんが入り口で断られていました。
出雲大社_06s

入り口から見て拝殿左にある神楽殿。
テレビで有名な大注連縄(しめなわ)はこちらでした。

しめ縄にお賽銭が刺さると願いが叶うという迷信が流行っているそうで、何人かがしめ縄に硬貨を投げつけていました。
が、簡単に刺さるものでは無く、投げては地面に落ち、また投げては地面に落ちを繰り返し・・・
警備員の人に怒られていました(笑
出雲大社_07s

本当は、稲佐の浜、旧大社駅、稲生神社や弥山ワイナリーなどの周辺観光地も予定していたのですが、雨が降ってきたので断念しました。


ということで、出雲大社。結構良かったです。
日本人が死ぬまでに一度訪れたい場所100選に入れたいと思います。

東京から参拝するのは結構遠いですが、近くに行く機会があればぜひおすすめしたいスポット。

出雲大社が世界遺産じゃないんですね。
やっぱ世界遺産認定なんて、商業主義のまがい物だなとおもった、focuslightsでした。





出雲大社の松の参道(帰り道)で見つけた、うさぎの石像。
因幡の白兎伝説とのこと。
出雲大社_08s

駅からの参道にあった蕎麦屋「えにし」の三色割子そば(1050円)
本来の名物「割子そば」はシンプルな薬味だけのそばなのですが、美味しそうだったのでこちらにしました。
とろろそばが一番おいしかったです
出雲大社_09s

出雲大社前駅に展示されている「日本最古の電車、デハニ50形」
鉄道にまったく興味がない私には・・・
出雲大社_10s
神楽殿大注連縄




















コメント

Secret

プロフィール

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。