スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

常識が欠けているのは裁判官のほうだろうと思う(最高裁による裁判員裁判の判決取り消しについて)

裁判員裁判の判決を、最高裁が取り消したそうです(白木勇裁判長)。
裁判員裁判の判決 最高裁が初めて取り消す(NHK)
大阪で1歳の娘を虐待死させたとして、1審の裁判員裁判で検察の求刑を大幅に上回る懲役15年の判決を言い渡された両親の裁判で、最高裁判所は「裁判員裁判といえども、ほかの裁判との公平性が保たれなければならない」と指摘して、刑を軽くする判決を言い渡しました。
裁判員裁判の判決を最高裁が直接、見直したのは初めてです。

岸本憲被告(31)と妻の美杏被告(32)は4年前、大阪・寝屋川市にあった自宅で当時1歳の3女を虐待し、頭をたたくなどして死なせた傷害致死の罪に問われました
検察の懲役10年の求刑に対し、1審の裁判員裁判は大幅に上回る懲役15年を言い渡し、2審も取り消さなかったため被告側が上告していました。
24日の判決で、最高裁判所第1小法廷の白木勇裁判長は「裁判員裁判といえども、ほかの裁判との公平性が保たれなければならず、これまでの刑の重さの大まかな傾向を踏まえたうえで、評議を進めることが求められる。従来の傾向を変えるような場合には具体的に説得力をもって理由が示される必要がある」という初めての判断を示しました。
そのうえで、「1審判決は従来の傾向から踏み出しているのに根拠が十分示されておらず、甚だしく不当な重さだ」と指摘して、懲役15年を取り消し、父親に懲役10年、母親に懲役8年を言い渡しました。
裁判員裁判の判決が2審で取り消されたケースはこれまでもありましたが、最高裁が直接見直したのは今回が初めてです。

>捜査関係者によると、今年1月27日、瑠奈ちゃんが意識不明で病院に搬送された際、頭部や背中、両足など全身に黒く変色したあざが複数あった。
>あごも骨折し、口元にはたばこを押しつけられたとみられるやけどの跡も残っていた。
というニュース記事もありました。

「無罪の可能性があるので取り消した」のではなく、裁判員の出した刑が重すぎるので、最高裁裁判長権限により軽くしたというもの。
求刑10年に対し、裁判員裁判での懲役15年が重すぎるという理由ですが、本当にそうでしょうか?


この事件、寝屋川1歳女児虐待死としてまとめられています(NAVERまとめ)ほか
判決などによると、当時、一家が住んでいた寝屋川市のマンションで、憲被告が瑠奈ちゃんの頭部付近を平手で強打し、床に打ちつけさせるなどの暴行を加えた。

 瑠奈ちゃんは病院に搬送されたが、意識不明の状態が続き、同年3月7日夜、急性硬膜下血腫による脳腫脹(しゅよう)で死亡
瑠奈ちゃんの体にあざがあったことから、医師が大阪府警や児童相談所に通報し、虐待が発覚した。

 府警は同年4月、両被告を傷害致死容疑で逮捕。府警によると、逮捕直後の取り調べで憲被告は「お茶をこぼしたり拾い食いをしたときなどに、しつけのため平手で50~100回くらい頭をたたいてきた」と日常的な暴行を認めたという。

 ただ、「娘が死んだのは私の暴力のせいではない。ベッドから落ちたのかもしれない」とも供述。美杏被告も「私は何もやっていない」といい、いずれも瑠奈ちゃんを死なせたことは否認していた。

 しかし、不審な言動もあった。
 同市によると、瑠奈ちゃんを妊娠後、妊婦検診を受けず、臨月になっていきなり産科へ駆け込む「飛び込み出産」だった
このため市の担当者が、瑠奈ちゃんの出産後に家庭訪問を実施。しかし、美杏容疑者は「虐待を疑っているのか」と反発し、担当者が瑠奈ちゃんの顔などのあざに気づいても「次女がおもちゃでたたいた」などと反論していたという。

懲役10年とは、最短で3年4ヶ月、ほとんどの場合6年8ヶ月で仮釈放されるということです。
1歳の子供の頭を、床に打ち付けて殺しても実質懲役6年半?

これまでの判決に比べて重すぎるのではなく、これまでのプロ裁判官の判決が軽すぎただけではないでしょうか?


一般常識を持たない裁判官の判決を正すため、裁判員制度が導入されたはずです。
なのに、最高裁がそれを否定してはなんの意味もありません。
今回の白木裁判長の判決も、最高裁の悪しき判例となり、裁判員の判決を否定し続けることになるのでしょう。
裁判長は東大法学部を卒業してから裁判所だけで人生を送っているようですが、こんな人に裁判員を否定する権利があるのでしょうか?

最高裁判所判事 白木勇(最高裁判所)

最高裁にこそ、裁判員を加える意味があるのでは?とfocuslightsは思います。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。