スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ANAをやめて次からはJALにしようと強く誓った

ANAの国際線の事業規模がJALを上回ったと報道されていました。
ANA国際線、JAL追い抜く 旅客数×飛行距離で逆転(朝日新聞デジタル、2014年7月8日23時27分)
 全日本空輸が5月、国際線で客を運んだ実績で初めて日本航空を抜いたことがわかった。4月に座席数と飛行距離をかけて表す事業規模で日航を上回ったのに続いて、運んだ旅客数と飛行距離を掛け合わせた「旅客キロ」の数値でもトップに立った。3月から増えた羽田空港の国際線が数値を押し上げた。
 「旅客キロ」は航空会社の売上高に直結する数字だ。全日空は5月、ゴールデンウイークの利用が好調で、前月比11・4%増の約29億5千万旅客キロになった。日航も前月比7%多い約29億1千万旅客キロと数字を伸ばしたが、わずかにおよばなかった。(後略)

航空会社の事業規模指標にはいくつかあるそうですが、
2014年4月に、座席キロ(ASK)=座席数×飛行距離 の逆転につづいて
2015年5月に、旅客キロ(RPK)=実際の旅客数×飛行距離
についても、ANAがJALを上回ったそうです。

私自身はANA派とかJAL派とかはあまり気にしないほうで、両社のマイレージカードを保有しています。
が、2010年にJALが経営破綻した際、会社からANAを優先するように通達があり、社用出張はANAが多くなりました。
私の周りもANA派に乗り換えた人が多く、誰かに同行するときはほとんどANAになりました。

で、先日、海外旅行した際も、あまり深く考えずANAにしたのですが・・・次からはJALにしようと強く思いました

理由は、手荷物。

私の海外旅行スタイルは・・・
・ 行きは、機内持ち込みカバンに荷物を限界まで詰め込んで出国
・ 帰りは、出国時に持ちだした布かばんに洗濯ものなどをいれ、委託荷物にしてしまう。という方法です。
帰りは荷物がひとつ増えることになりますが、こうすることで空いたスペースにおみやげなどを入れることができます。

普段はこれで十分だったのですが、今回は長期ということで荷物が多く、かばん2つ(一つは委託)で出国しました。
で、いつものように洗濯物は布かばんに入れて、かばん3つで帰国しようとしたところ・・・

帰国前日にANAのホームページで確認したところ、エコノミークラスの委託荷物は1つのみと判明!

慌てて荷物を詰め直し、かさばるお土産などは、ホテルで処分するはめになりました。

委託荷物は2個だったはずと思い調べてみたところ・・・
2013年6月にANAは手荷物規定を改定し、エコノミークラスの手荷物を1個に減らし、大きさも制限したそうです。

エコノミー・プレミアムエコノミーの無料荷物限度
 機内持ち込み荷物  受託荷物 
 ANA  10kg
 3辺の和≦115cm
 55x40x25cm以内
 1個まで
 23kg、3辺の和≦158cm
 1個まで
 JAL  23kg、3辺の和≦203cm
 2個まで


手荷物について[国際線](ANA)
手荷物について[国際線](ANA)
お手荷物について(JAL)

JALはいまでも2個預かってくれるそうで、ANA便にしたことを激しく後悔しました。
次回からは、JALにしようと思います。

あと、成田空港での荷物受け取りも、ANAは時間がかかりすぎです。

入国審査を済ませて、ターンテーブルに行った時、PRIORITYタグがついた荷物はすでに到着していました。
が、私の荷物が出てきたのは、それから25分後。
本当に不愉快でした。

サービス低下などANAの増長が鼻につく感じで、一時期のAMDとインテルの関係を見ているようです。
いずれまた、JAL全盛の時代が来ると、focuslightsは予想します。


ちなみに、時価総額はANA(8580億円)、JAL(1兆500億円)なので、わずかにJALが上。
連結従業員数はANA(32,634人,平均38.0歳、年収739万円)、JAL(30,882人、平均40.1歳、671万円)だそうです。
(いずれも、2014/7/9Yahooファイナンス)


コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。