スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エボラ出血熱が国内で流行する前にすべきこと。

西アフリカでのエボラ出血熱の流行が収まる気配がありません。
エボラ熱流行、過去最大規模に 西アフリカ (日経Web)
【ジュネーブ=共同】西アフリカで3月以降感染が拡大したエボラ出血熱の死者が増加の一途をたどっている。感染が疑われる死者は400人を超え、世界保健機関(WHO)によるとエボラ熱の流行としては過去最大規模に。感染拡大に歯止めがかからず、WHOは一層の警戒を強めている。

 WHOの6月下旬の集計によると、これまでに感染が確認または疑われるケースはギニア、シエラレオネ、リベリアの3カ国で計759人。うち死者は、ギニア303人、シエラレオネ99人、リベリア65人の計467人に上った。6月中旬の死者は約330人で、約2週間で死者が130人以上増えた計算となる。

 エボラ熱は過去、主にアフリカ中部や東部で20回以上流行している。今月2日に周辺11カ国の保健相らがガーナの首都アクラで開いた緊急会合で、WHOのサンボ・アフリカ地域事務局長は「感染者数、死者数、地理的広がりにおいて、過去に報告された流行で最大規模だ」と明言。適切な対策を怠れば西アフリカ以外の地域にも広がる恐れがあると警告した。
(後略)

Wikipediaのエボラ出血熱の項には、
>症状は激しく、致死率も高いが、「他人に感染する前に感染者が死に至るため、蔓延しにくい
>アルコール消毒や石けんによる消毒が容易であり、大きな変異がない限り先進国での大きな流行の可能性は低い
とありますが、本当にそうでしょうか。

空気感染せず、感染者の体液や血液に触れなければ感染しないそうですが、体内に数個のエボラウィルスが侵入しただけでも容易に発症するほどの増殖力

都内の満員電車に患者が乗車したら、周囲の人間は無事ではいられないと思います。
会社に着いてから手洗いしても、手遅れです。

エボラ出血熱にはいまのところワクチン、治療法は無く、死亡率は90%以上と言われています。

国内で一人でも感染者が現れたら、都市機能は止まってしまうのではないでしょうか。

パニック防止のために自宅待機となった場合に備え、数日分のカップラーメンを買い込んできました(笑

先日海外旅行から帰国したのですが、成田空港の検疫体制が強化されているという雰囲気はありませんでした。(ビデオカメラで発熱チェックはしているようでしたが。)

水際対策はどうなっているの?と思うと同時に・・・
この国の危機管理能力は、どうしていつもこうなんだろう?と疑問に思ったfocuslightsでした。


なお、感染初期症状は、発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛など一般的なもので、エボラかどうかの見分けは困難だそうです。
体液接触防止のために、電車では大汗をかいているオヤジには近づかない方が賢明だとおもいます。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。