スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛久大仏に行ってきた

牛久大仏とは、茨城県牛久市にある青銅製大仏です。
全高120m(像高100m、台座20m)でブロンズ立像としては世界最大とのこと。
(ブロンズ以外の立像も含めると3番目)

尋常ではない大きさとの噂で、いつか行ってみたいな。と思っていました。

行き方は・・・

日暮里からJR常磐線で牛久駅(50分、972円)
牛久駅東口から関東鉄道バスで牛久大仏バス停(30分、520円)

です。

牛久駅からのバスの時刻表はこちら

休日は1時間おきに牛久駅から牛久浄苑までノンストップ便が出ています。
牛久浄苑バス停よりも牛久大仏のほうが、大仏に近いバス停になります。

帰りのバスも、各地で停車するバスではなく、ノンストップ便を選んだほうが賢明です。

牛久大仏01s


入園料は、庭園と大仏胎内めぐりセットで800円でした。

牛久大仏02s
訪問したのは4月下旬でちょうど芝桜が満開でした。
巨大大仏だけでなく、四季それぞれの庭園風景も売りだそうです。

牛久大仏03s
横超の橋
南無阿弥陀仏と唱えながら、右足から6歩で渡るのが作法だそうです。

牛久大仏04s
牛久大仏120m。

牛久大仏05s
牛久大仏胎内1階の様子。
なんだか、無駄に幻想的な感じですが、2階以降は普通になります。

牛久大仏06s
大仏殿3階の胎内仏です。
小さなボックスの一つ一つに小さな仏像が安置されています。
法名(戒名)を納め、永代供養してもらえるとのこと。

牛久大仏07s
胎内仏は、小:30万円、大100万円とのこと。
牛久大仏の永代拝観券も付いて、意外とお安いイメージ。


牛久大仏08s
大仏殿3階から、台座の屋上に出れます。
真下から見上げる大仏は、かなりの迫力でした。


ということで、牛久大仏、結構な見ものでした。
とは言え、東京から3000円以上の旅で、大仏見学1時間はちょっともったいない感じ。

なにかのついでがあれば、ぜひ。といったところでしょうか。

こういうところにお墓を買っておくのもいいかな。と思ったfocuslightsでした。


牛久大仏09s
牛久駅徒歩10分のカミヤシャトー(ワイナリー)です。
歴史的建造物なのですが、東北大震災で被害をうけて、修復中でした。
残念。

牛久大仏10sds
我孫子駅の弥生軒の唐揚げそばです。


コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。