スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坂本龍馬って本当に偉人なの?

国内旅行をしていると、しばしば「坂本龍馬ゆかりの地」みたいな場所を見ます。

手元の写真を探すと・・・
坂本龍馬01s坂本龍馬02s
龍馬が世界と出会ったまち、品川

坂本龍馬03s
龍馬が花火を上げたとされる巌流島

他にも、長崎の龍馬ぶーつ、京都の寺田屋、萩の薩長土連合密議之処などなど。

また、龍馬か。と思いつつ写真を撮ったりするのですが・・・
わたしは、近代日本史にあまり詳しく無いため、坂本龍馬ってどんな人か、いまいちピンとこないでいました。

ちょっとググった感じでは、どうしてこの人が偉人扱いなの?という感想です。


坂本龍馬の主な功績とされているものは、薩長和解、海援隊、大政奉還と言われています。

年表にすると、
27才 勝海舟の私塾に入門
28才 お龍と結婚
29才 木戸孝允と会見し、薩長和解を主導
30才 幕吏に急襲される
31才 土佐海援隊設立、隊長となる
31才 大政奉還
31才 近江屋で暗殺される

歴史の表舞台に出てきてから、暗殺されるまでわずか5年。
海援隊設立(1867年4月)から暗殺(同11月)まで半年。

一人で偉業を成し遂げるのには、無理がありますよね。


薩長和解は、薩摩の意を受けて長州との仲介をしただけ。
大政奉還は後藤象二郎が主導した。
海援隊隊長は半年だけ。

実際には単に関わっただけなのを、さも龍馬の手柄のように伝えられているだけなのが正しいのではないでしょうか。

坂本龍馬04s
いずれも、裏で暗躍しているが、グラバー商会のトーマス・グラバーとされています。
グラーバーが、武器を売りさばきたくて龍馬を使っただけ。

龍馬は、武器商人の手先。
単なる売国奴だったのではないでしょうか?

坂本龍馬は生存中には全く評価されず、無位無官の浪士だったそうです。

そんな浪人を司馬遼太郎が見つけて、フィクション小説として大々的に売りだしたという意見もあります。

正しい歴史ってなんなのだろう?と思うfocuslightsでした。


正直、わたしはこの分野はあまり詳しくありません。
確固たる龍馬の功績などご存知でしたら、ご指摘いただけると幸いです。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。