スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国の硬貨(小額コイン)の処分方法

年1・2回、海外出張の機会があります。
主に米国、中国なのですが、そのたびに困るのが両替。

お札は次の出張まで保管しておこうか。という気になりますが問題は増え続けるコインです。。
外国の小銭01s


海外で買い物するとき、言葉がいまいちわからないので、「とりあえず多めのお札を出して、お釣りをもらう」という手段を使います。

あと、アメリカ人は計算が苦手で、日本のレジでよくやる「小銭最適化」が通用しないといわれます。
・小銭最適化とは、たとえば8.9ドルの商品に10.15ドルだして、1ドル25セントのお釣りをもらうような計算です。

唯一の希望が、自動販売機なのですが、1セントや1角には対応していないものが大半。

結果、出張時にビニール袋にいれて持ちだした小銭は、帰国時には減るどころか倍増していたりしますorz


いつも困っていたので、毎月のように海外に出かける友人にどうしているか聴いてみたところ、回答に仰天。

「成田空港の募金箱に入れることもあるけど・・・1ドル未満のコインは、駅で捨ててる。」

駅で捨ててる、捨ててる、捨ててる・・・

小額とは言え、お金はお金。その発想はありませんでした。

確かに全部合わせても100円に満たないコイン。
どうしようか思い悩む位なら、捨てるということもアリですね・・・。


もうすぐ米国出張なのですが、成田の出発ロビーにも募金箱があるそうなので、海外コインを全部もって行こうと思います。
大量の1セント硬貨をもちだしても、どうせアメリカで1枚も使うことができないので出発時に募金するのが得策と判断しました。

海外でお財布携帯が使えればいいのに。と思うfocuslightsでした

コメント

Secret

プロフィール

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。