スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽い気持ちで大山阿夫利神社に行って、死にそうな思いをした。

昨年のアド街ック天国で、大山阿夫利神社の特集がありました。

アフリなんて神社にあるまじきふざけた名前だなぁ。と印象に残っていました。

で、先日ちょっと暇だったので、軽い気持ちで行ったところ・・・
準備不足で死にそうな思いをしました。

冬場に阿夫利神社に行かれる方へのメモなど。


大山阿夫利神社は神奈川県伊勢原市の大山にあります。

最寄り駅は、小田急線伊勢原駅。
そこから、
- 神奈中バスで大山ケーブル駅(300円)
- 大山ケーブルカーで、阿夫利神社下社(片道450円、往復850円)
- 阿夫利神社本社まで登山
という行程です。

なお、丹沢大山フリーパスAだとお得な上に、小銭を用意しなくても済むという利点があります。
小田急の券売機で普通に購入できますので、利用しない手はありません。


冒頭に死にそうになったと書きましたが・・・
阿夫利神社下社から本社までの登山を甘く見ていたからです。

てっきり、高尾山みたいなものだろうと思って、なんの準備もせずに本社に向けて出発しました。

具体的には、ホーキンズのトレッキングシューズにジーンズ、カシミアのロングコートという服装。
リュックにはコーラのペットボトルが2本と、お菓子、そして一眼レフです。

が、下社から本社は標高差570mの結構マジな登山。
雨具を持っていないと気がついた時には、後戻りできないところまで来ていました。

さらに、頂上(1252m)付近は全面凍結していて、滑落で死にそうになりました。

山頂は、高尾山みたいに山ガールがキャピキャピした感じではなく、普段から登山してマス。といった雰囲気の人ばかり。
多くの人がEPI缶でお湯を沸かしてカップラーメンを食べたり、お餅を焼いていました。

そんな中で、一人ロングコートの私。
とても異質でした。

さらに帰りは、トレッキングステッキ無しで下山したので、足への負担も半端なかったです。


ということで、冬季に大山阿夫利神社に行くためには・・・・

・ウインドブレーカーなど、少なくとも山登りド素人には見られない格好
・アイゼン
・両手にトレッキングステッキ
・グローブ(防寒、ロープをつかむため)

があった方が良いと思います。
全てを持たなかった私は、辛い思いをしました(泣

「ちゃんとした山だと知っていれば、自分だってepiガス持ってきたのに・・・」
と、心の中で何度もつぶやいていたfocuslightsでした。

以下写真でも。


バス停(大山ケーブル駅)を降りて、観光案内所の先にある御神燈。
こま参道の入り口にあります。
大山阿夫利01s

こま参道。
全部で27の踊り場があるそうです。
大山阿夫利02s

2013/5/30に皇太子殿下が大山に登山されたそうです。
下社から本社までは、見晴台に向かう反時計回りと、下社を通って本坂に向かう時計回りルートがあります。
殿下は時計回りルートで、下山途中に見晴台から日向方面に向かったとのこと。
私も時計回りルートにすることにしました、
大山阿夫利03s

大山ケーブルカー。赤色の丹沢号です。
ちなみに対になるのは、緑色の大山号です。
大山阿夫利04s

大山阿夫利神社下社、入り口の石段です。
青空が綺麗ですね。
大山阿夫利05s

下社石段を上がりきったところから、江ノ島を見ることが出来ました。
大山阿夫利06s

下社境内、茅の輪越しの写真です。
ちなみに阿夫利とは「雨を降らす」から来ているとのこと。
大山阿夫利07s

本社への登山口です。
高尾山にもこういう階段がありましたよね。
この段階でも、大山をかなり舐めていました。
大山阿夫利08s

階段の先は結構マジな登山でした。
大山阿夫利09s

登山道から見えた富士山。
とても綺麗でした。
大山阿夫利10s

20丁目の富士見台。
登山道に石柱があり、XX丁目と書いてあるのですが・・・
頂上が何丁目かわからないので、ゴールが遠く感じました。
ちなみに頂上は38丁目です。
大山阿夫利11s

頂上付近はアイスバーンでした。
大山阿夫利12s

阿夫利神社本社の印
大山阿夫利13s

頂上で食べた山菜そば(500円)
食料をほとんど持たずに登山してしまったため、お腹が空いていて悲惨でした(泣
大山阿夫利14s

頂上から東京方面の景色。
東京スカイツリーも見ることができました。
高尾山と違って、頂上はとても見晴らしが良かったです。
大山阿夫利15s

帰りもアイスバーン。
下りのアイスバーンで何度も転びながら小滑落を繰り返し、死ぬかと思いました。
大山阿夫利16s

帰りのこま参道で見かけた永久に回り続けるコマ
欲しいな。と思ったのですが、値段が無く、非売品のようでした。
大山阿夫利17s



コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。