スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化庁はアニメをみてから受賞作品を決めているのか、甚だ疑問に思う

「有頂天家族」が文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞したそうです。

「有頂天家族」が文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞(芸能ニュースラウンジ)
2013年7月から9月にかけて全13話で放送されたテレビアニメーション『有頂天家族』が第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞した。
文化庁メディア芸術祭とは、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門において、高い芸術性と創造性をもつ優れたメディア芸術作品を選出、顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルとなる。2014年2月には、受賞作品展が開催され各受賞作品が紹介される予定となっている。
 『有頂天家族』は作家・森見登美彦氏の同名作。京都の美しい自然や町並みを再現し狸と天狗と人間が入り乱れての不思議で家族愛溢れるコメディドラマに仕上がっている。
(中略)
 この贈賞理由として杉井ギサブロー氏は、「京都を舞台に狸と天狗と人間が入り乱れての奇想天外な幻想劇風の森見ワールドを、吉原正行監督のもとP.A.WORKSがテンポ良く、実に心地好い作品に仕上げている。丁寧な取材をもとに、当世流行の「御当地アニメ」を装いながら、現代的なセンスと技術を活かし、痛快アクションを観せてくれる。人気小説のアニメーション化は、キャラクターや美術が噛み合わないと原作の面白みが伝わらないということもある が、この作品のスタッフは見事に森見ワールドのアニメーション化に成功している。魔法少女ものや近未来SF作品に秀作の多い最近のアニメーションのなかで、ひと味違った作品世界を展開していることもこの作品の魅力である」とメッセージを寄せている。

有頂天家族が国家の賞を受賞?

マジですか。

だって、私が覚えている「有頂天家族」といえば・・・

師匠は、若い愛人に貴重な物品を貢がされた上に、騙されて力を失い(魔王杉の事件)、
父親は、叔父に騙されて捕らえられた後、宴会で食べられ、
下の兄は、父親暗殺の責任を感じ、引き篭もりになり、
上の兄は、父親の跡目争いで叔父に愚弄され、
弟は、叔父の息子からの執拗なイジメに逢い、
母親は、男装してビリヤードに興じ、
親に決められた許嫁は、相手の顔を見ぬままに一方的に破棄され、
女装癖があるタヌキが主人公のアニメ。

最後は、主人公、兄、母親が叔父の策略で檻に囚われ、あわや鍋にされて食べられそうになる
物語ですよ?

駄作ではありませんが、国家推奨アニメにはふさわしく無いと思うのは、私だけでしょうか?
少なくとも、全年齢に無条件に薦められるアニメではないと思います。

審査員は、全話みて審査しているとはとても思えません。
長くて1話。
もしかするとオープニングだけどか、コンセプトイメージで審査していたりしないでしょうね?


私なら、2013年アニメからだと・・・
・銀の匙 Silver Spoon

を選ぶでしょうか。
あとは

・きんいろモザイク
・ちはやふる2
・たまこまーけっと
・Free! (アニメ)
・みなみけ ただいま

といった所を選んだと思います。

>2013年のTVアニメ(Wikipedia)


最近、アニオタっぽさが増してきたfocuslightsでした。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。