スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化と環境の破壊を推進する国税庁

2月になりました。
今年はうるう年のため29日までありますが、一年の中でもっとも日数が少ない月であることに変わりがありません。

2月は出版業界にとって、苦難の月だそうです。
(確か中島らもさんの本だった覚えがあるのですが、出典がはっきりしたら追記します。)
日数が短いため、締切りが早くなり、執筆・編集にかけることのできる時間が短いというのが一つの理由。
もう一つは日数が短く、販売部数が低下するため、返本が増えるというものです。

売れ残った雑誌はどうなるか?
多くは廃棄されることになりますが、一部はバックナンバーとして倉庫に保管されることになります。
いつの日か、誰かが、何らかの手段で、その雑誌のとある号の記事を知り、バックナンバーが欲しいと問い合わせてくれる日が来ると信じて。

でも来月は三月。年度末。
倉庫に詰まれたバックナンバーは、税務上”資産”として計上され、課税の対象となります。
いつ売れるかわからない古雑誌に税金を払えないため、雑誌は廃棄処分されることになります。

紙は古紙として生まれ変わったとしても、情報は消失し、文化が破壊されます。
国税庁は、文化破壊を促進しています。

同じような論理で、国税庁は環境破壊も促進しています。

企業や大学の実験室には、たいてい薬品保管庫があります。
そこには、日常使う薬品や検査試薬の他に、
・ごく少量だけ使用して、使い残った薬品
・買い置きしておいたが、仕事の予定が変わって使用しなくなった薬品(新品)

というのも保管されています。

薬品というと想像がしにくいかもしれませんので、薬品庫を冷蔵庫とイメージしなおして、
・バニラエッセンスを1滴だけ使用して、あとは冷蔵庫に放置(次回使用予定なし)
・これまで製菓用ブランデーの買い置きを欠かさなかったが、結婚したのでもうお菓子は卒業
みたいな例です。

薬品の話に戻ると、実験室の種類や規模によってさまざまだと思いますが、そういった、”次にいつ使うかわからないけと捨てるほどでもない”ような薬品がたくさん保管されているようなところもあります。

使わないのなら捨てれば?と思うかもしれません。
でもそういった薬品は無毒化処理が必要なことが多く、場合によっては、ガラス溶封(廃棄物を溶かしたガラスに封じ込める)して廃棄物保管所で永年保管というものもあります。

当然費用も結構かかるわけですが、お金ですむことなら大した問題にはなりません。
問題視されるのは、環境に対する負荷。
無害化されて、環境に対する影響が低い状態にされて廃棄されるわけですが、影響がゼロというわけではありません。
廃棄物を出さないに越したことはありません。

偽善的な考えで環境の負荷を論じているわけではありません。
廃棄物の量と質はサスティナビリティレポートなどの評価対象になるので、環境負荷低減のために可能なことはやっておかないと。ということです。

ということで、使いかけの薬品は、次に使われる日が来ると信じて薬品庫にストックされることになります。

先日、食料自給率について、食べ残しは残飯になるという話をしましたが、
使いかけの薬品は、次に使用するときにそれを使えば、有効利用することができます(無用な廃棄物を減らすことができます。)

でも、国税庁。
彼らは、試薬室に大量に並んだ薬品を見て、これは資産ではないですか?と問います。
(つまり課税対象)

環境負荷を低減するために、捨てずにとってあると説明してもだめ。
廃棄処理に費用がかかるため、既に資産価値は無い(むしろ負債だ)と説明してもだめ。

使用予定がなくとも、使用可能なものであれば、それは用益資産として課税対象になるというのが彼らの主張です。
なるほど。正論ですね。

税金を納めるか、処分するかの二者択一を迫られます。

払うといっても所詮税金。そのものの価値を越えることはありません。
また、自分の財布からならともかく、企業のラボならその程度の費用は払ったほうが楽。

問題は、どんな試薬がどの程度残っていて、それがいくらぐらいの価値なのかを把握する作業。
小部屋いっぱいに収められた薬品を調査するには膨大な手間と人件費がかかりませす。

国税庁でも、マルサなら何人もの査察官が乗り込んできて、かってに資産を計上してくれます。
が、調査官レベルだとそこまでしてくれません。
在庫を調査し、申告するのは、税金を納めるこちらの仕事。

結局、良かれとおもって保管してあった薬品類はすべて廃棄されることとなります。

実際に環境破壊を行っているのは、薬品を使用している人たちなのですが、
でもそれは国税庁の後押しがなければ行われなかった環境破壊。
もちろん、彼らは彼らの責務を果たしているだけなのですが。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。