スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士ゼロックスの印刷物追跡コード

少し前に、「富士ゼロックスが極小ドットで情報を埋め込む規格を開発」とのニュースがありました。
富士ゼロックス、目立たない極小ドットで印刷紙に情報を埋め込む規格を開発IT Pro2013/10/25)
 富士ゼロックスは2013年10月24日、紙で出力した文書の背景に、目立たないように極小ドット(コード情報)を描画することによって情報を埋め込むことができる仕組み「MISTCODE(Micro-dot Iterated and Superimposed Tag CODE/ミストコード)」(写真)を開発したと発表した。印刷帳票に帳票IDを埋め込むといった使い方ができる。具体的な商品化の形態や時期/価格は未定。

 MISTCODEは、印刷した文書の背景にドットで情報を埋め込むエンコード規格である。最大の特徴は、小さなドットを間隔を空けて印刷するので、印刷文書を見てもドットが目立たないことである。また、この方式により、バーコードや二次元コード(QRコードなど)と異なり、元の文書のレイアウトに変更を加えることなく利用できる。

 埋め込める情報量は可変だが、同社では16バイト程度を推奨している。情報量が増えると、ドットの密度が高まる(ドットとドットの間隔が短くなる)。これを超える情報を印刷文書とひも付けて管理したい場合は、外部データへのポインター情報(帳票IDなど)を埋め込んで利用すればよい。なお、埋め込む情報には冗長性を持たせており、印刷紙の一部が失われても問題なく復元できる。(日川 佳三)

これって、印刷をしようとしている人が積極的に利用するなら問題ありませんが・・・
利用者に無断で埋め込むのは、スパイ行為に等しいですよね。

というか、富士ゼロックスは以前から、ユーザーに無断で追跡コードを埋め込んでいましたよね。
Xeroxプリンタの印刷物に追跡コード(Slashdot 2005/18/18)
ストーリー by yoosee 2005年10月18日 19時16分
このヌード写真を印刷したのは...おまえだー! 部門より
t-blue曰く、"ITmediaの記事 によると、電子フロンティア財団 (EFF)は、 Xeroxのカラーレーザープリンタ「DocuColor」で印刷された印刷物に「プリンタのシリアル番号」や「印刷日時」が組み込まれた、ドットパターンによる追跡コードがあることを発見したそうだ(EFF によるガイド)。

基本的にこれは偽ドル紙幣の作成防止を目的とした機能とのことですが、Adobe Photoshop にドル紙幣検出プログラムが入ってたり、この手の物に対する米国政府の圧力が強まりつつある気がします。"


黄色のドットで、普通に見ただけでは分からないとのこと。

この報道があった当時、会社で富士ゼロックスのDocuColorというカラープリンタを使用していました。
で、100円ショップで買った青いLEDライト(青は黄色の補色)で見たところ・・・
印刷物の隅っこに、直径0.5mmほどのドットが5mmくらいの間隔で印刷されていました。

アメリカ政府の要請で、犯罪防止のためだそうですが、無断で埋め込むのはひどすぎです。
ということで、当時は、プリンタドライバの機能を使って、偽装した黄色のドットをオーバーレイ印刷していました(笑

そのうち、会社のプリンターがリコー製に一新されて、そんなことを忘れていました。

今回の報道をきっかけに、プリンターの追跡コードを調べてみたところ・・・
見えますか? カラーレーザープリンターの印刷物に埋め込まれた暗号コード(BusinessNewsline)
ブラザー、キヤノン、デル、エプソン、富士ゼロックス、ヒューレット・パッカード、IBM、コニタ・ミノルタ、京セラ、Lanier、Lexmark、沖電気、パナソニック、リコー、Samsung、Savin、東芝など米国内で市販されているほとんど全てのカラーレーザープリンターでこのバーコードを確認することができると述べている。
実は、リコーのプリンタにも、追跡コードが埋め込まれていたというオチが判明しました(笑

ということで、プライバシーが気になる時は、カラープリンタは使用しないほうが良さそうです(笑

会社で使っている個体だけかもしれませんが・・・
リコーのプリンタは故障が多い気がするなぁ。と思うfocusligthsでした。


非純正トナーボトルs
なぜか、会社のプリンターに表示され続けているエラーメッセージ。
専門のメンテ業者さんが、純正ボトルを利用しているはずなのですが・・・・

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。