スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「奥多摩湖いこいの路」が想像以上に辛かったことについて

奥多摩湖の南側の湖畔に「奥多摩湖いこいの路」というハイキングコースがあります。

小河内ダム-奥多摩湖の水源管理のため、東京都水道局が整備した通路をハイキングコースとして公開しているそうです。(地図の赤線の部分)
奥多摩湖いこいの路01s
小川内ダムの先から山のふるさと村まで、湖沿いに12kmの道のり。
その後、「麦山浮橋」というドラム缶橋を通って、バス道に出るというコースです。

台風28号(2013/10)の影響でしばらく封鎖されていたのですが、倒木等の処理が終わり11月1日に再開しました。
さらに渇水の影響で、麦山浮橋が長らく通行止となっていたのが、2013年11月2日に開通しました。

紅葉のシーズンにはちょっと早いのですが、観光客で混雑する前の方がよいか。ということで行ってきました。

奥多摩湖なんて、カップルと老人の観光地で楽勝だろうと思っていたのですが・・・
これが、修行に等しい苦行で、結構大変でした。

ルートは・・・
・青梅線で終点の奥多摩駅へ
・西東京バスで小河内神社バス停へ
・麦山浮橋を通って、奥多摩湖南側へ (10:00)
・湖畔を歩いて山のふるさと村(ビジターセンター)へ
・「奥多摩湖いこいの路」の終点からスタート (11:00)
・(いこいの路をひたすら歩く)
・小河内ダム到着 (14:20)
・小河内ダム展望塔
・水と緑のふれあい館(トイレ)
・奥多摩湖バス停からバス

という逆行ルートです。

あえてゴール側から逆走したのは・・・
1.人の少なそうな午前中に麦山浮橋で写真撮影したかった
2.万が一麦山浮橋が閉鎖されていると深山橋まで大回りしなければならないので、開通を確認したかった。
3.帰りのバスが、小河内神社バス停より、スタート地点の奥多摩湖バス停の方が多い

ためです。
この判断は正しかったと思います。

一方、逆走する上で心配だったのは、順行する人が多いと、すれ違いと挨拶が面倒。というものでしたが・・・
道中すれ違ったのは、5人だけでした(笑


さて、奥多摩湖いこいの路のTIPSですが・・・

●行楽シーズンの奥多摩駅バス停は混雑します。というか混乱していました。
バスは1時間に1本しかありません。
なのに、バス4台にも乗り切れないほどの人数が並んでいました。
さらに、バス乗り場の行列管理がいい加減な上に、本来の目的地より手前までしか行かない「増発便」もありバス停は大混乱でした。
(丹波行きの発車時刻なのに、手前の鴨沢西への増発便が用意されるため、鴨沢西まででかまわない乗客を先にのせるなど)

こちらの路線図(PDF)で「どこまで行き」のバスなら小河内神社までたどり着けるか、頭に叩き込んでおいた方が良いです。

●麦山浮橋は、危険は全くありません。
水上なので上下に動きますが、一つ一つの橋の間は詰まっており落ちる心配は無く、左右に手すりもあります。
これだけを見に行く価値ありと思います。
奥多摩湖いこいの路02s

奥多摩湖いこいの路03s
本当なら、橋の上は魚釣りは禁止なのですが、手すりに竿を複数固定している親父がいて、超邪魔でした。
こういう人がいるから、釣り人は嫌われるんですよね。

●山のふるさと村までの道はハイキングコース並です。
一箇所だけ、なぜここだけこんなに坂道?というところがありますが、基本的に整備済みコースでした。

●山のふるさと村は、道の駅みたいな感じです。
山の施設にしては、トイレがとても綺麗で好印象。
朝から便秘気味で心配していたのですが、ここでスッキリすることができました。
ただ、行った時は演歌歌手のイベントが行われていて、自分は居場所がありませんでした(苦笑

●いこいの路は・・・普通のハイキングロードです。
入り口(出口側)こそ散歩道のようですが、400mも進むと狭くなり、ハイキングコースらしくなります。
奥多摩湖いこいの路04s
ま、どんなに狭いところでも道幅1mは確保されています。
さらに、危険なところでは、湖側に手すり、山(岩壁)側に金属ネットという親切設計。
アップダウンもほとんど無い、お手軽コースです。
奥多摩湖いこいの路07s

とはいえ・・・
手すりの無いところでは、気を抜くと湖に滑落してしまいそうになります。
カップルが横に並んで散歩するような場所では無いです。
最低でも、トレッキングステッキと手袋くらいは持って行ったほうが良いです。
奥多摩湖いこいの路06s

というか・・・
全長12km。バス停からだと15kmの道のりは半端ないです。
休憩設備も、途中にトイレが1箇所だけ。
途中脱出するすべもなく、一度歩き始めたら、歩ききるか、引き返すかしかありません。
当然ながら、自動販売機などもありません。

さらに、湖側は常に木が生えていて、見晴らしはあまり良くありません。

正直・・・普段運動不足の私には、ちょっと辛かったです。
初めは頻繁に写真を撮っていたのですが、後半になるとうつむき気味でひたすら前に進んでいました。
200mおきにサインポストが立っているので、ただひたすらゴールまでの距離をカウントダウンしていました。

まさに修行ですね。

水久保沢を超えたラスト2km(入口側)は道幅が広くなり、湖側の視界も広がるので・・・
観光だけなら、この2kmを往復するに留めておくのがよいかもしれません。

ちなみに、「熊に注意」という看板を見かけますが、熊どころか一切の動物、鳥すら見かけませんでした。

●ダムの上には展望塔があります。
最上階(3階)まで階段を登る必要があるのですが・・・
無料な上、ダムの放水路側をみることができ、オススメです。
小河内ダム

●奥多摩湖バス停も、西東京バスの運営はイマイチです。

しばらく待ってバスに乗り込んだところ、私の数人後ろで乗車締め切り。
乗れてラッキー。と思いつつ吊り革に捕まったところ・・・
直後に、奥多摩湖バス停始発の増便が到着。

並んだ私は、疲れた足で駅までの道のりを立ったままなのに、後ろの人は座れるという不条理。
つくづく西東京バスが嫌いになりました。


ダイエットにしても徒歩15kmはちょっと長すぎです。
もうすこし、短いルートが出来ないものかと思います。

あと、奥多摩湖の水が真緑色でびっくりしました
都民はこんな水を飲んでいるのか?と思ったfocuslightsでした。
(プランクトンでしょうか?クロムイオン(3価)でも含まれているのでしょうか?)



奥多摩湖いこいの路05s


奥多摩湖いこいの路08s

コメント

Secret

私も行ってきました

先日ちょうどこのコースを歩いてきました。私は奥多摩湖からスタートしたのですが、、15キロは長かったです(泣
浮き橋の手前で山のふるさと村って休憩施設があってよかったです。ほんとに浮橋は見る価値ありますね。これで疲れが飛びました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。