スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイタニックと飲酒運転事故の責任の所在

タイタニックという有名な映画、ご存知ですよね。私は見ていないのですが・・・

タイタニック号が沈没したのは1912年のことだそうです。
歴史に疎い私ですが、原田知世さんの歌に"野営(1912からずっと)"というのがあって、
タイタニック号沈没と明治天皇崩御がともに1912年の出来事というのを忘れずにいます。

沈没したとき、タイタニック号には2200人余りの乗客がおり、1513人の乗客が死亡したそうです。
こんなにもたくさんの死者が出たのには、複数の要因があったとされています。
その要因とは・・・

○当時の決まりでは、救命ボートは乗客の人数分用意する必要は無く、タイタニックの設計上1178人分の救命ボートしか積まれていなかった。
○当時、船の無線通信士は24時間勤務ではなく、仮眠を取ることを許されていたため、タイタニック号にもっとも近くにいた船の通信士は、救難信号を受信していなかった。(救援に向かっていればほとんどの人が助かったはず)

んだそうです。
いや、そもそも、沈没の原因となった氷山に衝突していなかったとしたら・・

○タイタニックの見張り員が交代の際に双眼鏡を受け取ることが出来ず、氷山の発見が遅れた。
○引退を予定していた船長が、大西洋横断スピード記録を出すため、氷山の多い北寄りルートを選択した。

という要因もあります。
これらのうち、一つでも状況が異なっていれば、1500人もの死者をだすことは無かったはずです。

ではもし私が、これら出来事に関与した人を裁くことになったとしたら、どうすべきか。

私の結論は、全員有罪です
(もちろん罪の軽重には差があります。この場合は船長が一番悪そうな気がします)

複数の出来事が組み合わさって、悪い結果を招くということはしばしばあります。
そのとき、誰か一人がすべての責任をかぶるのではなく、事態を悪化させたほかの関係者にも責任があると思います。


うーん。論旨が不明になってきたので、強引に本題に入ります。

先日、一家5人の乗った車に飲酒運転の車が追突し、幼児3人が死亡した事件の1審判決が出ました。
福岡海の中道大橋飲酒運転事故(Wikipedia)
危険運転致死罪が適用されるかどうかが争われましたが、判決は業務上過失致死が適用された件です。

本件は機会を改めて触れたいと思いますが、
個人的には、車の運転が可能な状態(鍵を持っているとか)で飲酒し、死亡事故を起こした場合、それはすでに過失ではなく、そこには故意を認定しても良いのではないかと思います
(つまり、過失致死ではなく、殺人罪。)

そして、もう一つ思うのは、飲酒運転による死亡事故の際には、運転者だけでなく、
他にも裁かれるべきひとがいるのではないか?
ということです。

それは誰かというと、
酩酊状態でも運転が可能な車を販売している自動車会社(法人)、社長、設計者

罪名は、飲酒運転による殺人を容易ならしめたことによる殺人の幇助
もう一つは製造物に対する責任です
幇助に関しては本ブログ あれから半年。いまさらながらWinny判決について考えてみた (06/13) を参照ください。

酩酊状態でもエンジンがかかる車。それは、犯罪者に凶器を提供する行為に等しい。
等しいというか、そのものでしょう。

運転者が酩酊状態にあるかどうかを判定するのは、容易ではないかもしれません。
運転席にアルコール検知器を設置すれば防げるというものでもないかもしれません。

でもこういうときに用いられる強弁にこういうのがあります。

ライト兄弟が初飛行に成功したのが1903年
それからわずか65年後の1968年にはアポロ11号で人類は月面に到達している。
蒸気自動車が生まれたのが1769年。ガソリンを燃料とする車が1876年。
なのに21世紀の現在でも、飲酒運転による死亡事故を防げないのは自動車会社の怠慢にほかならない。

そう思いませんか?

何か問題が生じ、その再発を防ぎたいとき、ソフト面からの対策ハード面からの対策の両方を同時に行うのが定石です。
飲酒運転の法定刑を引き上げるのがソフト面からの対策とすると、
飲酒したら運転できないような車にするのがハード面の対策になります。


悲惨な事故の話を聞いても自動車会社の社長さんたちは胸が痛まないのかな?
と、focuslightsは思います。

2008/2/1追記
今日からタスポの受付が始まりました。
近々、自販機でタバコを買うには成人であることの証明が必要になるそうです。
それがタスポ。
タスポとはタバコのパスポートの意味だそうです。

タバコの販売制限にこれだけのことができるのですから飲酒運転だって防ぐ方法があるはずです。
名づけて、イボッカ(飲酒運転防止カード・・・)
非接触ICチップカードで、居酒屋の入店の際に年齢認証のためにタッチ。
そして居酒屋出店時にもう一度タッチ。
車にはイボッカスロットがあり、居酒屋出店後6時間以内だとエンジンがかからない仕様です。
ETCカード兼務かつ、盗難防止用本人認証にも使用可というのでどうでしょうか。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。