スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎が世界遺産登録されていない理由

日本にはたくさんの世界遺産が登録されていますが、その一つに原爆ドームがあります。

原爆ドームが世界遺産?
世界遺産って、神社仏閣や雄大な自然が登録されるものじゃないの?と疑問に思っていました。

世界遺産のカテゴリーの一つに、「二度と同じような悲劇が起こらないように」と願いをこめた、負の世界遺産(Legacy of Tragedy)というのがあり、原爆ドームはそれに該当するそうです。

もう一つ疑問に思ったのが、広島が世界遺産登録されているのに、長崎はどうしてされていないの?ということです。
広島が世界で最初に市民に対して原爆を使用された都市なら、
長崎は世界で最後に原爆が市民の虐殺に利用された都市です。


原爆被害が世界遺産登録されるなら、広島と長崎同時に登録するのが筋じゃないの?
広島市が抜け駆けしたの?と疑問に思っていました。

で、昨年仕事で広島を訪問し、この夏に長崎に遊びに行って、その理由が理解できました。


原爆ドームが世界遺産だなんて、ずっと疑問に思っていたのですが・・・・
現物を目の当たりにすると、その存在感は圧倒的でした。
広島01s原爆ドーム

目の前にある建物が、核兵器の熱線と爆風と放射線を受けたという事実。
そして、その建物が、70年後の今もなお残っているということはすごいことだと思います。

隣接する平和公園もなかなかのものだと思います。
東京ドーム2.5個分の広大な敷地に加え、大きな平和資料館。

慰霊碑(原爆死没者慰霊碑)の前に立つと「平和の灯」の先に原爆ドームが見えるというレイアウトも秀逸だと思います。
平和記念公園を設計したのは丹下健三という方だそうですが、あの醜悪な東京都庁と同じ人とは、想像もつきません。
広島02s慰霊碑
  慰霊碑の先にドームが見えます。その横にある黒いビルがちょっと邪魔ですが・・・

平和記念公園を訪れた時、なぜ原爆ドームが世界遺産なのか、すぐ納得することが出来ました。


一方で、長崎の爆心地を訪れてみたところ・・・・
ああ、これは世界遺産は無理だな。とすぐに理解出来ました。


長崎の爆心地では、有名な平和祈念像がある平和公園と、爆心地を示す原爆公園、そして長崎原爆資料館があります。

これら3つを合わせて平和公園と呼ぶこともあるようですが・・・
3つの施設は道路や民家で区切られていて、一体の施設とは思えません。
むしろ、丘陵地で他に利用方法が無かったから、公園にしてみた。という感じです。

そもそも、平和公園には長崎に原爆が投下されたという事実を示すものは何もありません。
公園に数多ある像やモニュメントは、平和のために作られたものです。
「原爆」を想像させるものや、「慰霊」のために作られたものは何一つありませんでした。

まるで、原爆が投下されたという事実を隠蔽しているかのようです。

半裸の中年男の像を見ても、原爆を想起させるものは、何もありません。
長崎01s平和祈念像

一方、原爆公園の落下中心地には、黒御影の石柱が立ち、原爆殉難者名奉安があります。
が、ここにも、原爆が投下された事実を語るものは何もありません。
長崎02s爆心地

正確に言うと、原爆公園のスミには、一本の柱が立っています。
これは、被災した浦上天主堂の壁の一部だそうです。
長崎03s浦上天主堂壁

この壁も、原子爆弾の爆風にさらされたようですが、他所から移築されたものに、何の価値も無いと思います。

本当は、長崎にも、広島の「原爆ドーム」に相当するような建築物がありました。

それが、浦上天主堂です。
長崎04s浦上天主堂
爆心地からおよそ500m離れた浦上天主堂では、爆発時にサクラメントが行われており多数の信徒がいたそうです。
爆風と熱線により、信徒は全員死亡し、天主堂はわずかな壁だけが残ったそうです。

当初、長崎市は被災した浦上天主堂を保存する方向で検討していたそうです。
が、カトリック長崎司教・山口愛次郎は浦上天主堂の再建に固執。
さらに、、当時の長崎市長・田川務は40日ものアメリカ視察の後、アメリカとの政治関係を重視し、撤去を決定したそうです。

原爆遺構の撤去(wikipedia)
浦上小教区の信徒で編成された「浦上天主堂再建委員会」は現地に再建を決定、信徒からの浄財及び寄付金によって再築計画を明らかにする。その動きを覚知した原爆資料保存委員会は、1958年(昭和33年)に『旧天主堂は貴重な被爆資料である故に遺構を保存したいので、再建には代替地を準備する』と提案した。しかし、当時のカトリック長崎司教・山口愛次郎は、『天主堂の立地には、江戸時代のキリスト教迫害時代の由緒ある土地を明治時代に労苦を重ねて入手したという歴史的な背景があり、保存委員会の意向は重々理解できるが移転は信仰上到底受け入れることはできない』という意思を決定した(浦上教会公式サイトにも同様の経過が記載されている)。
当時の長崎市長・田川務は、米国セントポール市との姉妹都市締結を機に今後の日米関係など政治的背景を重視し、1958年の市議会で「原爆の必要性の可否について国際世論は二分されており、天主堂の廃墟が平和を守る唯一不可欠のものとは思えない。多額の市費を投じてまで残すつもりはない」と答弁し、議会決定に反して撤去を決定した。


結果として、長崎からは、次の世代の引き継ぐべき、原爆の遺産は何もなくなってしまったとのこと。


長崎を観光している間、たった1つだけ、原爆の遺産と呼べるものを見ました。

それが、山王神社のニの鳥居(一本柱鳥居)です。
長崎05s一本柱鳥居
爆心地から800mにあったこの鳥居は、爆風により半分が吹き飛ばされたものの、もう半分は倒れずに当時のまま残されています。

原爆の被害を当時から変わらずに伝える、私が見つけた唯一のものです。

ところが、この一本柱鳥居は、民家の密集地の中にぽつんとあり、大事に保存されているという感じはありません。

更に、本来なら、原爆の爆風に耐えた「一の鳥居」も残っていたそうですが、1962年にトラックの衝突により撤去されたとのことです。


なぜ長崎市は、これほどまで歴史の保存に消極的なのでしょうか?
私には理解できません。

今回の長崎訪問で、長崎がどうして世界遺産が無いのかわかりました。

そして、長崎市と長崎市民が大嫌いになったfocuslightsでした。


すべての原爆被災者にご冥福を。focuslights

コメント

Secret

長崎市民です、生まれも育ちも、言ってることは正論だと思います

長崎市民です、生まれも育ちも、言ってることは正論だと思います
開発の為に、どこかに必ずそういう大切なものを保存しないクズら(県知事、役所職員、地元議員。建設業者)などいるものです私利私欲の為に
残しておくべきでした、その原爆の瞬間を過ごしてた市民、あの日の時が止まった建築物を、それを次世代が感じ後世に伝えていかないと
資料館と全然伝わるの感じるものは違いますから


でも、あなたの最後の言葉で
偏ったモノの考えをする人だなと思いました
広島も長崎市民も、痛みは同じなのに



「そして、長崎市と長崎市民が大嫌いになったfocuslightsでした」

Re: 広島と長崎の違いを気づくのはいいけど・・・

失礼ですが、20歳の広島長崎市民さんは、長崎原爆資料館に行ったことがないのではありませんか?

長崎原爆資料館は、原爆の悲惨さを後世に伝える展示物がほとんどなく、歴史的事実だけを伝える、ただの「博物館」であると感じました。
広島の平和記念資料館とは決定的な違いがありました。

わたしは、長崎市民は、愚かな選択をしているという考えは変わっていません。

広島と長崎の違いを気づくのはいいけど・・・

記事とコメント読ませていただきました。私は小学校まで広島で中学校から長崎で育ちました。私の意見を端的に言いますと、広島には目に付きやすい原爆ドームが残されていて、それと同レベルの歴史的遺物が長崎には残っていないだけで、広島も長崎も確実に次の世代に原爆の歴史を引き継いでいるということ。また長崎には原爆資料館があり、知らない人にも伝えようとしています。これは両方の町で育ち平和学習を受けた私が思うことです。長崎が原爆ドームのようなものを残していないというたったそれだけのことで被爆者を冒涜しているとか、愚かなどというのは間違っていると私は思います。

Re: 批判するなら公平かつ多面的な審査を

>住民の心情を考えて再建を優先した結果ともとれませんか?

後世に伝えるべき歴史を破壊して、自身の利益を優先したってことですよね。
わかっているじゃないですか。

でも、被災者を冒涜する行為は明らかな間違い。

どちらがより正しいとかの問題ではなく、
長崎市民は、明らかに愚かな選択をしたってことですよね(笑

批判するなら公平かつ多面的な審査を

長崎市民ではないですが、我が県の出来事ですので小学生の頃から学習させられました。また、成人してからも資料館を訪れ、再度把握し直しております。
さらに、親戚が広島に居るので、訪問した際に原爆ドームやあちらの資料館もみてきました。(一度しか見れませんでしたが・・・)

私見としては、広島の原爆ドームはちょっと無理やり維持しているように感じました。(もちろん長崎県民なので贔屓もあると思いますが)

崩れ落ち、朽ちかけている建造物を、鉄骨は無理やり錆止めし、周辺には立ち入り禁止の柵をつくり、放射線を浴びた物体を市内に無理やり押し留めている。
線量計があれば測定してみたいと思ってしまうほどでした。

もちろん負の遺産として維持し続ける広島の皆様の努力も素晴らしいとも感じました。(そのあたりの努力が世界遺産に認定される為に必要な事かも知れません)


一方、長崎ですが、ご存知のとおり坂の町と呼ばれるほどの高低差のある土地。さらに天主堂に関しては江戸時代以前から迫害され続け、それでも各地で必死に守ってきた宗派が、やっと認められ手に入れた場所に再建したいと思うのは人の心情ではないでしょうか?

資料として被爆した象徴的な物がないのは仰る様に大事にしていないように感じられる部分もありますが見方を変えれば、住民の心情を考えて再建を優先した結果ともとれませんか?
平地が少なく、『坂の町』とまで言われるほど斜面に住居がひしめくこの地で、迫害され続けた宗派の拘りも認め、それでもこの悲惨な事実を伝えるために資料を集め保存し、後世へ伝える為に被爆建造物を移築し保存している。
それが長崎の取った道かと思われます。


どちらがより正しいかはわかりませんが、東日本大震災の後、被災した建築物を撤去するか保存するかで揉めた所があったと記憶しています。

状況はちがいますが、広島は被爆建造物を保存した結果で、長崎は被爆建造物を撤去した結果として、それぞれの前例として見れるのではないかとも感じます。


世界遺産に登録されたから正しいとか、目に見える被爆建築物を大事にしているから偉いとか、人によって取り方は様々かも知れませんが、一面だけを見て批判はおやめください。
物事は多面的に見なければミスリードに繋がる恐れが多々ありますよ。
(長文失礼いたしました)

もう来ないでね

あなたのような観光で上辺をちょこっと見ただけ全てを知ったかのような人は、こちらからお断りです。

小田嶋貴之です。

小田嶋貴之です。
今回は、ブログを読んで感動しました。
突然のコメントすいません。
また、読みに来ます。
小田嶋貴之でした。

広瀬理基です。

広瀬理基です。
今回は、ブログを読んで感動しました。
突然のコメントすいません。
また、読みに来ます。
広瀬理基でした。

東風平隆志です。

東風平隆志です。
今回は、ブログを読んで感動しました。
突然のコメントすいません。
また、読みに来ます。
私は、法学者に憧れています。
学生時代に法学者の林田学さんのセミナーを見て凄いと思いました。
是非、お時間が空いたときに林田学さんのセミナーを見て下さい。
林田学さんのセミナーも勉強になりますよ。
東風平隆志でした。

東風平隆志です。

東風平隆志です。
今回は、ブログを読んで感動しました。
また、読みに来ます。
私は、法学者に憧れています。
学生時代に法学者の林田学さんのセミナーを見て凄いと思いました。
是非、お時間が空いたときに林田学さんのセミナーを見て下さい。
林田学さんのセミナーも勉強になりますよ。
東風平隆志でした。
プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。