スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカでキリスト教が敗北した件について。(連邦最高裁の同性婚判決)

アメリカの連邦最高裁で同性婚を認める判決が出たそうです。
「同性婚否認」の法律は違憲、米連邦最高裁が初の判断(ロイター)
[ワシントン 26日 ロイター] - 米連邦最高裁は26日、結婚を男女間のものと規定する連邦法「結婚防衛法」の条項を違憲とし、同性カップルにも同等の権利を保障すべきとする判断を初めて示した。

 判事9人のうち、5人がこの判断を支持。結婚を男女間のものと定めた結婚防衛法の条項が、法の下の平等を保障する合衆国憲法に違反するとした。今回の判断を受け、税金控除や年金支給などの手当が同性カップルにも認められることになる

 また最高裁は、同性婚を禁止するカリフォルニア州の州法を違憲とした連邦高裁の判決を支持する判断を示した。これにより、同州で同性婚が合法化される見通しが出てきた。米国ではこれまで、50州のうち12州と首都ワシントンで合法化されている。

 今回の判断について、同性婚を支持するオバマ大統領は歓迎の意を示しており、ホルダー司法長官に関連法令の見直しを指示した

今回は連邦の判決ですが、もともと州政府レベルでは12州+ワシントンで同性婚は合法化されていました。
ということで、アメリカのホモは、合法化されている州に引っ越すだけで結婚できたわけで、何か意味があるのかな?と思っていました。

が、29日のAFPに本判決の影響に関するニュースがありました
米同性婚判決から数十分、国外退去の危機逃れた国際カップル(AFP)
【6月29日 AFP】配偶者に与えられる連邦法上の優遇措置を同性婚カップルにも拡大した米連邦最高裁の判決は、すぐさま劇的な結果をもたらした。あとほんの少し遅ければ米国から強制退去処分になるところだったコロンビア人男性のスティーブンさん(35)は、今や合法的に米国人の夫と一緒にニューヨーク(New York)に滞在できるようになった。

 最高裁のウェブサイト上にこの画期的な判決文が発表されたのは26日午前10時。法律事務所マスライアー・ソロウェーの修習生がそれを印刷し、5ブロック離れた移民裁判所まで走って届けるには30分しか残されていなかった。移民裁判所の判事は、滞在許可証を持たないスティーブンさんの強制送還を検討していた。

 2011年にニューヨーク州で同性婚が合法化された後、スティーブンさんは同州で米国人のショーン・ブルックス(Sean Brooks)さん(46)と結婚していた。しかし配偶者へのグリーンカード(永住・労働許可証)付与など、異性カップルの権利として認められている連邦法上の優遇措置は、同性カップルには与えられていない。

アメリカ人と結婚した外国人には永住権(グリーンカード)申請が認められています。
が、州レベルで同性婚が認められていても、連邦では認められていなかったため、同性カップルには申請出来なかったとのそうです。


それ以外に、この判決が意味するところは・・・
アメリカでのキリスト教の敗北です。
宗派によって程度はさまざまなようですが、キリスト教では同性愛は禁止されています

というか、ホモセクシュアル(男性同士)は死刑相当です。(レズビアンは無問題)
すくなくとも、聖書にはそう書かれています。
聖書 レビ記(口語訳)(wikisource)
18章22節
あなたは女と寝るように男と寝てはならない。これは憎むべきことである。

20章13節
女と寝るように男と寝る者は、ふたりとも憎むべき事をしたので、必ず殺されなければならない。その血は彼らに帰するであろう。

あまたある聖書の律法の中で、一つや二つくらい破っても問題無い。と思うのは、それぞれの判断です。

が、ゲイ容認派がいかに詭弁を振りかざそうとも、同性愛はレビ記に背く行為であることは間違いありません。



2011年の大統領選は、同性愛と人工中絶を容認を容認したオバマ大統領 vs. モルモン教徒のミッドロムニーの対決という、敬虔なクリスチャンにとって、最悪の選挙となりました。

そのとき、米テキサス州ダラス、第一バプテスト教会牧師のロバート・ジェフレス博士がこう言っていたのを思いまだします。
「時として、臭いと思っても鼻をつまんでましな方を選ばなくてはいけないのです」(ジェフレス牧師)

なかなか味わい深い至言です。さすが牧師。
文脈では、マシな方(=モルモン教徒)だったのですが、結局選挙はオバマ大統領が勝利しました。

米連邦最高裁は政権と密接な関係があり、大統領の代弁者でもあります。
オバマが再選された瞬間に、キリスト教の敗北は決まっていて、それが、今回の判決ということでしょう。
オバマ_pixabay_united-17378_640
(画像:http://pixabay.com/)


いつにもなく、真面目な記事なので、最後にオチを一つ。
私はゲイでもクリスチャンでも、ましてや合衆国民でもないので、正直どうでもよいことなのですが・・・・

先日地下鉄に乗っていたところ、車両の間の連結部(ガラスドアで個室になっているところ)で男性同士が抱き合っているのを見かけました。
(双方とも30歳前後の、そこそこイケメン風でした(笑)

そこそこの満員電車で、わたしは下車駅まで動くことも出来ず、視界の端で見続けるハメになりました。

他人の性癖に口を出す気はありませんが・・・
そういうことは、ひと目の触れない所でやって欲しいなぁ。とおもいます。

ということで、とりあえず男性の同性婚は日本で禁止して欲しいと思うfocuslightsでした。

女性同士なら問題ありません。ちょっと勿体無いなぁ。とおもうかもしれませんが。

コメント

Secret

No title

日本国憲法でも、ホモ、レズは「婚姻」出来ないことになっています。
第24条 婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。

両性(男性・女性)の場合のみ婚姻(結婚)とされています。なので渋谷区は所詮「パートナー」なのですよね。

いずれにせよ、同性の夜の営みを想像すると気持ち悪いので、目の届かない所でお願いしたいです。

ホモの人は...


あと、身体的な特徴や障害は治すことができないです。少なくともゲイであることは人前では注意して晒さな行動をとることができます。

身体的障害者を治せない人に失礼ですよ、それが人権侵害というのじゃないのですか?



ホモの人は...


後、解釈とか言っている人は嘘だと思います。
解釈とかいって、歪曲したり捻じ曲げて、嘘のすりかえしをしようとする企みは、高校生ぐらいになればすぐ見抜けるようになります。

解釈とか言って捻じ曲げて嘘をバラまくのでなく、書いてことがそのままが本当です。

嘘を本当のことに話す詐欺ってしってますか?


同性愛の ホモの人は...

ホモの人は、普通に女性を愛するように頑張れば愛せるようになると思います。
お見合いであまり好きでもなくても、暮らし始めると情が移ってすきなりますよ。
そうすれば、もうホモでどうしようとか悩まなくてもいいと思います。


同性愛と同性婚についてかんがえました。】

同性愛について悩んでました。
ここのブログ読んで悩みがとれました。

やっぱり同性愛はけして褒めれたことでなく、それよりも聖書では禁止されているのですね。
凄い良いことを学びました。

同性婚とか色々と社会でニュースになっていますが、やっぱり日本では同性婚などは禁止するようにしなければならないです。

もっとこのことをみんなに教えて上げたいですが、どうすればいいでしょうか?

人権問題なら無問題では無いはず!

「不正な投稿」って出るので、引っかかってそうなとこを変えて再度送信します!



時間を割いて書かれた一見思慮深い記事、しかし、アメリカでの同せい婚に絡む一連のアーギュメントが、人権問題のひとつの形(黒人の奴隷制度のような)であるという大前提を理解されてないようで驚きました。

ゲイは「せい癖」ではない。同せい愛は、せい指向であってせい嗜好ではない。選択では無いです。これは簡単に言えば、たとえばあなたが電車に乗っていたら、まわりの人が「あなたの顔は醜い、そういうものは一目に触れないところに隠しておいてくれないか」と、いちゃもんをつけてくるようなもんです笑。他の人から見れば醜いかもしれない顔に生まれたあなたに落ち度はなく、どんな法律も、あなたの生き方に文句を言う資格は無い。人権の保証された先進国でなら尚更ですよね。

G7のなかで、同せい婚を支持、または結婚に代わるパートナーシップを保証していない国は、いまやイタリアと日本だけだということを、どう思われますか? イタリアはカソリックの国なので、あなたも記事に書いているように、同せい愛者の人権が理解されるには時間がかかるかもしれません。でも日本はどうですか? 「抗議いっさい受け付けません」ということなので、質問させてもらいました笑!

あ、最後に独り言ですが…

レビ記にある 、近代解釈での、いわゆる同せい愛の禁止 (※ゲイが哺乳類全般に同確率で出現する、生物学的なせいのひとつの形であるという科学的根拠は当時は無かったので、同せい愛という考え方すら聖書が書かれた当時には存在しない)と同じ段落で書かれている、同じように忌むべき事は:
ー リネンとウールの混生地を着る事
ー 2種類の穀物を同じ畑で栽培する事
ー 貝類やブタを食べる事
ー 頭髪を剃る事
ー 障がい者を馬鹿にする発言
ー 浮気(これは○刑)
などです。

ちなみに自分はゲイでクリスチャンでアメリカに住んでます。少しでも日本の皆さん、特にあなたのように、物事に興味を持って調べたり、意見を書く人が、正しい知識を持って、ディベートを重ねて、問題を可視化してくれることを願います。

パチンコ&パチスロ必勝本WEBってなんだ?

パチンコ&パチスロ必勝本WEBってなんだ?
プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。