スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンフランシスコで実弾射撃をした

以前から、銃を撃ちたいと思っていました。

もしも運悪く、銃撃戦に巻き込まれた時・・・・
そしてたまたま自分の目の前に、テロリストが持っていた銃が転がってきたら・・・・。

そんなシチュエーションに遭遇する前に、一度くらい射撃を経験したほうが良いと思っていました。
(厨二病っぽいですね)

で、先日、仕事でサンフランシスコに行ったとき、半日ほど自由時間ができたので、実弾射撃をしてきました。

日本を出発する前に色々と調べたのですが、観光客向けの射撃ツアーは意外と見つからず。
唯一見つけたのが、こちらのサイト。
>HIGH BRIDGE ARMS, INC http://www.highbridgearms.com/s-tour.htm

ホームページがどう見ても「昭和」時代の写真。
その上、開催日程などが、何も記載されていなくて・・・

現在でも開催されているのか、ちょっと不安だったのですが、現地で電話してみました。
(日本からなら、010-1-415-298-8188、時差にご注意ください。)
私 :I would like to ask you about your gun shooting tour・・・・
相手:もしかして日本人?
私 :・・・・そうです。・・・
ホームページに書かれている電話番号はガイド兼インストラクターの高橋さん直通の携帯電話。
ということで、後は日本語でのやり取り。

ツアーの開催日程等は特に決まっていないそうで、高橋さんの都合次第とのこと。
翌日のお昼にホテルまで迎えに来ていただくということで、ツアーの申し込みが完了しました。


射撃場は、サンフランシスコからベイブリッジを渡り、米本土のオークランドでした。
射撃01
ハンドガンレンジ。高橋さんがターゲットを取り付け中

射撃02
長距離レンジ

基本料金は、22LR(ロングライフル)弾 50発 + 38口径 50発で100$。 あとはオプション料金とのこと。
私の場合、コルトガバメントを撃ちたいと希望したところ、以下の組み合わせになりました。

スタームルガーMK2 22LR弾 50発
ベレッタM92F 9mmパラ弾 50発
コルトガバメント 45ACP弾 50発
射撃04
ベレッタM92F
射撃03
コルトガバメント

44マグナムを勧められたのですが、出張中に怪我でもするとまずいと思ったのでパスしました。
45ACP弾でもそこそこの反動。でも片手でも平気なくらいでした。

トータル150発 撃った結果がこちら。
射撃05
まぁ、こんなもんでしょうか。
至近距離なら、テロリストを射殺するくらいはできそうです。

ちなみに料金ですが、上記の組み合わせだと、合計160$(約13000円)でした。
これを高いと見るか、安いと見るか、価値観は人それぞれですが・・・

・韓国やフィリピンの射撃ツアーなどに比べて、いろんな意味で遥かに安全
・ホテルの玄関までの送り迎えと、高速料金込み
・一切英語を使わず、日本語だけで事足りる
・自分一人のためだけに、お店を休んでガイドをしてくださっている

を考えると、格安と考えるべきでしょう。

行き帰りの車の中で、高橋さんは色々と語ってくださいました。

昔は、新婚旅行や卒業旅行などで、大勢の日本人観光客がサンフランシスコを訪れ、射撃ツアーが非常に繁盛していたそうです。
が、アメリカに観光に来る日本人が減り、また、射撃をしたいと思う人も少なくなっているとのこと。
ということで、最近は射撃ツアーの引き合いはほとんど無くなっているそうです。
(ツアーの依頼は2ヶ月ぶりとのこと)

現在の高橋さんの主な仕事は銃と弾丸の輸出(儲かっているとのこと)。
ということで、射撃ツアーは日本の銃マニアを一人でも増やすことを目的に行なっているとのお話でした。


ちなみに、M92Fのロングバレルモデル(ソードカトラス、BLACK LAGOONのレヴィの銃)は無いとのこと。
アニメオタク向けのツアーではありませんのであしからず(笑。

次は狙撃銃を撃ってみたいなぁと思ったfocuslightsでした。


射撃ツアーの際に高橋さんが持ち込んだ銃ボックス。
あらかじめ希望すれば、ライフル銃も撃てるそうです。
射撃07

高橋さんの本。著者特別価格で購入できます。
【送料無料】タフ [ 高橋正 ]

【送料無料】タフ [ 高橋正 ]
価格:1,680円(税込、送料別)

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。