スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石ノ森萬画館に行ってきた

震災で閉館していた石ノ森萬画館が2012/11/17に再開したとのニュースがありました。
で、たまたま仙台に行く機会があったので、寄ってみました。

まずはアクセスから。
仙台から石巻に行く方法は、主に4種類あります。
・車(レンタカー)
・高速バス (約90分)
・JR東北本線-小牛田駅-JR石巻線 (約90分)
・JR仙石(せんせき)線 (約120分)

石巻での移動を考えると、レンタカーがベストなのですが、予算の関係でパス。
次点は高速バスですが、ついでに松島を見てみたかったので、あえて仙石線にしました。

仙石線は、仙台(あおば通駅)から石巻駅を結ぶJR路線です。
石巻01s

2012/12現在、津波の被害により高城町駅 - 陸前小野駅間が不通となっています。(路線図の青色区間)

震災から1年半以上も経つのに未だに不通かよ?という感じですが・・・
町自体がどこに再建されるのか未定ということで、鉄道も放置されているそうです。(もっと山側に再建の可能性?)

不通区間はJRが代替運行バス(松島海岸-矢本駅、路線図の赤い矢印)を走らせています(JR料金で乗車可)
ということで、松島観光のあと、代替運行バスに乗ったのですが・・・・
結構衝撃的でした。

被害がひどかったからこそ、JRが止まっているわけであり、
いまだ復興していないからこそ、代替バスが走っています。

それはわかっていたつもりだったのですが、津波で破壊された住宅を見るのが初めてだったので、絶句してしまいました。

特に、野蒜駅周辺が凄惨でした。
石巻02s

石巻03s

なお、バスは1時間に1本程度なのですが、JRとの接続もそこそこ考慮されていて、使い勝手は良好でした。
(文末に、代替バスと仙石線の時刻表を掲載します)


さて、引き続き仙石線にのり約15分。
石巻駅に着いた瞬間の感想。
「なんか思っていたのと違う」

駅に到着するまでは、もっとすごい復興が行われているものだと思っていました。
石巻の選出議員は民主党なので、徹底的に税金が投下されているものだと思っていました。
びっくりするような行政の箱物施設があるのだろうと思っていました。

でも予想は裏切られました。

駅前にボランティアがいるわけではなく、工事車両が走り回っているわけではなく・・・
ひっそりとしていました。

というか、駅前は地震の爪あともほとんど残っていません。
庄やがあり、魚民があり、はなの舞があり・・・一般的な地方都市の中核駅の風景そのものでした。

石巻08s
確かに商店街には空白地が散在し、壊れた商店も多少はありました。
でもそれは、一般的な地方都市でもよく見かける風景と、何ら変わり無い印象でした。

これで石巻の復興は最終段階なのでしょうか?

気を取り直して商店街をぬけて、徒歩10分。
石ノ森萬画館に到着。

石巻復興の象徴。ビートたけしと木村拓哉のCMにも登場した奇抜な建物です。
石巻09s

萬画館内部は写真撮影禁止なので、省略します。

著作権を守ることは大事なのはわかりますが・・・
石ノ森萬画館は、石ノ森漫画だけでなく、石巻の津波被害の記憶の記録と情報発信を司るべき場所だと思うのですが・・・
写真撮影禁止では、外部からの訪問者は何も持ち帰ることはできないですよね。


本来なら、もう少し時間を撮って、現在の石巻を記録したかったのですが・・・・
出来れば、大川小学校跡に行って、津波と日本の初等教育の災禍をお伝えしたかったのですが・・・

時間がなかったので、未練を残したまま石巻を後にしました。

今度は、レンタカーで来よう。そう誓ったfocuslightsでした。

なお、石巻を訪問される方は、こちらのサイトを確認されることをおすすめします。
>石巻訪問で外せない5ヶ所の定番、10ヶ所のおすすめ(石巻百景)

萬画館のなかで、唯一撮影の許された、仮面ライダーのベンチ
石巻10s


代行バス時刻表
石巻04s
仙石線時刻表
石巻05s
石巻駅前のサイボーグ戦士
石巻06s

石巻07s

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。