スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Scott Forstallの更迭とCEOの品格

AppleのiOS部門上級副社長Scott Forstall氏が辞任に追い込まれた理由が、Maps謝罪文への署名を拒んだためと報道されています。
アップル「iOS」責任者の退職、「Maps」謝罪文への署名拒否が原因か (cnet)
Appleの「iOS」ソフトウェア担当幹部のScott Forstall氏の退職は、円満なものではなかったようだ。The Wall Street Journal(WSJ)によるとForstall氏は、Appleの「Maps」問題について謝罪する書簡に署名することを拒んだため、地位を追われたという。

iOSの責任者であるScott Forstall氏が、2012/10/23のApple Special Event, October 2012(iPad mini発表会)に登場しなくて、おかしいなぁーと思っていたのですが、解雇が決まっていたのですね。

Scott Forstall氏はJobsと一緒にNextから移籍し、MacOS Xの開発責任者、iOS(iPhone/iPod Touch)の開発責任者を努め、Appleの躍進に貢献した人物です。

たしかに、iOS6のMapsは、それはそれはひどいものでしたが・・・・
たかが、OSの1アプリの失敗で、更迭とはあまりにもひどい仕打ち。

でも、解雇の理由は本当にそれだけなのでしょうか?

Appleの躍進を支える技術屋のエースのほうが、前社長(Jobs)に近い存在なのは、誰の目からも明らか。
在庫管理出身の現社長(Timothy Cook)にしてみれば、自らの地位を脅かす存在だったのではないでしょうか。


IBM出身のTim Cookのほうが、社内政治に長けていたということでしょうね。


部下を切るだけでなく、社長も一緒に引責辞任しろよ。とfocuslightsは思います。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。