スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小樽観光のおすすめルート

前回、軽く小樽をdisったばかりですが、小樽は一生に一度は訪れるべき観光地であることに間違いはありません。

ということで、小樽をリーズナブルに制覇するおすすめ観光ルートを紹介します。



小樽を安価に観光する方法には大きく2通りあります。

●一つ目は「おたる市内線バス1日乗車券」を利用する方法です。
750円で小樽市内(祝津・天狗山含む)の路線バスが乗り放題というもの。
観光地を巡回する「おたる散策バス」のほか、小樽市内は路線バス網が異様に発達しています。

が・・・、複雑すぎて迷うので、あまりおすすめできません。

●二つ目はレンタルサイクルです
小樽にはそれなりに坂があるのですが、観光スポットは海沿いに集中している(=平坦)ため、自転車が有効です。
小樽駅にはレンタルサイクル屋があり、5時間1200円でママチャリを借りることができます(2012.8現在)。

値段の割に、自転車が古かったのが気になりましたが、整備は行き届いていました。
無料で荷物も預かってもらえて、かなり便利でした。

自転車が可能な季節(雪が無い)のであれば、レンタルサイクルは第一選択肢です。
小樽2-03三レンタルサイクル



さて、小樽のおすすめ観光順路としては、以下の通り。
●三角市場で朝食
●レンタルサイクル調達
●手宮線跡地
●運河プラザで地図を入手
●小樽運河観光
 一旦北上して端まで見て、その後南下
●堺町本通り観光
 南端に駐輪して徒歩で観光
 小樽オルゴール堂、ルタオ、北一硝子など
 かま栄のパンロール
 北のウオール街まで見たら自転車まで戻る
●旧寿原邸、水天宮
 坂がきついので、体力に自信がなければ徒歩で
●レンタルサイクル返却時間まで、小樽駅周辺のその他建築物
 田中酒造本店、小樽聖公会など
●自転車返却
●第三埠頭から船で祝津港 (このクルージングはおすすめです)
●鰊御殿
●おたる水族館
●祝津パノラマ展望台
 結構厳しい坂なので、徒歩なら諦めたほうが良い
●バスで小樽駅
●バスで天狗山
●ロープウエイで天狗山に上り夜景
●バスで小樽駅

上記に加えて、時間と体力があれば、
●小樽築港駅の、ウイングベイ小樽
●石原裕次郎記念館

もどうぞ。



次は冬の小樽に行ってみたいな。と思ったfocuslightsでした。



小樽2-01小樽駅
小樽駅天井

小樽2-02三角市場
三角市場のいくら丼

小樽2-04小樽運河
小樽運河

小樽2-05小樽運河
小樽運河

小樽2-06小樽運河
小樽運河

小樽2-07水天宮
水天宮

小樽2-08かま栄
かま栄のパンロール

小樽2-09天狗山
天狗山

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。