スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クーポン券の功罪

千葉幕張に「本家絶品煮込みカツカレー」というお店があります。
その名の通り、4時間水で煮込んでホロホロになった豚バラ肉を、カツにしたものをカレーにトッピングしたカツカレーが看板メニューのカレー屋さんです。

正確に言うと、カツカレーと同時に、フードファイター(死語?)向けの超デカ盛りも有名で、テレビに何度も取り上げられているお店。
デカ盛り

以前から行ってみたいと思っていたところ、先日幕張メッセに行く機会があったので、帰りに寄ってみました。


場所の確認のため、お店のホームページを調べてみたところ、「ご飯大盛り無料」と「ドリンク無料」のクーポンを見つけました。
クーポン
ラッキーということで、印刷して出発したのですが・・・。

お店の前まで来たところで、印刷したクーポンを玄関に忘れてしまった事に気が付きました!

お店の間でさんざん悩みました。
クーポン無しで、損をした気分で食事しようか。
それとも、今日は近くの別のお店にして、又の機会にしようか。

悩みに悩んでクーポン無しで「本家絶品煮込みカツカレー」を食べることにしました(ウインナートッピング)
本家絶品煮込みカツカレー
カツカレー、美味しかったです。
カレーは普通でしたが、柔らかいカツが口の中でとろけるというのは、本物でした。

でも、食べている間じゅう、「自分は今、クーポン券の分だけ損をしている。損をしている」と頭の中で反芻していました。


クーポン券とは、それを持つ人に利益を与える物ではなく、
それを持たない人を嘲笑うためのシステムである。ってことをお店の経営者は知るべきだと思います。

この文章を書きながらも、あの時お店に入らなければ良かった。と後悔の念でいっぱいです。
正直、もう、二度と思い出したくありません。

無制限のクーポン券を配布するくらいなら、来客全員サービスにする方がお店のためになるのでは?とfocuslightsは思います。



先程確認したところ、お店のクーポンが印刷物でなく、スマホの画面提示だけでOKに変更されていました。
つまり、スマホを持たない情弱だけが損するってことですね。

本家絶品煮込みカツカレー店内
小さいけれど、清潔な良いお店でした。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。