スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪いのは産廃業者じゃない?と思う。(利根川のHMT放出)

利根川水系で、ホルムアルデヒトが検出されていた問題で、排出元が判明したそうです。

「経験あったのに…」怒り隠せない県担当者 県と業者、法的責任めぐり対立 (産経.jp)
関東の浄水場で国の基準を超える有害物質ホルムアルデヒドが検出された問題で、埼玉県は25日、原因物質ヘキサメチレンテトラミン(HMT)の排出元は群馬県高崎市の産業廃棄物処理業者で、同社にHMTを含む廃液処理を委託したのは「DOWAハイテック」(本庄市)だと公表した。県は、DOWA社が廃液にHMTが含まれていることを産廃業者に告げなかったことが廃棄物処理法に抵触する可能性もあるとみて「道義的責任がある」と主張するが、DOWA社は「法的責任はない」と真っ向から反論している。

DOWA社は廃棄を委託しただけで、実際に流出させたのは、産廃業者の「高崎金属工業」。
で、高崎金属工業は、有機物メインの廃棄物を中和処理しただけで川に流したとのこと。

内容物の詳細までを伝えていなかったとしても、必要な分析結果は引き渡しているようですし、
そもそも廃棄物を川に流すという発想が、産廃業者として失格だと思います。
(もう一社の産廃業者は、ちゃんと焼却処分しているそうです)

群馬県水環境課の半田順春課長はやや強い口調でDOWA社の対応を非難したそうですが・・・

2012/5/25時点では、一連の報道を確認する限り、どう考えても
産廃業者=高崎金属工業の側に非があると思います。

群馬県の課長は、県内の産廃業者ではなく、埼玉県のDOWAハイテック社に責任を被せたいのでしょうか?

課長は、すぐにでも陳謝すべきとfocuslightsは思います。



上記意見は新情報の報道により変更する可能性があります。

2012/5/26追記
この産廃業者、最低ですね
産廃業者の社長(64)は「わが社ではヘキサメチレンテトラミンを処理できないので、わかっていれば引き受けなかった。ぬれぎぬを着せられたようで迷惑だ」と話している。(yomiuri.jp)

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。