スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいかげん、調書を証拠とするのはやめてはどうかと思う

「陸山会」の土地取引をめぐる小沢一郎の裁判で、石川知裕衆院議員の供述調書が証拠採用を却下されたそうです。

小沢被告ニンマリ 元秘書供述大半不採用 (nikkansports.com)
 資金管理団体「陸山会」の収支報告書虚偽記入事件で、政治資金規正法違反罪で強制起訴された民主党元代表小沢一郎被告(69)の第14回公判が17日、東京地裁であり、大善文男裁判長は元秘書の石川知裕衆院議員(38)が元代表に虚偽記入を「報告し、了承を得た」と認めた検察官調書を証拠採用しないと決めた。さらに、東京地検特捜部の捜査を「強力な利益誘導」などと非難した。元代表の共謀を示す直接証拠はこの調書しかなく、元代表の弁護団は無罪獲得に向けて自信を深めた。

 大善裁判長は石川議員の検察官調書について、「取り調べは違法、不当で許容できない」と述べ、自発的に供述した任意性や、公判証言より調書を信用すべき特別な状況(特信性)がないと判断した。元代表提供の4億円や土地購入代金が記載されていない04年分報告書を作成した石川議員の13通のうち、8通の全体を却下した。

 石川議員が保釈後の再聴取を隠し録音していた記録を基に、検事が元代表の不起訴となる見込みを示唆して、元代表の関与を認める供述を維持するよう迫ったと認定。「強力な利益誘導で、虚偽供述に導く危険性の高い取り調べだ」と指摘し、東京地検特捜部の捜査を厳しく非難した。再聴取の調書については、検事が勾留中の調書を基に一方的に作成したことが疑われ、「石川議員の供述を録取したと評価できるかすら疑問がある」と批判した。
 また、この取り調べの捜査報告書に事実に反する記載があったと指摘。「複数の検事が石川議員に圧力をかけたことがうかがわれる」と、組織としての取り調べ手法の危うさも挙げた。勾留中の調書も「懐柔、説得して調書作成に応じさせた疑いがある」として、次々と退けた。


小沢一郎もたいがいの悪人顔ですが、今回の相手は検察/特捜。
検察/特捜といえば、いまや政治家を超えて、官僚と並ぶ悪の権化の扱いですから、小沢一郎側やや有利ですね。

とはいえ、大善文男裁判長というのもかなりイカれた判事とのこと。
それに、たかが東京地裁。
この先どうなるかは、まだわかりませんね。判決が楽しみです。

それは、ま、置いておいて・・・
一連の報道で強く疑問に思ったのが、調書の証拠性と特信性について。
検面調書の特信性 (日経新聞)
 刑事訴訟法は、検察官が関係者の面前で作成した供述調書(検面調書)の内容が、法廷での供述と異なる場合、検面調書が公判よりも信用できる特別な事情(特信性)があることが認められれば、証拠として採用できると定めている。検面調書の内容が合理的で詳細なことや、法廷での証言の信用性に疑問がある場合などで特信性が認められることが多い。
 公判で特信性が争点になった場合、一般的に捜査段階に供述調書を作成した検事や関係者に出廷を求め、供述時の取り調べ状況についての証人尋問を実施する。
 元厚生労働省局長が無罪となった郵便料金不正事件の公判では、局長の関与を認めた同省関係者の供述調書の大半について、裁判所が特信性を認めず、元局長の無罪が決定づけられた。


「調書」(検面/員面)とは、非公開の密室で他人が作文した文章に強制的に署名されられた文書のこと。
それなのに、調書と裁判所で被告がした証言が食い違った場合、多くの場合調書が優先されるという不可解な裁判システムになっています。

そもそも、「伝聞証拠禁止の原則」で、伝聞証拠の証拠能力は否定されていはず。
さらに、憲法には「唯一の証拠が本人の自白の場合、有罪としない」と明記されています。
日本国憲法
第38条 何人も、自己に不利益な供述を強要されない。
2 強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。
3 何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。

本人に不利益な調書(自白)なんて、脅迫されて署名される以外に考えられないので、調書そのものが憲法違反だと思いますし、それを証拠とするのはとんでもないと思います。

即刻、刑事訴訟法を改正してほしいですね。


CSI:マイアミなどでは、ほんの僅かな痕跡から犯罪を証明したりしています。

さすがにあれはフィクションだとしても、これだけ科学が進んだ現代ならば、科学的証拠と、裁判官面前の証言だけで十分なのでは?と思います。

少なくとも、現代日本では、警察と検察は信頼に足る組織ではないと思います。
そして、そこで行われた「取り調べ」と「調書」を証拠とするには無理があると、focuslightsは思います。

コメント

Secret

プロフィール

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。