スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜ母乳をあげたいのか、理解できない(HTLV-1陽性妊婦の垂直感染防止)

先日、NHKの福祉ネットワークで、「HTLV-1」の特集がありました。

HTLV-1とは・・・
HTLV-1
腫瘍ウイルスの一種で、九州地方を中心に100万人以上が感染。
感染すると、ウイルスは宿主のDNA内に組み込まれるため、現在の医学では生涯治癒することはない。

感染するだけでは特に症状は無いが、一定の確率で白血病(ATL)や脊髄症(HAM)を発症する。

HTLV-1の主な感染ルートは母子感染(垂直感染)。
フリーのウイルス粒子は感染効率が低い一方、母乳に含まれるリンパ球を介して高率に感染するとのことです。

ならば、母乳を与えなければ、感染しないってことですね。

実際、テレビでは、鹿児島大学や長崎県での調査結果が紹介されていました。

キャリアの母親から子供への母子感染率
鹿児島大学
(キャリア400人調査)
長崎県
(キャリア1500人調査)
母乳6ヶ月超25%20%
母乳6ヶ月以下3.5%8.3%
人工乳5%2.4%


厚労省では、もう少し調査人数の多いデータを紹介しています。
厚労省調査
(カッコ内は人数)
母乳4ヶ月以上17.7% (93/525)
母乳3ヶ月以下1.9% (3/162)
人工乳3.3% (51/1553)
富山大学大学資料

確かに、人工乳にすれば、母子感染が防止できるようです。

では、この「母乳6ヶ月以下」だの、「3ヶ月以下」とはいったいなにかというと・・・・
ウイルス混入母乳でも、短期間なら大丈夫かも?という調査だそうです。

たしかに、短期間の授乳では、長期間授乳より母子感染率は低く抑えられるそうです。
で、鹿児島県などでは、3ヶ月間母乳を与え、それ以降は人工乳に切り替える「短期母乳」を勧めているそうです。

はぁ???

短期なら感染率が低いのはわかりますが・・・・
わざわざ、ウイルス入り母乳を赤ちゃんに与える必要があるのでしょうか?

統計学的に危険性が証明できないからといって、わざわざ放射性物質が混入する食品を食べるような愚行に思えます。

私には、到底、理解できません。

テレビでは、医者が登場して、短期間なら母親からの「移行抗体」が有効なので、
「抗体があるうちは少しは感染を防ぐ力があるのではないか?」
と発言していました。

でも、ウイルスに感染している母親の抗体では、ウイルスと戦う能力が無いのは明らかです
これは、単なる希望的観測、いや、妄言です。

なぜ短期間とはいえ、わざわざウイルス入り母乳を与えるのか?

それは、現在でも「母乳神話」が生きていて、人工乳を与えていると、妊婦の親や、周囲の妊婦から冷たい視線を浴びせられるからだそうです。

でも、それって、母親のエゴとか自己満足だけで、子供のことは何も考えていないのでは?と思います。


たとえ、短期間とはいえ、どうして、子供をウイルス感染の危険に晒そうと思うのか?
子供を持たない自分には、理解できないな。と思ったfocuslightsでした。



追記:
ちなみに、母乳神話の一つに、「母親からの初期免疫」というのがあります。
が、衛生状態のよい日本では、特にメリットにはならないとされているそうです。

コメント

Secret

牛の乳が人間の乳より、赤ん坊に良いというのもおかしな話だ

ウィルスに感染した母親は別の話だが、絶対的に人間の乳が悪いような書き方をしている事がおかしい。

牛乳は人間に悪いという話が出て来ている、アメリカを中心に。
アレルギーやアトピーが昔はあまり聞かないのに、なぜこんなに蔓延したのか。
昭和25年の学校給食で牛乳が始まったのを始点に増えている。粉ミルクも昔は無かった。母乳が出る母親を探して、
もらい乳をするか、米の磨ぎ汁だった。(もちろん磨ぎ汁はひ弱な子になった)

例として、ある兄弟の兄は粉ミルクを中心に育てられて乳製品卵アレルギー、喘息など酷かったが、弟は母乳中心でほとんど持病なし。

牛乳タンパクに含まれる高分子ペプチドは乳幼児では分解されないため、アレルギーの原因となっていると言われている。

子牛を急激に成長させるための強烈なホルモンたっぷり。神経質な人は「人の飲み物にあらず」とまで言っている

乳幼児でなくても、牛乳をやめたら疾患が無くなった例は多数

とにかく、ヒトに牛の乳を加工した物の方が絶対的に良いのか?

あとさぁ、長文が失礼になるのか?読解力も無い者が嫌っているだけの現象に合わせるのは愚かだ。長文が失礼なら、新聞も本も教科書も失礼極まり無いだろうが。それをどう思っているのか

知らなかったー

凄く興味深く拝見しました。このウイルスについては恥ずかしながら初めて知りました。公衆衛生で働いているものです。母乳ケアは以前アメリカでは全く行われておらず、今になって栄養面や免疫力を高めるという長所が宣伝(?)されて後は母乳をあげる母親が沢山現れてきましたが、このようなウイルスで母子感染を引き起こすのであれば大変な事ですね。メディアで放送されれば、母乳をやめる母親が爆発的に増えそうです。
ただ、母乳が決して悪いものだとも言い切れず、乳児は基本6ヶ月からワクチンが始められるので、その間の肺炎球菌を始めとする感染症予防や発達促進、喘息予防などを考慮し「免疫のため少しの期間だけでも」と望む免疫学発達学に詳しい医師達にはこう言った背景もあるのではないでしょうか。。
長文すみません、ただこのウイルスに感染している母親を調べる事で、感染する可能性を減らす事が出来るかもしれない、ってとこが凄いなと思いました。ありがとうございました。

妊婦ですが。

医師です。
自分がATLであれば母乳は与えたくないですね。人工乳だけで育った子供が母乳だけで育った子供より長い目で見た将来的に何か問題があるというデータは見たことがありません。
話変わってカンガルーケアを日本で行うと低体温で新生児に悪影響があるという記事を見たので私はバースプランで助産師さんにカンガルーケア必要ないと言う予定です。
ウイルス性感染症や低体温のリスクを取る意味は私には無いです。

No title

> ですねぇ。
> 理系人間は、「子供が不幸になるかもしれないのに・・・」と思うわけです。
理系人間、誰が?どの辺が?寧ろ理系とか関係あるの?って書いても、きっとまだ伝わらないだろうね。
思考が短絡的なのは仕方がない。子ども又は大人になれていない子どもが書いているんですから。

No title

HTLV-1ウイルス混入母乳は、「毒ミルク」の一種とおもいます。

Re: No title

> 子供のいない貴方には到底理解出来ませんよ。
> 思考が短絡的過ぎます。

ですねぇ。
理系人間は、「子供が不幸になるかもしれないのに・・・」と思うわけです。

No title

子供のいない貴方には到底理解出来ませんよ。
思考が短絡的過ぎます。
プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。