スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年後にはHTML(ハイパーテキスト)は消滅しているはず。

断言します。3年後にはhtmlは消滅しています。
(以下すべて2007-7-3の妄想日記)

偉そうなこといって申し訳ありません。
たぶんhtml/ハイパーテキストは生き残っていると思います。
が、ぜひとも消滅して欲しいというわたしの願いを、htmlを用いて文字にしてみました。

まずはこちらをご覧ください。(ITmediaアンカーデスク)
ネットから長文が消えたいくつかの理由 (1/3) http://www.itmedia.co.jp/anchordesk/articles/0702/05/news015.html

またコデラさんですが、ファンだからということでお許しください。

>ネット上の文章が短文化する傾向に拍車をかけているのが、ブログやSNSが提供する文章入力システムではないかと思う。
という記載が有りますが、まさにその通りと思います。

fc2ブログの入力画面は全角で32文字。ところが表示されるのはわたしの環境で90文字。
それに、入力画面は等幅フォントですが、表示はプロポーショナル。


ブログの入力画面でレイアウトを気にしつつ入力しても、異なった表示になります。
htmlタグの挿入により、さらに訳がわからなくなります。

入力幅やフォントなどは設定で何とかなるのかも知れません。
でも、解像度の違うみなさんの画面では、また違った横幅となるので、わたしが見ている画面とは違ったレイアウトの文章を読まれているはずです。

韻を踏んだフレーズを綴っても、思わぬところで改行が入って台無しになることもあります。

htmlは画面解像度に依存せず、文字列を表示可能です。
その反面、文章作成者がレイアウトに賭ける想いを粉々に打ち砕いてします。


話は変わりますが、わたしは昔、サンデーCプログラマでした。
今の毎日のお仕事にはコンピュータースキルは必要とされていません。
(わたしの周りには、エクセルでマクロ(セルの積を求めたり)が組めないような人もけっこういます。)

関数へのポインターとか、ポインターのポインターへのポインターとかを弄んでいたあの日々は、今となっては
無駄な時間だったわけですが、当時読んだ書籍で、今でも役に立っている物が一冊有ります。
それは、

Cによるプログラミングスタイルブック 林晴比古 ISBN 4-89052-137-2

いかにしてプログラムの可読性を高めるか。というのが主題の本です。

たとえば(以下引用)

                                          空白自
身は何もしない。しかし空白をうまく用いることにより、本当に重要なことを強調
する作用がある。「注意!」という記述を目立たせたかったら、このような地の文
の中に埋め込むより、

  注意!

という具合に、空白という名の引き立て役を活用したほうが効果が高いのである。



ソースの可読性を高める方法がこれ以外にも複数解説されています。
C言語のテキストというよりは、長文、プレゼンテーションスライドなど、見やすさを要求されるすべての書類に適用可能なすばらしい本です。


あー、htmlが消滅するって話でしたよね。
つまり、空白、改行、タブストップといった、印刷されない文字=空白には、見える文字以上の意味を持つ場合があって
htmlはそれを台無しにするってことが言いたかったわけです。

それにhtmlはスケーラブルなようでいて、実際には、未来のことまで考えて作られているわけではありません。
デュアルモニタで、横3200ピクセルにしてウェブブラウズすると、なんと見にくいことか。
いま現在、こんな環境でブラウズする人はいません。
が、3年後くらいには60インチディスプレイとかが普通のPC環境になっていて、横幅全角200文字がデフォルトになっていないとも限りません。


昔、ウェブサイトを作っていたとき、狙ったレイアウトにするため、テーブル構造を駆使していたことがありました。
文章の校正をするにも、テーブルの修正を伴い、非常に苦労した記憶があります。

そのとき、いっそのことPhotoShopでページを作成して、画面はJPEGのみ,リンクはクリッカブルマップにしたらどうだろう?
と思いました。
実際にやってみると、レイアウトの変更に伴い、クリッカブルマップの座標をすべて修正しなければならないという大変な作業で、すぐに挫折しました。


でもいまなら、PDFがあります。(MS対抗のXPSなんてのもありますね)
ユーザー画面をA4と決めうちして、PDFで表示。どうでしょう?

液晶ディスプレイのドットピッチがもう少し上がらないとつらい感じがしますが、Vistaで高解像度ディスプレイがサポートされたので(dpiスケーリング)、ディスプレイでPDFをみてても違和感がない時代がまもなくやってくるはずです。
(今現在は、600dpi以上で印刷しないと見るに堪えないですが)

ということで、
やっぱ断言します。3年後にはhtmlは消滅しています。
してるような気がします。
してたらいいなと思ったりしています。

WebページはすべてPDF。これだね。
しかし、これをやられると、PDFにパスワードなんか掛けられて、
印刷も保存も出来なくなるという危険も伴う。諸刃の剣。
素人には歓迎できない。



一冊の参考書との出会いがあなたの人生の隆盛を決めるかも知れない
この文章。わたしが高校生の時に古本屋で手に入れた参考書に書かれていたコピーですが、当時強い衝撃を受けた記憶があります。

focuslightsは”Cによるプログラミングスタイルブック”は、わたしの人生を変えた一冊であると認定します。

コメント

Secret

Re: 見るな

> 逝ってよし+.(・∀・).+♂

2012/3/4時点でも、htmlは現存していますね (笑
予想は、見事に外れてしまいました。 m(_ _)m

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。