スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブホテルの隣に住むのはやめたほうが良いと、引っ越す前の自分に教えたい

今住んでいるマンションの隣に、ラブホテルがあります。

引越し先選定の時に、ラブホテルの存在に気がついていました。
でも、別に子供が居るわけでもないので、関係ないかな。ということで気にしていませんでした。
(一応、夜に下見に来て、ネオンサインが眩しくないことは確認しました。)

が、実際に住んでみると、以外に気になる存在でして・・・・

引っ越す前の自分に、「ラブホテルの隣に住むのはやめておいたほうが良い」って教えてあげたいくらいです。


直接的な不利益はほとんどありません。
強いてあげると、2点。

1点目は、ときおり客引きにあうこと。
最近少なくなりましたが以前はよく、ホテルから少し離れた路上で、アジア系の女性から、「マッサージ、気持ちいいよー。本番どう?」と、声をかけられました。

こちらは、Tシャツにサンダル、右手にはコンビニ弁当という状況なのに、声をかけられてもなー。
と、いつも心の中でツッコミを入れつつ、無視して通りすぎていました。

2点目の不利益は警察の巡回が頻繁なこと。
どうやら、定期巡回コースになっているらしく、パトカーや、自転車に乗った警察官が頻繁に家の前を通ります。
通るだけなら良いのですが、ついでに職務質問していくんですよね。

免許証を見せれば、それ以上の質問は無いのですが・・・
出掛けに職務質問されると、ちょっと鬱になります。


問題なのは、そういった直接的な不利益ではなく、間接的なもの。
精神的ダメージと表現するといいすぎですが、なんというか、「心が動かされる」んですよね。


日々、ラブホテルの前を通って帰宅していると、いろいろな場面に出くわします。
特に目に付くのが、デリバリーヘルス嬢の出勤風景

引っ越したばかりのころ、女性二人がラブホテルに入っていくのをしばしば見かけて、「レズビアンかな?世も末だな」と思っていました。
実際には、デリヘルの2人同時出勤かで3人プレイだと思いますが、それに気がついたのは、しばらくしてからのことでした。

それ以外にも・・・
・ホテルの前でゲロをはいている女性
・車から降りるなり、リステリンでおくちクチュクチュ・ペッしてホテルに入っていく女性
・男性と別れてから、ダルそうに電話してる女性

などなど。いろいろな風景を見かけます。

一番イヤなのは、会社からの帰り道に、ホテルの前で客を待っている女性と目が合う時です。

一瞬、「この人が客???」という顔をされたあと、私が通り過ぎると、安堵のため息をついているように感じるのは被害妄想でしょうか。


デリ嬢には、「いかにも」という人もいれば、すごくスタイルの良い美人系の人もいれば、「なぜこんな人が?」というかわいい系の人もいます。
別にお近づきになりたいわけでも、お相手してほしい訳でも、ましてや同情している訳ではありません。

ただただ、ラブホテルの前を通るたびに、「心が動かされる」毎日です。

ラブホテルの隣に住むのはやめたほうが良いと、引っ越す前の自分に教えたいと思うfocusightsでした




追記

先日、会社帰りでホテル前を通りかかった時・・・
ホテル前で男女が別れて、女性だけが私の住んでいるマンションに帰っていくのを見かけました。
(尾行したわけではなく、女性が後からエレベータに乗り込んできました)

以前から派手な女性を見かけるなーと思っていたのですが、どうやらマンションの一室がデリヘル嬢の待機部屋になっているようです。

確かに、ホテルの隣のマンションに部屋を借りてしまえば、すぐ出勤できますね。
男性スタッフも、ドライバー兼用心棒としてホテル前に路駐して待たず済むので効率的ですよね。

ま、フロアが離れていて実害はなにもありませんが。

コメント

Secret

No title

マンションなら引っ越すことできるけど

新築戸建てなのに

ラブホ自宅玄関前に建てられたら

土地の価値も下がるし気の毒

おまけに自宅の玄関とラブホの入り口が向かい合わせ

最強!!!いや最凶じゃん!!!

空いている土地の隣近所に家を建てると

後から何が建つかわからないから恐怖だね~

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。