スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボランティア活動の税金

先日会社で、「震災ボランティア」の募集がありました。

本来ボランティアは自主的に参加すべきものと思います。
が、サラリーマンが会社を休んで参加するのは、なかなかハードルが高いのが現状です。

会社のボランティア支援制度に参加すると、上司公認で有給休暇を申請して出発できます。
その上で、往復の交通費と宿泊費まで支給してくれるという特典つき。

参加してみてもいいかな?と思い、募集要項を読んでみました。

留意事項一覧には・・
・活動期間中は有給休暇を申請し、休暇扱いとする
・会社負担で傷害保険に加入するが、怪我をした場合は自己責任とする(労災扱いにはならない)
・活動中は参加者同士の雑談を禁止する
・参加中の写真撮影(携帯電話での撮影を含む)を一切禁止する
・飲酒、喫煙(休憩時間を除く)を禁止する
・持参品および支給品以外の飲食を禁止する(現地での食料購入、被災者からの差し入れなど)
・夜間の外出を禁止する

など、事細かに決まりごとがありました。
その中で目を引いたのが、

・会社補助金(交通・宿泊費)は、所得・住民税及び社会保険料の対象とする

えええ?
ボランティア補助金は税金の対象?
控除されるんじゃないの?

補助金が税金の対象って・・・
政府は、こんなところからも税金を搾り取りたいのですね。

ボランティア補助金で、所得税の税率区分が上がってしまったりしたら、目も当てられませんね。

会社の支援を受けない、一般のボランティアの方は、すべて自己負担で参加しています。
そういう意味では、補助金が支給されるのは、幸せだと思います。
が、補助が税金対象という但し書きをみて、一瞬ひるんでしまいました。

応募者多数にて、抽選で落選したfocuslightsでした(笑

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。