スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国出張の準備と心構え(上海二泊三日)

2泊3日で上海に出張に行ってきました。

初めての中国で心配だったので、事前にネットでいろいろ調べたところ・・・
>トイレには紙が無いので、トイレットペーパーは常に携帯。芯を抜いておくとコンパクトになる。とか、
>ウエットテッシュを持参し、レストランの食器類はすべて拭いてから使うこと。とか、
>確実に下痢をするので、正露丸を持参すること。

などなど、ちょっと不安になるような報告がいっぱいありました。

が、実際に行ってみたところ、上記の記載は、現在の上海にはまったくそぐわないということが分かりました。
ということで、2011年の上海旅行のTIPSをまとめてみました。

●心構え
ネット上には、発展前(2005年以前)の中国情報がいろいろありますが、最近の中国には当てはまりません。
特に、万博以降の上海は、香港と同程度。日本の地方都市より、上ランクに位置すると感じました。
なお、香港と違い英語はまったく通じないので、旅行用の会話本などを持参したほうがよいと思います。

●両替、お金
レートは、中国内空港>羽田空港>大黒屋 (左がお得)
中国空港内の両替所は混んでいるので、時間が無ければ日本で済ませておいたほうが良いです。
羽田はセキュリティチェック後の搭乗カウンターそばで両替ができて便利。でも中国内より1円ほど損します。
2011年5月時点で、1万円=700人民元
2013年8月時点で、1万円=588人民元
人民元の表記は複数あります(yuan,¥,RMB,CNYなど)。 ¥といっても、日本円でないので注意。

ビジネス目的(お土産を買わない、高額決済はカード利用)場合、2泊3日なら500元あれば十分です。
以下、おおまかな物価を参考
・タクシー(初乗り): 10元
・タクシー(空港-市街地): 50-100元
・上海リニア(空港-町外れ): 40元
・上海地下鉄:2-6元
・ペットボトル飲料(空港):5元
・ペットボトル飲料(スーパー):2.4元
・スニッカーズ2個入り(コンビニ):5.4元
・ポッキー(コンビニ):8.5元
・ポッキー(スーパー):5元

●中国入国
外国人出入国申告書は、飛行機の中で配布されます(黄色の用紙)
通常の旅行者なら、「Visa No.」と「Place of Visa」以外の欄をすべて記入
入国時に右半分を回収。半券は出国時に提出。
入国審査は、何も質問されません。
パスポートと出入国カードを提示し、「ニーハオ」と行ってからカメラ(画面)を見ればOK
放射線チェックゲートがあるが、通りぬけるだけ

上海には、空港が2つあります
浦東(プードン)なら、リニアモーターカー(磁浮/Maglev)で龍陽路駅(地下鉄)まで。
虹橋(ホンチャン)なら、タクシーか地下鉄(10号線)で市街地まで。
リニアは飛行機のチケットを見せると割引。購入は片道でOK(往復を買っても意味なし)

●中国出国
出国時検査は、パスポート、出入国カード(半券)と航空券を出して、画面をみればOK。
出国時の保安検査は非常に厳しいです。
PC、電源アダプター、LANケーブル、ボールペン等はカバンの外に出したほうが良い
金属探知機は、ベルトのバックルも検知する感度に設定されています。


●地下鉄
駅の自動販売機で切符を購入。
自動販売機は英語メニューあり。
100元札は使用不可。(直前のリニアで、小銭を手に入れておく)
改札前に、カバンのセキュリティチェック(X線)あり。
自動改札機は、入札時は「タッチ」し、出札時は、切符挿入口に差し込む(切符は回収)。
ラッシュ時(朝・晩)は、東京の地下鉄並みに混雑します。大きな荷物がある場合、乗らないほうが良いです


●コンビニ、スーパー
・以前は100元お断りの場合があったそうですが、2011年では普通に使用可
・レジ袋はもらえません。(有料の場合があり、とあるスーパーでは0.2元)
・消費税(外税)はないので、商品の合計が支払額
・レジで話しかけられる場合①レジ袋が必要か?②小銭は無いか?の2種なので、とりあえず首を横に振ればOK
・リニアモータカーの空港駅を出たところにファミリーマートがあります。小銭の最終消費に超便利です。

●その他
電気コンセントは、たいていマルチタイプでA型(日本のコンセント)が使用可なので、コンセント変換器は不要でした
ウエットティッシュで食器を拭くべきというサイトもあったが、不要でした
トイレは鍵がかかる洋式ばかりでした
便座シートを持ち込みましたが、使用しませんでした
征露丸(下痢止め)は不要でした。(現地の人曰く、生水は飲んではならないとのこと。)
15日以内の滞在(観光・ビジネス)なら、ビザは不要です(営利目的の公演や、登山など特殊な入国を除く)
マクドナルドにはメニュー表がありません。商品を指さして注文することがでず、中国語が必須です

今度は観光で言ってみようと思ったfocuslightsでした。


2013年春に、再度上海を訪問しました。
2年前よりも、明らかに市民の生活レベルが向上していました。
追記として・・・
・上海内は、対日感情は特に悪くありませんでした。というか、みんな生活に余裕があり、他人に無関心な感じです。
・コンビニのペットボトル3.8元。空港内6~10元。
・夕食:200元
・浦東空港から市内までのタクシー:150~200元
・バーのカクテル100元。
訪問時点のレートは、1元17円(1万円で580元ほど)でした。
2泊3日だと、1万円だと少し足りない感じですが、2万円(1100元)あれば十分でした。

あと・・・
公衆トイレには紙が備え付けられていなので、トイレットペーパーは持ち歩いたほうが良いです。
日本から持参する必要はなく、現地で1回分の紙を調達して常に持ち歩くのがおすすめです。
さもないと、腹痛でトイレに飛び込んだあと・・・
手持ちの紙(ノートなどの普通紙)でおしりを拭く羽目になりますorz

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。