スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海江田万里経済産業相は「速やかにやらなければ処分する」って本当に言ったのか?

海江田経済産業相が、東京消防庁ハイパーレスキュー隊幹部に対して「速やかにやらなければ処分する」との圧力的発言を行ったと報道されています。

石原都知事、消防隊への圧力に抗議=原発放水「速やかにしないと処分」(jijicom)
東京都の石原慎太郎知事は21日午後、首相官邸で菅直人首相と会い、福島第1原発での放水作業をめぐり、政府関係者から東京消防庁ハイパーレスキュー隊幹部に対して「速やかにやらなければ処分する」との圧力的発言があったとして、抗議した。石原氏によると、首相は「陳謝します。大変申し訳ない」と述べた。
 石原氏は会談後、記者団に「現場の事情を無視して、(放水作業を)速やかにやれ(と指示があった)。やらなければ処分する、ということを上から言ってはいけない」と強調。さらに、「担当大臣か何か知らないが、恐らく上から来るのだろう。そんなばかなことを言ったら戦が戦にならない。絶対言わせないでください」と首相に申し入れたことを明らかにした。
 また、同隊が使用した放水車の連続放水能力は4時間が限度だったが、政府側の指示で7時間連続で放水したため、石原氏は「完全に壊れた」と説明した。
 一方、枝野幸男官房長官は同日午後の記者会見で「これから調査する」と述べるにとどめた。



東京都には、大規模災害に対応するための特別な消防部隊があります。
それが、ハイパーレスキュー(消防救助機動部隊)です。

東京都のハイパーレスキューには
・自然災害に対応する二、六、八方面消防援助機動部隊
・CBRNeに対応する第三消防方面本部消防救助機動部隊
(CBRNe:シーバーン、化学、生物、放射能、核、爆発物)

の、計4部隊があるようですが、今回の原発事故では、第三だけでなく、他の部隊も派遣されているようです。

東京消防庁 夜も放水行うか調整 (NHK)
福島第一原子力発電所の3号機を冷却するため、21日早朝まで連続放水に当たっていた東京消防庁は、夜も放水を行うかどうか調整を行っています。
東京消防庁は、20日の未明までに続き、20日夜から21日午前4時前まで、福島第一原発3号機の使用済み燃料を保管するプールに向けて6時間半の連続放水を行いました。東京消防庁は、ハイパーレスキュー隊など42の部隊のあわせて136人を派遣し、高い位置から放水する特殊な車両を使って任務に当たっていて、21日夜も放水を行うかどうか調整しています。


放水時の被爆線量を厳密にモニタリングし、安全域に保たれたとはいいますが、それはあくまでも結果論。
原発周辺の放射線量は大きく変動しており、一瞬にして、致死量の放射線を浴びる危険性がありました。

さらに、ハイパーレスキュー隊が担当した福島第1原発3号機はプルサーマル、すなわちプルトニウム
吸入したときの毒性(α線による内部被爆)はウランの比ではないとされています。

無事帰還したというだけでもニュースなのに、ハイパーレスキュー隊幹部に対して「速やかにやらなければ処分する」と発言した人がいるとのことです。

海江田万里経産相と報道されていますが・・・まさか。ね。
経産相といえば、東電と保安院の管轄。いわば責任者
さらに、経産相は、地方自治体の消防に対しては、何の権原も持ちません。
そもそも、人として、言ってはならないこと・・・・


本人は、発言を否定しているようですね。
海江田氏は、「言った、言わないということをここで言うべきではないと思う」と述べ、事実関係は明らかにしなかった。さらに「かなりの事実の混同がある」と加えた。


一部twitterでは、
>海江田が福島第一の5、6号炉を廃炉にしようとしたため、東電にハメられた。
という、陰謀論もあるようですが・・・・

発言が本当なら、辞任すべきではないかと、focuslightsは思います。




正確は発言はこんなところでしょうか?

福島原発の放水活動で東京消防報告。今後の教訓にしたいこと。(猪瀬直樹Blog)
・「俺たちの指示に従えないのなら、お前らやめさせてやる」の発言もあった。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。