スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3号機爆発って、東電はなぜ爆発を防げない?

2011/3/14 11:01に福島第一原発3号機が爆発しました。
2011/3/12 15:36の1号機に続いて2度目の原発の爆発です。

2度目の爆発?
企業に属する人間として、「爆発」はもっとも恥ずべき災害のひとつ。
どんな手を打ってでも、避けるのが普通じゃないですか?

爆発は、化学で予測することも、防止することも可能です。

水素であれば、爆発限界は、空気との混合で、4.1%-74.2%。

つまり、水素濃度を4.1%以下にすれば良いだけです。
排気するなり、不活性ガス(N2/He)を充満すればよいだけです。

さらに、今回は2度めの爆発。
ある程度予見できていたであろうし、前回の爆発の経験もあったはずです。

それなのに、なぜ防げなかったか?

理由の一つとして、放射性物質の排出を躊躇したのでは?と想像します。

手をこまねいている間に爆発したのだとすると、東電/保安院の管理体制に不信感を抱きます。

私は原子力推進派なので、今回の事故はとても残念に思います。
今回の爆発により、日本の原子力の信頼性が大きく後退したことを残念に思います。

東電は原子力発電から手を引き、専門家に任せたほうがよいのでは?とfocuslightsは思います。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。