スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本寺に行ってきた(鋸山 おすすめルート)

日本寺(にほんじ)に行ってきました。
千葉県金谷(安房郡鋸南町)にある曹洞宗の寺院。というより、仏像群ですね。

きっかけは、Top Gear。

TopGearとは、英国のお笑いクルマ番組なのですが、そこで日産のGT-Rの紹介をしました。
なんと、列車とGT-Rでレースをしていたのですが、そのゴール地点が、日本寺になっていました。

ニコニコ動画[字幕] Top Gear - GT-Rと新幹線 (1/2) (2/2)

で、岩壁に掘られた、かなり巨大な観音像が紹介されていて、ちょっと気になって、行ってきました。



車を使わずに、日本寺を参拝するのには、大きく3つのルートがあります。
① 浜金谷(JR内房線/フェリー)から鋸山(新)登山道を利用
② 浜金谷から、鋸山ロープウエイを利用
③ 保田(JR内房線)から表参道を利用

ダイエットを兼ねて登山道を利用しても良かったのですが、最も楽なルートとして、②で入って、③で帰るルートを選びました。


Sample
(マウスオーバーで、ルートを表示します。)

制覇するのに2日はかかるといわれる日本寺を以下の最短ルートで半日で制覇してきました。


1.久里浜からフェリーで金谷港
内房線で浜金谷駅でも良かったのですが、船に乗ってみたかったので、久里浜経由にしました。
船を下りて、国道を館山方面に10分ほど歩くと、ロープウエイ乗り場がみつかります。


2.鋸山山麓駅から、ロープウエイ(500円)
山麓駅のトイレが綺麗なので、ここでお手洗いを済ませることをお勧めします。
ロープウエイは、朝九時から15分間隔で運行しています。
往復切符と片道切符があり、往復だととてもお得なのですが・・・・片道にするほうをお勧めします。
往復切符を買うと、乗車時に記念写真を強制的に撮られて、復路で買わされる(薦められる)ようです。
が、片道切符なら、写真撮影は省略されます。
あと、ロープウエイは、先頭(山側)よりは、後ろ(谷側)のほうが景色が良くてお勧めです。


3.鋸山山頂駅から日本寺西口管理所で入園(この時点で9:40)
山頂駅の屋上は展望台になっていて、東京から館山まで見渡せます。
周辺には、鋸山の山頂標識(329m)があります。
山頂駅からに西口管理所(日本寺入り口)は急な石段なので、ヒールの高い靴だと転落死しかねない道です。
入園料は600円でした。
園内の見取り図をもらえるので、捨てずに取っておいたほうが良いと思います。


4.階段を上って十州一覧台へ(9:54)
階段を上ったその先には、日本寺とはあまり関係のなさそうな「世界救世教」の石碑があります。
金谷港がみわたせますが・・・
それだけなのでスキップしてもよいのですが、日本寺完全制覇というためには訪れておく必要があります。


5. 管理所に戻ってから、百尺観音へ(10:05)
TopGearのゴールになっていた場所で、石切り場の岩壁に彫られた観音像です。
日本寺_百尺観音
昭和41年の完成ということで、それほど歴史のあるものでは無いようですが・・・
周囲が岩壁で囲まれており、いい雰囲気でした。

以前の参拝者(明大生?)のイタズラが痛々しく感じました。
日本寺_いたずら


6. 階段を上って山頂展望台へ (10:21)
日本寺見所その二の「地獄のぞき」があります。
日本寺_地獄のぞき
手前に、斜度45度の急坂があります(手すりはあります)。
ここもスニーカーかトレッキングシューズでないと、進むことは不可能です。
先ほどの百尺観音を上から見下ろせるので記念撮影に良いかも。


7. 階段を下りつつ、羅漢エリアの仏像群 (10:49)
山頂からは、大仏直行ルートがありますが、右折して、千五百羅漢道へ。
山道沿いに、百躰観音や西国観音など、大量のお地蔵様群があります。
頭の無いお地蔵様や、首が一度取れたのを継いだお地蔵様がいっぱいあって・・・
ちょっとシュールでもあります。


8. 大仏口管理所から大仏前参道を通って大仏広場へ(11:05)
日本寺見所その3の、日本寺大仏(31.05m)があります。
岩に彫られた大型大仏で、見ごたえがあります。
周りには手洗い場やベンチがあり、休憩するのに最適です。


9. 中腹エリアの建築物を見ながら表参道管理所(出口)へ(11:19)
大仏から出口までの間に大黒堂、薬師本殿 医王殿、源氏不動など、大小の見学スポットがあります。
国指定重要文化財の日本寺鐘は外せないところですが・・・・
必ず見学すべきものに、「頼朝蘇鉄」があります。
なんと、源頼朝が再起を願って、自らの手で植えたとされるソテツ!
ここまで、大量の仏像・地蔵を見て神々しい気持ちになっていたのが全て吹っ飛びます(笑


10. 表参道管理所(出口)から表参道を通って、保田駅へ
出口を出たところに、最高の見学ポイントがあります。
それは・・・弘法井!
日本寺_弘法井
弘法大師が、自ら掘ったとされ、千年立ってもいまだ水が絶えないそうです(笑
何かいわれがあるのでしょうが、信憑性が無さ過ぎて笑ってしまいました。


気をつけることとして、
・とにかく歩きやすい靴で行くこと
・小学生以下の子供を連れて行かないこと(無理)
・夏場を避けること
・飲み物、おやつを持参すること(コンビニなどは無い)

一度は訪れる価値があると思ったfocuslightsでした。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。