スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マラソンに、「ペースメーカー」が居るって知り、ちょっと驚いた

福岡マラソンの翌日の2010年12月6日に、ちょっと目を引くニュースがありました。
ペースメーカー速過ぎ、追えたのは1人 福岡マラソン(5日、福岡国際マラソン)(asahi.com)
 ペースメーカーのキプタヌイ(ケニア)が契約違反の「快走」でレースを動かした。
 15キロ過ぎにペースを急激に上げて飛び出し、20キロまでの5キロは14分15秒。追ったのは優勝したガリブひとりだけで、30キロで制止されるまで独走した。
 レースの担当者は1キロ3分のペースを設定し、遅れても1キロごとのペースは設定以上にしないよう指示。ところが走り終えたキプタヌイは「スタートラインで、後ろの選手から2時間5分で走りたいと言われた。15キロ地点で遅いと思い、自分の判断でペースを上げた」と話した。

 マラソンで2時間5分台の記録を持つ実力者で、打ち合わせで「完走させて欲しい」と願い出ていたという。担当者は「指示を守って30キロまで走る契約だった」と説明。日本陸連の沢木啓祐専務理事は「ペースメーカーが役割を果たさず、波乱も起きたと思う」と話した。


記事のタイトルを見たとき、心臓のペースメーカーかと思いました。
マラソンには、「ペースメーカー」が居るのですね。

ペースメーカー (陸上競技) (Wikipedia)
陸上競技の中距離走、長距離走、特にマラソン競技でみられるペースメーカーとは高水準かつ均等なペースでレースや特定の選手を引っ張る役目の走者のこと。ラビットと呼ばれることもある。
ペースメーカーを導入することによりレース序盤に選手間の駆け引きがなくなり高記録が期待できる(最先頭を走る競技者の負担が減る)。また選手の風除けの役割も果たす
近年の陸上競技の商業化から話題づくりのため高記録が求められ、陰に陽にペースメーカーが用いられるようになった。主催者と契約したペースメーカーは一般参加者とは区別され、招待選手等と一緒に扱われることもある(エントリーやスタート位置など)。契約によって、ペースメーカーの役割を終えた後、走り続けて完走してよい場合と完走が許されない場合がある。前者の場合、自他の調子やレース展開によってはペースメーカーが自ら優勝しても構わない。また、ペースメーカーが特別のナンバーカードなどをつけて選手と区別される場合と共通のゼッケンをつけて一般選手と区別がつかない場合とがある。参加者個人同士の同意や契約でペースメーカーを担うこともある。
(中略)
日本ではペースメーカーの存在はマラソンのテレビ中継等では半ば触れるのはタブー視されていた時期もあり嘗ては棄権したペースメーカーに対しアナウンサーが逢えてアクシデントであるかのごとき実況をする事もあったが、2003年12月7日に行われた福岡国際マラソンで日本陸連がレースでペースメーカーを使うことを初めて公表し、中継で触れる事が可能になった。
(中略)
高橋尚子がベルリンマラソンで当時の世界記録を達成した際は複数の男性走者(ガードランナー及びペースメーカ)に囲まれて併走する姿が報じられた。
オリンピックや世界選手権では国ごとに出場選手の枠が決められるため、ペースメーカーは用いられない。


お金を貰って、先頭集団の風よけをする選手ということでしょうか。
スポーツにエンターテイメントが求められる現代では、しかたがないことかもしれません。

「15キロ地点で遅いと思い、自分の判断でペースを上げた」なんていっているDQNにはお金を支払うべきでは無いと思います。



キプタヌイは、
>打ち合わせで「完走させて欲しい」と願い出ていたという。

つまり、お金を得るためにペースメーカーを引き受けただけで、本当は普通に走りたかったのでしょう。

スポンサー付きのセミプロ選手は自分用の風よけ選手を雇い、お金が無いランナーは風よけ契約をする。
スポーツのあるべき姿からは遠い気がします。

いっそのこと、ペースメーカーは、白バイに乗った警察官。
それも、風よけの役割も果たすため、後部に大きな風よけフードをつけたバイクというのはいかがでしょうか。

そういえば、箱根駅伝では、先頭集団のすぐ前に読売新聞の中継用バンが走っていますよね。
あれって、風よけ?と、毎年疑いの目で見ているfocuslightsでした。

コメント

Secret

プロフィール

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/03 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。