スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BPのトニーヘイワードCEOが休日にヨットレースに出ると、米国人も怒るんだ。と思った。

BPのヘイワードCEOが近く辞任するとのニュースがありました。
失言と、マスコミ対応の不手際が目立ったCEO。
原油流出が止まった時点での退任は既定路線でした。
BPのヘイワードCEO、近く辞任か 英メディア報道 【ロンドン=石井一乗】
複数の英メディアは25日、英石油大手BPのトニー・ヘイワード最高経営責任者(CEO)が近く辞任を発表する方向で調整に入ったと報じた。米メキシコ湾で起きた原油流出事故の責任を問う声や、その後の対応を巡る批判が強まっていた。
 サンデー・テレグラフ紙は、同CEOが辞任について最終調整中と報じた。一方、英BBC放送は、同CEOの辞任が26日にも発表される可能性があると報じた。BPは27日に四半期決算の発表を予定している。
 同CEOに対しては、6月に米公聴会に出席した後で英国でのヨットレースに駆けつけるなど、事故後の対応を巡る批判が強まっており、「いずれ辞任は避けられない」との見方が出ていた。(日本経済新聞)

トニーヘイワードがCEOとして不適任との印象を決定付けたのが、米公聴会翌々日のヨットレース出場でした。
BPトップ、公聴会2日後にヨットレース(2010.6.20 20:52)【ロンドン=木村正人】
米メキシコ湾の原油流出事故で対策を指揮しながら問題発言を連発してきた英メジャーBPのトニー・ヘイワード最高経営責任者(CEO)が、英南部沖のヨットレースの会場を訪れていたことがわかり、オバマ米政権や被害住民を再び激怒させている
 17日の米下院公聴会で原油の噴出原因を説明できずに下院議員の反発を買ったヘイワード氏は19日、息子と英南部ワイト島沖のヨットレース大会を訪れ、同氏が所有する27万ドル(約2400万円)の豪華ヨット「ボブ号」がレースに参加した。
 BP側は「4月20日の事故発生以来、ヘイワード氏が取った初の休日」と弁護したが、米国の被害住民からは「私たちの海は原油まみれだ」との声が上がっており、オバマ政権高官も「本人の言葉通り、生活を取り戻したのだろう」と怒りをぶちまけた。(sankei.jp)

原油の流出が続く中、ヨットに興じるとは何事だ。と日本人なら、思うでしょう。
日本のマスコミが、大騒ぎしてつるし上げるのは分かります。

でも、今回怒っているのは、米国マスコミと米国人。
てっきり、欧米人なら、休日と家族を大事にするため、ヨットレースに参加しても気にしないものだと思っていました。

今回の事件で、「ああ、米国人も、こういう道義的な責任を負わせたりするんだ」と思った次第。


そもそも、このヘイワードさん。
米議会の調査では、ディープウオーターホラインズンに関与した証拠が一切見つからなかったそうです。
BPのCEOにとって、掘削中の油井など些細なことに過ぎないのでしょう。
マスコミ登場直後に、当事者意識の欠けた発言を繰り返していたのも頷けます。

ある意味、被害者。
生涯賃金や退職金を考慮すると、トニーヘイワードCEOは、世界で最も被害額の大きい個人かもしれません


個人的に、いけ好かなく思っているのが、オバマ大統領の対応。
事故から2週間も経ってから現地入りしておいて、演説で「BP!BP!」とBPの責任を強調する演説をしていました。
あたかも自分には責任がないと主張しているようで無様だったとfocuslightsは感じました。




BPのサイトで、トニーヘイワードCEOの経歴を見つけたので転載しておきます。
BPの現最高経営責任者ブラウン卿の後継について
A・B・ヘイワード (Dr A. B. HAYWARD)
トニー・ヘイワードは2003年にBPの中央取締役会メンバーに任命され、BPの探鉱・開発、生産部門の最高経営責任者として、グループのアセットおよび原油の発掘・生産関連業務を担当。 1982年にBPに入社。ロンドン、アバディーン、フランス、中国、グラスゴーのBPエクスプロレーションで技術職や営業に携わったのち、1992年に探鉱部長としてコロンビアに赴任。1995年にはベネズエラのBPグループ社長に就任。 1997年、BPの探鉱・開発、生産部門担当重役としてロンドンに戻り、BPとアモコの合併後、1999年にグループ・バイス・プレジデント、および上流部門の経営委員に就任。2000年にはグループ最高財務責任者に任命され、グループ全体の財務運営、企業金融、合併、買収などを担当。2002年にはエグゼクティブ・バイス・プレジデントに任命され、同年終わりには探鉱・生産部門の最高業務責任者に就任。 現在、コーラス・グループ(Corus Group)の社外取締役を務め、2005年9月には英国公認経営協会のコンパニオンに任命された。また、2000年から2003年までシティバンク顧問団のメンバーも務めた。 1957年生まれ。既婚で子供が2人。熱心なスポーツマンで、ヨットとトライアスロンを嗜み、サッカー、ラグビー、クリケットは観戦を楽しむ。 (bp.com)


コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。