スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪市立大は、大学院生のアクリルアミド服毒自殺で陳謝すべきではない。と思った

大阪市立大学の大学生が研究室の試薬を持ち出して服薬自殺したそうです。
大学は、「管理が不適切だった」と陳謝したそうですが・・・
研究室の劇物飲み大学院生自殺 大阪市立大 (2010.6.23 21:43)
大阪市立大大学院理学研究科に所属していた女子学生(23)が、研究室にあった劇物指定の化学薬品「アクリルアミド」の水溶液を持ち出し、服毒自殺していたことが23日、わかった。大学側が発表した。水溶液を保管していた冷蔵庫には鍵がなく、大阪市大は「管理が不適切だった」と陳謝した
 発表によると、アクリルアミドはタンパク質の質量分析を行うための試薬。女子学生は今月4日、研究室で1瓶300ミリリットルの水溶液を2瓶作り、鍵のない薬品保管用の冷蔵庫に入れた。その後、1瓶を持ち出して20日に市内の下宿先で飲み、自ら119番して救急搬送され、翌日死亡した。
 厚生労働省通知では、劇物指定の薬物は鍵をかけて保管するよう定められている。研究室では、アクリルアミドの粉末は鍵付きロッカーに保管していたが、試薬の水溶液は冷蔵庫に入れていたという。(msn産経)

大学からの発表がこちらにあります(PDF)
大阪市立大学理学研究科 研究室保管庫の試薬品の持ち出しについて
大阪市立大学理学研究科に所属する学生が、所属している研究室の保管庫にあるアクリルアミドの水溶液を持ち出し、このことが死亡事故につながりました。大学といたしましては、今後、大学の研究室の毒物・劇物管理に関して究明を図ってまいります。
① 試薬の種類
アクリルアミド 劇物指定化学物質
N, N’-メチレンビスアクリルアミド 通常化学物質
② その試薬の通常の管理体制と取扱方法
この試薬は蛋白質分析のための電気泳動のゲルを作製する試薬であり、研究室内で常時使用する試薬の一つである。それぞれポリ容器に入れられた500グラム粉末状の試薬および褐色びんに入った25グラムの粉末状の試薬として購入し、鍵のかかるロッカーに保存している。使用に際しては教員あるいは教員の指導のもとにアクリルアミド29%、1%メチレンビスアクリルアミド水溶液を作製し、研究室のメンバーの共通の試薬として冷蔵庫の目立たない場所にしゃ光保存している。この試薬の毒性については学生に徹底して知らしめている。実験室はラボメンバーが席を外す際には鍵をかけるようにしてあり、部外者が試薬を持ち出すことはできないように管理しています。

電気泳動用(PAGE)の30%水溶液。
水溶液って、劇物指定だったかな・・・と疑問に思ったので、該当条文を検索してみました。
毒物及び劇物指定令(昭和四十年一月四日政令第二号)
(劇物)
第二条  法別表第二第九十四号の規定に基づき、次に掲げる物を劇物に指定する。ただし、毒物であるものを除く。
一  無機亜鉛塩類。ただし、次に掲げるものを除く。
イ 炭酸亜鉛
ロ 雷酸亜鉛
ハ 六水酸化錫亜鉛
一の二  亜塩素酸ナトリウム及びこれを含有する製剤。ただし、亜塩素酸ナトリウム二五%以下を含有するもの及び爆発薬を除く。
一の三  アクリルアミド及びこれを含有する製剤
(後略)


確かに水溶液も劇物ですね。
でも所詮、29%水溶液。
一体どのくらい飲めば致死量に達するか計算してみたところ・・・

環境省の資料(PDF)によると、マウスLD50 170 mg / kg
29%水溶液、体重50kgとすると、半数致死量は29.3 mL(ヒトとマウスの種差は無視)。

結構な量ですね。飲むのは大変そうです。
大学の研究室なら、もっと効率のよい物質(少量で、苦しまずに、確実に死ねる)が他にもあるであろうに、なぜアクリルアミド?という感じです。
むしろ、この程度の毒性で劇物指定して、施錠保管しろとは、国もご無体な法律を作るものです。

PAGEは生物系の研究室では普通に行われている作業。
劇物指定することによって、日本の生化学の発展をどれほど阻害しているかを、役人は知らないのでしょう。

そもそも理学研究科の大学院生ということは、「毒物及び劇物取締法」で定められた「毒物劇物取扱責任者」であったと想定されます。
(応用化学に関する学課を修了した者に相当)

今回、水溶液は鍵をかけずに保管しておいたとのことですが、もしも鍵付きであっても、取扱い責任者なら、鍵を開けられて当然。
なので、鍵をかけても意味がありません。

今回の自殺を受けて、大阪市大は「管理が不適切だった」と陳謝したそうですが、取扱責任者の不手際に大学が陳謝する必要は無い。と思います。


劇物の取扱いに問題はないとしても、在学生の自殺に対して大学は真摯に対応する必要があると思います。
就職、研究の進捗、研究室の人間関係・・・・修士2年生は悩み多き年頃です。
もしも学生を追い詰めるような背景があったとしたら、その解決をfocuslightsは切に願います。

日本中の修士二年生に、研究に集中できる安寧の日々がもたらされますように

コメント

Secret

No title

なるほど。

化学系の会社で粉末で20kg単位で扱ってるので、そんな量くらい・・・って思いましたが、味のことは考えたことありませんでした(笑)

どうも失礼しました。

Re: No title

> 計算し直しました。29.3 mlでしたね。失礼しました。
> ですが、ヤクルトで80 mlなら飲むのはたやすいことかと思いますが・・・?

そうですね (笑

アクリルアミドを飲んだことはありませんが、この手のアクリル系化合物はトンデモなくマズイので・・・
普通の人なら1mLでも口に入れた瞬間嘔吐するんじゃないかと思います

No title

計算し直しました。29.3 mlでしたね。失礼しました。
ですが、ヤクルトで80 mlなら飲むのはたやすいことかと思いますが・・・?

No title

あの~、体重50キロの人で29.3Lじゃないんでしょうか?
プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。