スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大分県豊後大野市が宮崎県民を締め出したのは正しいと思う

大分県豊後大野市が、宮崎県内の団体が市内の公共施設を利用することを制限する方針を決めたそうです。
過剰な反応という批判もあるようですが、わたしは正しい措置だと思います。

大分 宮崎の団体の利用制限も (6月17日 12時31分)
家畜の伝染病「口てい疫」の感染を防ぎたいとして、宮崎県と隣接する大分県豊後大野市は、感染が確認された宮崎県内の一部の地域の団体が市内の公共施設を利用することを制限する方針を決めました。

341戸の畜産農家がある大分県豊後大野市は、口てい疫の感染を防ぎたいとして、16日、市が管理する野球場や公民館などおよそ100の施設について「口てい疫の発生地域からの団体の利用を状況に応じて制限する場合もある」とする方針を決めました。市は、この方針に基づいて、宮崎県の11の市と町の団体から利用の申し込みがあった場合、人数や車の数、それに宿泊の予定などを聞いたうえで利用を認めるかどうかを判断するとしています。豊後大野市では、すでに16日、宮崎県内の感染が確認されている地域のチームも参加する野球大会について、野球場の提供を断っています。豊後大野市は「宮崎県からの観光客も多く、畜産農家の不安が強い。宮崎の人たちの気持ちにも配慮しながら、感染を防ぐため、万全の対策を取っていきたい」と話しています。一方、宮崎県の河野俊嗣副知事は「とても驚いているし、宮崎県民の心情を考えるときわめて残念なことだ。引き続き消毒作業などを徹底して行って、口てい疫の問題の一日も早い終息を図りたい」と話しています。大分県豊後大野市が公共施設の利用制限の方針を決めたことについて、市内のスーパーに買い物に来ていた女性は「そこまでしないといけないのかなあと思います」と話しました。その一方で以前、牛を飼っていたという女性は「口てい疫が広がらないようにするためにはしょうがないんじゃないでしょうか。やむをえないと思います」と話していました。宮崎県庁に置かれている政府の現地対策本部の本部長を務める篠原農林水産副大臣は「事実関係は詳細に把握していないが、事実であるとすれば、風評被害の典型的な例で、行きすぎだ」と述べました。(NHK)

宮崎から他県に飛び火しているのだから、風評被害じゃないでしょう。
この副大臣。自体の重大さがわかっていなのでしょうか。

2010年3月に口蹄疫のが発生してから、いまは6月半ば。
いまだに封じ込めはおろか、新たな感染起こっている始末。
宮崎県のほとんどの市町が感染地帯になっています。

宮崎県知事は、がんばっているのでしょうが、結果が伴っていません。
もう、県ごと封鎖するしか、術はないのではないかと思われてもしょうがない状態です。

農水省は、「口蹄疫は人に感染することはありません。」と国民に嘘情報を流しています。
が、口蹄疫は人獣共通感染症であることは教科書にも書いてあることです。
ヒトの場合、獣ほど重篤化することは無く、命にかかわる感染症でないことは事実です。
が、ヒトの中でもウイルスは増殖し、キャリアとなって口蹄疫を広げる可能性が指摘されています。(Wikipedia)

「宮崎県の人間に遊びに来てもらいたくない。」
畜産で生計を立てている人の正直な気持ちであろうと思います。

>一方、国原英夫宮崎県知事は17日、豊後大野市の対応について「徹底的な消毒をしていれば安心なので、過剰な反応は慎んでもらいたい」と批判した。 (スポニチ)

なんて無責任な発言でしょうか。
東が言うところの「徹底的な消毒」で、どれほどの被害が出ているのか、理解できていないのでしょうか。


今回の口蹄疫問題は、民主党政権の放置政策(非民主党系自治体への制裁)がまねいたことは確かですが、宮崎県民は被害者でなく、加害者であることを理解すべきだと思います。



現時点では、公式の発生日は2010年4月とされる場合が多いようですが、一例目は2010年3月のようです。
(googleで"安愚楽 口蹄疫"と検索するとたくさんヒットします。)

すでに直接的な被害が膨大な額となっている今、手段を選んでいる場合か?とfocuslightsは思います。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。