スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000の感想

みなさんキーボードにこだわったりしますか?わたしは・・・

わたしは、つい最近まで、COMPAQのキーボード(PS2仕様)を使っていました。(おそらく20世紀末の製品)
そういう意味では、こだわり派かもしれませんが、文筆業の方が絶賛されるような高級キーボードには全く興味がありませんでした。

が、以前このサイトでも触れたコデラさん(小寺信良さん)がItmediaで
エルゴノミックキーボードにヤラレる 
という記事を書かれていました。(2006/1/30)

これが、某齋藤さんの記事ならば、”ふざけてるんじゃねーヨ”と一笑するところですが、コデラさんなら”ほー、コデラさんが言うなら、ちょっとためしてみっか”という気になります。
(某齋藤さんの記事を見ても、欲しくなかった商品が欲しくなると言うことは有りませんが、買おうかどうか迷っているときに、最後の一押しをすることがあって、物欲モードに入っているときは危険です。)

ま、5000円ならいいかな、ということで購入したMicrosoft Natural Ergonomic Keyboard 4000
意外に良かったので紹介。

何がいいかというとその感触。
最大の特徴が、中央部で分割されて、山形になっているその形状。そして、感触のよいパームリフト。
これと、キータッチがややぺこぺこした感じを合わせると、
なんだか、直径1メートルくらいのビーチボールの上に手を置いている
ような錯覚を覚えます。こういう感覚は初めてです。
机の上に置いて、いすの高さをちゃんと合わせないとダメ。ショップの見本台では感じられないと思います。
5000円ならいいやというヒトはお試しあれ。

そのほか、カスタマイズ可能な5ボタン、テンキーの上の =,(,),BSの4ボタンも計算に便利などの特徴あり。

ここまでが前振り。さて欠点を列挙させていただくと・・

①CTRLがやや小さい
②ドライバーが不親切で、かゆいところに届かない。
CapsLockあたりをCTRLに割り当てられると便利なのに、MSドライバーではできない。
③スペースバーが押す場所によって重さが違う(やや重い)
④”変換”ボタンが小さい
わたしは、ATOK(IME)のオン/オフに”変換”/”無変換”を割り当てていて、変換キーを多用するのですが、変換キーがとても小さいので、慣れるまでは狙いを外しまくった。
⑤中央のズームレバーが無意味
文字の大きさを変えられるズームバーがあるが、Office/IEあたりしか機能せず、使う機会がない。スクロールとかに割り当てられればよいのに、ドライバーが不親切で・・・
(マウスと機能がバッティングするのを避けているのかも)
⑥USBキーボードなのに、ハブ機能が無い

でも、ま、ここまでの欠点は慣れの問題。導入を見送るとしたら以下の2点でしょう

常軌を逸したその形状
分割されたキートップ。中央部の盛り上がり。パームレストではなく、パームリフト。黒光りするボディ。
同じ黒光りでも、Bambooは落ち着いている感じでしたが、Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000はちょっと違います。
キーボードが
”私毒あんのよ、普通じゃないのヨ、あんたらとちがうのヨ”
と全身で主張しています。(カイエン様のお言葉)
最初、オフィスで使用していましたが、見る人すべてに、一体それなに?と聞かれるので、自宅使用にしました (泣

そして、最大の欠点
デカイ
公称26*51 cmとなっていますが、そのほか、手を置く領域も必要です。
だいたい、机の上に、A3の紙を置いて、あと+テンキー分だけの面積というのが目安です。(マウス分の面積も必要)

Microsoft Natural Ergonomic Keyboard 4000

机が散らかっている人でも、キーボードは一度おいてしまえば勝ち。

最近なんだか、メールを書くのが仕事みたいだなァと思っている人は、試す価値ありと思います。

focuslightsはMicrosoftのハードウエア部門を応援しています。オフィス部門は消えてしまえ。とおもってますけど。



コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。