スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DPI(パケット盗聴)を検討するNECビッグローブ,OCN,Nifty,ソネットと総務省

総務省でDPI(ディープ・パケット・インスペクション)の導入指針が検討されているそうです。
議論されること自体が信じられないことですが・・・
一部のプロバイダでは、導入に賛成意見を述べたり、導入の検討を行っているそうな。(NECビッグローブ、OCN、Nifty、ソネット)
「ネット全履歴もとに広告」総務省容認 課題は流出対策
インターネットでどんなサイトを閲覧したかがすべて記録される。初めて訪れたサイトなのに「あなたにはこんな商品がおすすめ」と宣伝される――。そんなことを可能にする技術の利用に、総務省がゴーサインを出した。ネット接続業者(プロバイダー)側で、情報を丸ごと読み取る技術を広告に使う手法だ。だが、個人の行動記録が丸裸にされて本人の思わぬ形で流出してしまう危険もある。業者は今後、流出を防ぐ指針作りに入る。

 この技術は「ディープ・パケット・インスペクション(DPI)」。プロバイダーのコンピューター(サーバー)に専用の機械を接続し、利用者がサーバーとの間でやりとりする情報を読み取る。どんなサイトを閲覧し、何を買ったか、どんな言葉で検索をかけたかといった情報を分析し、利用者の趣味や志向に応じた広告を配信する。
 DPIは従来技術に比べてより多くのデータを集められるため、こうした「行動ターゲティング広告」に利用すると広告効果がさらに上がると期待されている。

 だが、情報を突き合わせれば、他人に知られたくない持病やコンプレックスなどが特定される恐れがある。技術的にはメールの盗み読みもでき、憲法が保障する「通信の秘密」の侵害にもつながりかねない。こうした点から、米国と英国では業者による利用が問題化し、いずれも実用化に至っていない。
 DPIは現在、一部のネット利用者が「ウィニー」などのファイル交換ソフトで通信を繰り返し、サーバーに負荷がかかって他の利用者に迷惑をかけるのを防ぐのに使われている。総務省もこの監視目的での利用は認めてきたが、業者側から新たに広告利用を要望され、昨年4月に作った識者による研究会の中に作業部会を設けて検討してきた。

 その結果、導入を認めたうえで、ネット業界に対し、(1)情報の収集方法と用途を利用者にあらかじめ説明する(2)利用者が拒否すれば収集を停止する(3)情報が外部に漏れるのを防ぐ――など6項目を求める「提言」をまとめて26日に公表した。総務省消費者行政課は、こうした情報収集の技術は発展途上にあり今後どう変わるか未知数のため、「あまり縛らず、緩やかな原則にした」としている。

 DPIの導入を検討している大手プロバイダー、NECビッグローブの飯塚久夫社長は「個人の特定につながらないよう、集めた情報はいつまでも保存せず、一定期間が過ぎたら捨てる。(プライバシーの侵害目的だと)誤解されたら全部アウト。業界で自主規制が必要だ」と話す。

 一方、新潟大の鈴木正朝教授(情報法)は「DPIは平たく言えば盗聴器。大手の業者には総務省の目が届いても、無数にある小規模業者の監視は難しい。利用者が他人に知られたくない情報が勝手に読み取られ、転売されるかもしれない。業者がうそをつくことを前提にした制度設計が必要だ」と話す。
 作業部会に参加した一人は「総務省の事務方は積極的だったが、参加者の間では慎重論がかなり強かった。ただ、『利用者の合意があれば良いのでは』という意見に反対する法的根拠が見つからなかった」と話している。(小宮山亮磨) (asahi.com)


「DPIは平たく言えば盗聴器。」というのは正解で、インターネット上での行動をすべて盗聴記録する装置です。
いままでもクッキーを使って近いことが行われていましたが、クッキーはアクセス先サーバーが収集するもので、その収集範囲が限定されていました。
楽天で検索した結果がアマゾンに伝わることは無かったし、yahooの検索結果からgmailに広告が配信されるということもありませんでした。
クッキーをクリアしたり、ブラウザのプライベートブラウジングモードなどでコントロールすることもできました。

がDPIはそうはいきません。
インターネットの入り口であるISPで盗聴、記録します。
ユーザーに対抗策はあまりありません。


収集した情報を何に使用するのか?
ターゲティング広告はその一例ですが、もっとも有効活用できるのは犯罪捜査です。

最近、犯罪を犯した医師のパソコンの検索履歴が報道されたケースがあります。

ネットで「流産」調べた跡 不同意堕胎容疑の医師
36歳の医師が不同意堕胎の疑いで逮捕された事件で、この医師が、妊娠を告げられた直後、インターネットで人工中絶や流産に関する情報を繰り返し調べていた形跡が残っていたことが分かりました。

 警視庁によると、小林達之助容疑者は、2008年の12月30日に交際相手の女性から妊娠を告げられました。その後の警視庁への取材で、その日の夜から、大晦日の午前にかけて小林容疑者のパソコンに、人工中絶や流産に関する情報を繰り返し調べた形跡が残っていたことが、新たに分かりました。小林容疑者はその後、大晦日の午後と元日に勤務する病院から子宮収縮剤を不正に持ち出しています。警視庁の調べに対し、小林容疑者は「別の女性との結婚が迫っていたので、流産させようと思った」と供述しています。警視庁は、小林容疑者が女性を早く流産させるために、急いでネットで知識を得たとみて調べています。(tv-asahi.co.jp)


上記のケースでは押収したパソコンから、「人工中絶」や「流産」に関して検索履歴が見つかったのがニュースになっていましたが、DPIが導入されればパソコンの押収は不要になります。
というか、通信業者は警察への情報提供に積極的なので、照会があればすぐに提供するでしょう。




この世には、そんなDPIを推進しようとするインターネットプロバイダがあります。
上記朝日新聞には、

>DPIの導入を検討している大手プロバイダー、NECビッグローブ

ほかにも、総務省の研究会意見書に、ソネット、NiftyとOCNの名前が挙がっています。

DPI などの個別のログ取得手法にはプライバシー保護や通信の秘密などの課題はあるが、提言案に示されたよう
な配慮原則に基づき、利用者の十分な理解の下に進めれば問題はないだろうと考える。
(法人1:ソネットエンタテイメント株式会社)

ディープ・パケット・インスペクション技術の活用は、「行動ターゲティング広告」という新たなビジネスの可能性があ
り、通信の秘密の保護、個人情報の保護及びプライバシーの保護に関する課題など提言案にある配慮を考慮しながら、利用者に十分な理解を求めた上で実現の可能性を模索していくことが新産業育成の観点からも重要であると考
えております。(法人4:ニフティ株式会社)

行動ターゲティング広告に利用するためのDPI 技術による通信情報の取得については、「例えば(中略)同意する旨
の項目を契約書に設けて、明示的に確認すること等の方法を行う必要がある」ということですが、ライフログ取得に関
して利用者にわかりやすく説明することを前提に、個人向けのサービスの申し込み形態として利用度が高い「オンラ
イン・サインアップ」等も同意取得の有効な手段の例示として追記されると利用者にもわかりやすいと考えます。
(法人10:NTT コミュニケーションズ株式会社)


近々、プロバイダの乗換えを検討していたのですが、OCNはその対象からはずすことにしました。


>『利用者の合意があれば良いのでは』という意見に反対する法的根拠が見つからなかった」と話している
と記載されていますが、自らの通信を合意する人がいるはずがありません。
もしいるとしたら、それは、説明が不足しているとか、すでに合意済みの規約を勝手に改定して合意したことにしているだけでしょう。

ソネット、Nifty とOCNとビックグローブ。
こんなプロバイダに加入する必要などなにもないとfocuslightsは思います。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。