スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー種牛「忠富士」口蹄疫感染殺処分。残り5頭の種牛はなぜ処分されないの?

超法規的処置で避難したスーパー種牛のうち一頭が、口蹄疫を発病したそうです。
種牛「忠富士」が感染、残る5頭も同じ畜舎に
宮崎県産の種牛1頭が口蹄疫(こうていえき)に感染した問題で、感染した種牛によだれなどの口蹄疫特有の症状が出ていることが22日、分かった。
 農林水産省と県は、同じ畜舎にいる残り5頭についても感染の恐れがあるとみて、今後、遺伝子検査を行いながら経過観察する。感染した種牛は同日中に殺処分される。松阪牛など全国のブランド牛を支えてきた宮崎牛の種牛が絶える可能性が出てきた。一方、同省などは同日午前、家畜の移動制限区域(半径10キロ圏)内で殺処分に向けたワクチン接種を始めた。
 22日未明に県庁で開かれた記者会見で県幹部は「ほかの種牛も厳しい。感染していれば宮崎牛は壊滅だ。深刻な事態になった」と説明。山田正彦・農林水産副大臣も読売新聞の取材に、「赤松農相や知事と協議するが、殺処分もあり得ないわけではない」と語った。
 同省などによると、感染が判明したのは「忠富士(ただふじ)」という7歳の種牛。動物衛生研究所(東京都)で行った4回の遺伝子検査で、直近の19、20日に採取した検体に陽性反応が出た。
 6頭は、県家畜改良事業団(同県高鍋町)が一括管理してきた55頭のうち最後の種牛。高鍋町周辺で感染が多発したため、今月13日、種牛を守るため、西都市の畜舎に特例として避難させていた。49頭は殺処分された。残る5頭は22日午前現在、忠富士と同じ畜舎で飼育されている。
 これまでの遺伝子検査の結果はすべて陰性だった。家畜伝染病予防法では、感染牛と同じ畜舎にいる場合は殺処分対象となるが、県は特例として21日から10日間の観察期間を設定。経過観察期間の初めの1週間は、毎日、遺伝子検査を実施する。(YOMIURI ONLINE)

同じ牛舎で飼われている残り5頭は経過観察だそうです。
なぜ殺処分されないのでしょうか?


家畜伝染病予防法を確認してみました。

まず第二条に「口蹄疫」が「家畜伝染病」であることが明記されています。
さらに、家畜伝染病に罹患している「患畜」のほかに、病原体に触れた可能性がある「擬似患畜」が定義されています。
家畜伝染病予防法
第二条 この法律において「家畜伝染病」とは、次の表の上欄に掲げる伝染性疾病であつてそれぞれ相当下欄に掲げる家畜及び当該伝染性疾病ごとに政令で定めるその他の家畜についてのものをいう。
2 この法律において「患畜」とは、家畜伝染病(腐疽病を除く。)にかかつている家畜をいい、「疑似患畜」とは、患畜である疑いがある家畜及び牛疫、牛肺疫、口蹄疫、狂犬病、鼻疽又はアフリカ豚コレラの病原体に触れたため、又は触れた疑いがあるため、患畜となるおそれがある家畜をいう。


殺処分の義務は16条に明記されています。
(と殺の義務)
第16条 次に掲げる家畜の所有者は、家畜防疫員の指示に従い、直ちに当該家畜を殺さなければならない。ただし、農林水産省令で定める場合には、この限りでない。
1.牛疫、牛肺疫、口蹄疫又はアフリカ豚コレラの患畜
2.牛疫、口蹄疫又はアフリカ豚コレラの疑似患畜
2 前項の家畜の所有者は、同項ただし書の場合を除き、同項の指示があるまでは、当該家畜を殺してはならない。
《改正》平 12法123
3 家畜防疫員は、第1項ただし書の場合を除き、家畜伝染病のまん延を防止するため緊急の必要があるときは、同項の家畜について、同項の指示に代えて、自らこれを殺すことができる。


「口蹄疫に関する特定家畜伝染病防疫指針」も参照ください(平成16年12月1日公表)(PDF:292KB


さて、スーパー種牛6頭ですが、移動後もひとつの牛舎に集められていたそうです。
それぞれの牛の間には高さ3mの壁があったそうですが、牛の前後・および上部は密閉されておらず、それぞれの牛は同じ空気を吸っていたことになります。
すなわち、空気感染する口蹄疫にとって、「隔離した」とはとてもいえない状況です。

残りの5頭は、明らかに「疑似患畜」です。

発病しなかったからといって、殺処分を免除されないのが家畜伝染病の封じ込めの基本的な考え方です。
スーパー種牛なら大目に見てもよいというものではありません。
ましてや、地方自治体の施設なら法律を無視してよいというものではありません。

発病していなければ生かしてやりたいというのが、全農家の思いでしょう。
そこで、行政が自ら手本を見せなければ、各畜産農家への示しが付かないと思います。


たとえ残り5頭が発病しなかったとしても、「擬似患畜」の子孫にはブランド力はゼロ。
いずれにせよ、宮崎の畜産はゼロからの再出発を強いられる思います。

その悲しみは、口蹄疫の蔓延を放置した赤松広隆農水相に向けるべきものと、focuslightsは思います。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。