スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CDが売れなくなることは1982年に決まっていたと思う

最近、CDが売れなくなったとのニュースをよく目にします。
違法ダウンロードがやり玉にあがっていますが、それだけではないと思います。
続・CD不況深刻化、オリコンシングル100位がついに500枚割れ…16位で3000枚未満、20位は2500枚台
今週のオリコン週間シングルチャートでは、先週お伝えしたばかりの不況ぶりがさらに悪化し、なんとついに売上500枚に満たない作品が週間トップ100入りする異常事態となった
また今週のシングルチャートでは、16位で3000枚未満、20位で2500 枚台、30位で1600枚台となり、先週までのワースト記録がさらに塗り替えられた。
先日の記事では、「シングル20位が2700枚台、100位の売上が523枚しかない」とお伝えし、twitter等で大きな反響を得た。しかし、今週のシングルチャートはそんな低水準をさらに下回る異常事態となっている。

順を追って見ていきたい。まず10位だが、今週も当たり前のように1万枚に届いていない。そして16位から売上3000枚未満となり、20位の売上はなんと2500枚台。20位は3週連続で史上ワースト枚数の更新となった。30位は1600枚台で、こちらも史上ワースト。50位も1000枚をわずかに超える低水準で、ワースト枚数更新となった。
51位以下も悲惨な事になっており、1000枚を超えたのはなんと52位まで。53位からは売上1000枚に届いていない。81位からは500枚台となり、93位から従来の100位のワースト売上(523枚)を下回った。そして100位は、史上ワーストを20枚以上塗り替える498枚となり、オリコン史上初めて売上500枚未満の作品がトップ100入りし、その数字が誌上に掲載されることになった。(The Natsu Style)

今、私の手元に一枚のCDがあります。


TMN TIME CAPSULE disk2

そのdisk2の13曲目に Nights of The Knife が収録されています。



Nights of The Knife。
TMNが1994年に予定活動を終了する際、最後に残した曲です。

1996年に発売されたこのCDは、2010年の今も、当時と変わらぬ音質で、当時と変わらぬ感動を与えてくれます


この15年で、音楽制作の現場は大きく変わっています。
当時FM音源やPCM音源で音作りをし、MIDIで操作していたのが、いまやパソコン一台でリアルタイムにいろいろな音を作成することができるようになっています。

が、J-POPはこの15年まったく進歩していません。
15年前のCDと、今年発売されたCDを区別するのは至難の業です。

そして、これまでに発売されたCDの中には自分が知らない名曲がいっぱいあります。
もしも、よい曲に出会いたければ、新譜CDを一枚買うよりも、中古CD屋で2枚買ったほうがはるかに可能性が高いでしょう。

私は、数年前から新譜CDを買うことは無くなりました。
その代わり、中古CD屋で知らないアーチストの曲を十枚単位で買ってきて、つまらなければ捨てるということを繰り返しています。

中古を購入しても、音楽を制作している人にお金が還元されず、いずれ音楽業界が廃れていってしまう。ということは理解できます。
が、今、消費者から見て新譜をかう意味がない。
せいぜいカラオケで歌って、「新しい曲を知っていますねー」って若者にほめられるくらいでしょうか。

CDが生まれたのは1982年だそうです。
音楽がデジタル化されたことで、データが経年劣化しなくなり、音楽の賞味期限がなくなりました。
新譜CDを購入するには、「新しい」だけでない何かの理由が必要です。
いまのJ-POPにはそれがありません。

音楽CDが売れるようになるためには、過去の発売された音楽を「古い音楽」にする必要があります。
J-POPではない、新たな音楽が出てくるまでは、このCD不況は続くと思います


昔MIDIをやっていた縁で、最近、友人に頼まれてDAW(SONAR6)に打ちこみをする機会がありました。
いまや、ノートパソコン一台で、音楽制作すべてができるようになっていてびっくりしました。
友人の腕は変わっていなくて、「そのベース必要なの?ベースパートもSONARに打ち込んで、エアベースで十分じゃない?」って言ったら、さびしそうに笑っていたのが忘れられないfocuslightsでした。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。