スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AppleのFlash拒否は正しいと思う

最近のアップルの傍若無人ぶりは、目に余るものがあります。

・Itunesのユーザーを無視した勝手な振る舞い。
・アプリ開発者との一方的な契約。
・量販店通販サイトからのApple製品引き上げ

昔のAppleはマイノリティの側で、ユーザーを見ながら商売をしていたと思います。
が、iPod/iPhoneの成功で態度は一変。

いまや、自分たちが一番偉いと勘違いしているように見えます。
いじめられていた子供が、武器を持ったとたんに態度が大きくなっているよう。とでも言えばよいでしょうか。

>「iPhone SDKの契約は一方的にAppleに有利」EFFが批判 (Itmedia)
>「Appleの意向で」ヨドバシ通販、Apple製品の扱い中止 Amazon、ジョーシンは継続 (Itmedia)
>あらゆる通販サイトからApple製品が次々と消滅、いったい何が起こっているのか(gigazine)

そのAppleが、iPhoneへのFlash非搭載について、Adobeと論戦を交わしています。
>Thoughts on Flash (Apple.com)
>ジョブズCEO、iPhoneでのFlash非対応について説明 (Itmedia)

わたしは、AppleもSteve Jobsも嫌いですが、この選択は正しいと思います。

Jobsはフラッシュの問題として、6つ述べています。
First, there’s “Open”.
Second, there’s the “full web”.
Third, there’s reliability, security and performance.
Fourth, there’s battery life.
Fifth, there’s Touch.
Sixth, the most important reason.(Apple.com)

Jobsの指摘する6つの問題点のうち、もっとも重要なのは、
>Third, there’s reliability, security and performance.
でしょう。
Third, there’s reliability, security and performance.
Symantec recently highlighted Flash for having one of the worst security records in 2009. We also know first hand that Flash is the number one reason Macs crash. We have been working with Adobe to fix these problems, but they have persisted for several years now. We don’t want to reduce the reliability and security of our iPhones, iPods and iPads by adding Flash.
In addition, Flash has not performed well on mobile devices. We have routinely asked Adobe to show us Flash performing well on a mobile device, any mobile device, for a few years now. We have never seen it. Adobe publicly said that Flash would ship on a smartphone in early 2009, then the second half of 2009, then the first half of 2010, and now they say the second half of 2010. We think it will eventually ship, but we’re glad we didn’t hold our breath. Who knows how it will perform?(Apple.com)

Itmediaの超訳はこちら
3. 信頼性、セキュリティ、性能について
 Flashにはセキュリティの問題が多いだけでなく、Macでのクラッシュを引き起こす原因のナンバー1だ。モバイル端末にFlashを搭載することで、信頼性とセキュリティを損ないたくはない。また、Adobeはスマートフォン向けFlashの公開を何度も延期してきており、たとえ公開されても、その性能は疑わしい。(Itmedia)

JobsはMacintoshのことを述べているのかも知れませんが、WindowsでもFlashは凶悪アプリケーション(プラグイン)であることは間違いありません。
ブラウザがクラッシュする原因のほとんどはFlashによるものですし、動画プレーヤーの原因不明の不具合もたいていFlashのせい。
その上Flashはブラウザとは違ったCookie情報をユーザーの知らないところで蓄積し、さらにその設定は、なぜかAdobeのサイトでないと変更できないという、理解不能な仕様。

Flashだけではありません。
Adobe Readerもブラウザをクラッシュさせる凶悪アプリ。

PC Watchには、64bitWindowsの足を引っ張るAdobeソフトについての記事があります。
山田祥平のWindows 7 ユーザーズ・ワークベンチ 64bit版 Windows 7で困ること、うれしいこと (PC Watch)

Adobeと決別したJobs。
たとえその結果、Photoshopを失ってもかまわない。と判断したのは正しいと思います。


それにしても、Appleの態度も目に余るものがあります。

2004年の膵島細胞種摘出、2009年の肝移植を行ったJobsですが、写真を見る限り、完全引退はそう遠くなさそうです。
Jobsというカリスマを失った後、没落していくAppleに手を差し伸べる人は誰もいないのではないかと、focusligtsは思います。
(ハゲタカファンドを除いて。)
Jobs2010-2007
左:Apple Special Event, April 2010 (2010/4/8)
右:Macworld San Francisco 2007 Keynote Address (2007/1/9)

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。