スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低ビットレート動画用CODEC(コンテナー)に望むもの

普段はあまり見ませんが、たまーにYoutubeやニコニコ動画などの動画サイトを見ることがあります。

昨年見たので記憶にあるのが、英国の美声おばさん
Susan Boyle - Singer - Britains Got Talent 2009 http://www.youtube.com/watch?v=9lp0IWv8QZY


最近見つけた、P-MODELのライブ。
P-MODEL - 2D OR NOT 2D (Live)

P-MODELとは、少し前に話題になった「けいおん」のメンバーの名前の由来になったとされるグループ。
って、こういう言い方は、P-MODELファンの人には失礼でしょうか。

でもこの動画・・・・・
微妙に映像と音がずれているんですよね・・・・

いったんローカルにダウンロードし、Media Player Classicの再生オプションで音声を-200msec遅らせて再生するとだいぶマシになります。


以前山田祥平のRe:config.sysで、「人間はノイズまみれの映像や音楽からもコンテンツを認識できる。」といった記事を見たことがあります。
非可逆圧縮の原点は、人間が知覚できないのなら省略してもかまわないだろうという発想にある。これは、言い換えると、知覚できても許容範囲ならよしとしようということでもある。危険なのは、その許容範囲の上限がどんどん下がってしまうことだ。AMラジオだからFMラジオよりも音が悪くて当然だというのとはわけがちがう。人間の目や耳は、とても賢く、ノイズまみれの音楽や映像からも、コンテンツの本質をとらえることができる。だからといって、ブロックノイズ満載のニュース映像が、こうも堂々とオンエアされてしまっていいのだろうかと思うのだ。(PC Watch 山田祥平のRe:config.sys 脱ビットレート)
ニコニコ動画やYoutubeなどでは、大量の動画を扱う以上、ファイルサイズ、ビットレートにある程度の制限があるのは仕方がないことです。
どちらかを選べといわれたら、音声。
映像の質が悪いのは許せても、音質が悪いのは許せません。

が、もっと許せないのが、音ずれ。
人間の目と耳がどんなに賢かったとしても、映像と音声のズレは補正できません。

特に、ライブ映像とか、最近はやりのアイドルマスターのダンスなどは、映像と音が一致していて初めて意味があるものです。
(音声を聞きたいだけなら、mp3で聞けば良いので)

音ズレは許せません。


動画の音ズレの原因はいくつかあります。

・音と映像のスタート位置がズレているもの。
・音と映像のフレームレートが微妙に違うもの
・音か映像が破損しているもの

なんにせよ、音ズレが起きる根本的な理由は、
映像ストリームと、音声ストリームが別で、それをつなぎ合わせているから。

これに尽きます。

音声と映像を別に管理することで、音声だけ、映像だけの修正ができたり、いろいろなメリットがあることはわかります。
でも、そういうことは保存・編集用の高ビットレート動画ができればよいのであって、Webアップ用の低ビットレート動画には必要ないと思います。


音ズレが起きないCODEC。どうして誰も作らないのだろうとfocuslightsは思います。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。