スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「色盲」が変換できないMS-IMEの偽善

すこし前までATOK2006を利用していましたが、近頃はMS-IME Standard(2002 ver.8.1)を利用しています。

で、最近「色盲」(しきもう)=色覚異常について、ブログを書こうと思ったところ、MS-IMEでは「色盲」が変換されないことに気がつきました。

手近にあった、漢字変換ソフトで色盲を変換してみたところ・・・
携帯(Advanced Wnn):変換可
iPod Touch :変換可
Windows ATOK2006:変換可
W-ZERO3(ATOK for PocketPC):変換可

他の変換ソフトは全部OK。
やっぱIMEってだめだなーと思い、漢字登録をしようとしたところ・・・
盲 (めくら)すら変換できない。

どうやら、IMEで色盲が変換できないのは、辞書が悪いのではなく、差別表現対策?のようです。


たしかに、盲(めくら)や色盲(しきもう)という言葉に差別を感じる人は世の中に存在するようです。
だからといって、IMEの漢字辞書にその漢字を登録しないというのは、おせっかいも甚だしいと思います。



他の漢字も調べてみました。

×盲(めくら)
〇盲人(もうじん)
×片盲(かためしい)
×色盲(しきもう)
×味盲(みもう)
×文盲(もんもう)
〇全盲(ぜんもう)
×盲打ち(めくらうち)
×二重盲検(にじゅうもうけん)
〇盲導犬(もうどうけん)
〇盲信(もうしん)
〇盲腸(もうちょう)
〇盲点(もうてん)
×盲聾(もうろう)

×聾(つんぼ)
×聾桟敷(つんぼさじき)
〇聾唖(ろうあ)
×聾暗(ろういん)
×聾児(ろうじ)
〇聾者(ろうしゃ)
×音聾(おんろう)
×片聾(かたつんぼ)
×耳聾(じろう)
×鼻聾(はなつんぼ)

×白痴(はくち)
〇痴呆(ちほう)
×気違い(キチガイ)



しょうがないので、すべて漢字登録しようかと思った矢先に見つけたのがこのサイト
自主規制語補完辞書

IME用、ATOK用の登録辞書が配布されています。
これで、「色盲」も「唖」も「毛唐」も「支那」も「癩病」も一発変換できます。

上記サイトにも記載されているように、このような言葉を用いることには大きな責任が伴います。

でも、その漢字を使うか、使わないかの判断をすべきなのは文章を書く人であって、
マイクロソフトのIME設計者ごときに決めてもらいたくありません。




今はIME辞書から言葉が削除され、変換できないだけですんでいるかもしれません。
手書き辞書などから、一文字一文字入力すれば、漢字登録することができます。

が、いずれInternetExploreやWindowの基本機能として、差別用語自動伏字機能がついて、勝手に黒く塗りつぶされる日が来ないともかぎりません。


たとえ色盲を「色覚異常」と言い換えたところで、障害を持つ方への差別が無くならなければ、それはただの言葉遊びに過ぎません。
子供を子どもと呼びかえる民主党の愚行となんら変わらないと、foculightsは思います。

コメント

Secret

No title

>マイクロソフトのIME設計者ごときに決めてもらいたくありません。

ホントこれ。以前は変換できてたはずなのに、ある時期から変換できなくなってアレ??と思った事ありました。
でも、結局はその書き手側の劣化により、販売側へ責任転嫁するような社会風潮になってしまった事が本質かと。結局は、書き手側のモラル低下、結局は自分の首を絞めた結果なんですよねぇ・・・

ちょいまち

べっ、べつにあんたなんかに興味は無いんだからね!(´-ω-)♪ http://ktjg.net/index.html
プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。