スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「性別変えた夫の子、妻出産でも婚外子扱い」は現在の法律だと当然の扱いと思う

性転換して男性になった夫の場合、非嫡出子とするとの法務省見解がだされました。
 心と体の性別が一致しない性同一性障害との診断を受け、女性から男性に戸籍上の性別を変更した夫が、第三者の精子を使って妻との間に人工授精でもうけた子を、法務省は「嫡出子(ちゃくしゅつし)とは認めない」との見解を示した。
全国で6件の出産例を把握、非嫡出子(婚外子)として届けるよう指示した。だが、同じ人工授精でも夫が生来の男性の場合は嫡出子として受理しており、「法の下の平等に反する」との指摘が出ている。
 性同一性障害者が自ら望む性別を選べるよう、2004年に施行された特例法に基づき、兵庫県宍粟(しそう)市在住の自営業Aさん(27)が戸籍を「女」から「男」に変更したのは08年3月。翌月、妻(28)と結婚した。男性としての生殖能力はないため実弟から精子提供を受け、妻が体内受精で昨年11月に男児を出産した
 市役所に「嫡出子」として出生届を出そうとしたところ、宍粟市はAさんの性別変更を理由に受理を保留。法務省の判断を受け、今月12日までに「非嫡出子」と書き改めて届け出るよう、昨年末にAさんに通知した。嫡出子は、法律上の婚姻関係にある夫婦から生まれた子。非嫡出子となれば、戸籍に父親の名は記載されない。(asahi.com)

嫡出(ちゃくしゅつ)とは「婚姻関係にある男女(夫婦)から生まれた」の意。
そういう意味では、性転換した夫でも「男」とするなら、嫡出子とすべきという意見もあるかもしれません。

が、法務省の見解は、
>法務省は朝日新聞の取材に「特例法は生物学的な性まで変更するものではなく、生物学的な親子関係の形成まで想定していない」と文書で回答。出生届を出す窓口で、戸籍から元は女性だったとわかるため、「遺伝的な父子関係がないのは明らか」(民事1課)と説明している。

科学的、生物学的には、法務省の見解のほうが理にかなっています



なぜなら、、
>一方、学習院大学の野村豊弘教授(民法)は「民法は夫婦間の自然生殖を前提としている。今回のケースは、生来の男性が夫である場合の人工授精と違って夫の子ではあり得ないということが客観的に明らかなので、民法772条の嫡出子とみる『推定』は働かず、法務省のように判断するしかない」と話す。

にもあるように、嫡出推定はあくまで推定です
民法 第三章 親子 第一節 実子
(嫡出の推定)
第七百七十二条  妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する
2  婚姻の成立の日から二百日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

婚姻中に懐胎したからといって、嫡出子と「みなされる」わけではなく、「推定」されるだけです。
法律の世界で「推定」とは、反論を証明すれば覆されるとされています。

夫が生物学的に女性であれば、嫡出では無いことが明らか。
なので、嫡出子として取り扱うのは不適切です。

>同じ人工授精でも夫が生来の男性の場合は嫡出子として受理しており、「法の下の平等に反する」との指摘が出ている。
とのことですが、
現行の法律では、夫が生来の男性と元女性では法律的に別扱いされるのは必然です



嫡出子と非嫡出子。
非嫡出子だと、相続の法定相続割合が嫡出子の1/2というのがありますが、それ以外にはそれほど不利益があるわけではないかな。と思います。(差別を除く)

それでも嫡出子の身分を求めるなら、現在の法制度では特別養子制度があります。

未婚のまま妊娠-出産。
で、その後結婚して、特別養子縁組を行って嫡出子。という流れです。

ただし、未婚の場合体外受精を行ってもらえないことが考えられますので、その場合は通常の性行為による妊娠が必要になるかもしれません。

今回のケースでは、実弟の精子。
精子提供者がはっきりしている場合は、難しいのかもしれませんが。

(参考)
精子・卵子の提供による非配偶者間体外受精に関するJISARTガイドライン
http://www.jisart.jp/090908taigai2.pdf
(3) 婚姻関係の確認
被提供者については戸籍謄本により法律上の夫婦であることが確認されなくてはならない。


朝日新聞の記事を見ていて疑問に思ったのは、
>早稲田大学の棚村政行教授(家族法)は「民法は夫について生来の男性とは規定しておらず、特例法でも特にルールを設けていないのだから性同一性障害者を別扱いする理由はない」と指摘。
の部分。

別に、民法の夫の定義の議論をしているのではなく、嫡出の定義を議論しているわけですから、早稲田大学教授の指摘は的外れです。
教授がDQNなのか、インタビューした記者がDQNなのか、focuslightsは気になります。



2010/1/11追記
別に未婚の母でなくとも、特別養子制度は利用できるのですね。
既に婚姻関係にある場合、特別養子制度は利用できないと勘違いしていました。


20131214追記
人工授精でも、父親と認める判決がでたのですね。

性同一性障害:性別変更の男性は「父」 最高裁初判断(毎日jp)
性同一性障害のため女性から男性に性別を変更した兵庫県宍粟(しそう)市の夫(31)とその妻(31)が、第三者提供の精子によって生まれた長男(4)を嫡出子(法律上の夫婦の間に生まれた子)と認めるよう求めた裁判で、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は、申し立てを退けた1、2審の判断を覆し、父子関係を認める決定を出した。小法廷は「妻が婚姻中に妊娠した子は夫の子と推定するとした民法の規定が適用される」との初判断を示した。決定は10日付。

さすが大谷剛彦裁判官です。頭がタダレています。
でも、最高裁判決は腐っても最高裁判決ですね。

コメント

Secret

男が女になり…女が男になり…父親で無いのに戸籍上父親になり…
何のための戸籍なのか?
エスカレートしてきてますね!
世も末…

No title

民法772条1項の「推定する」は、確かに「みなす」とは異なりますが、本条の推定は強い推定で、夫だけ(774条)が、嫡出否認の訴えによってのみ(775条)覆すことができるものであり、通常の推定とも異なります。
そして、その出訴期間は、夫が子の出生を知ってから1年以内で、これを過ぎると、何人が、いかなる科学的証拠を示そうとも、嫡出子であることを争えなくなります。
また、夫が嫡出を承認すれば、誰も嫡出否認することができなくなります(776条)。
民法は、法律上の親子関係を規律するものであって、厳密に生物学上の関係を規律するものではないからです。

つまり、行政官が生物学の観点から実子か否かを判断するような制度は取られておらず、嫡出推定の及んでいる子が嫡出子として届けられれば、行政官は当然に嫡出子として扱う義務があります。

このケースについて嫡出子として認めないのは、平等原則以外にも、法律による行政の原理からも問題があります。

Re: No title

>他人の男性の精子で出産をしても その子は明らかに父の血をひいていないにも関わらず
「嫡出子」として認められています。

ご指摘の通り、「嫡出推定」により、嫡出子と認められます。
が、あくまでこれは、推定であるので、夫が嫡出否認した場合や、実夫が認知請求した場合には、推定は覆ります。

1998.12.18
第三者の精子を用いた人工授精による子につき夫が嫡出否認請求をしたケース
要約:夫の精子を用いて体外受精を試みていたが、妊娠に至らなかったため、
妻が夫に無断で、他人から精子の提供を受け、人工授精後出産した。
夫が、嫡出性の否認を求めた結果、嫡出否認の請求を認めた。
http://www.geocities.jp/gender_law/hanr/oyako/oyako5.html

性同一性障害者だけが、特別に不利なわけではありません。
生い立ちから、明らかに、「嫡出が推定できない」だけです。

Re: No title


>性同一性障害を法律で認め、戸籍の転換を認めること自体がおかしいです。
私もそう思います。

性別を決めるのは、遺伝子であって、脳ではありません。

その2つが乖離しているからといって、戸籍の変更を認めるのは、科学を侮辱していると思います。

No title

連続で申し訳ありません。

ちなみに、
男性が無精子症などの不妊を患っている場合、
他人の男性の精子で出産をしても
その子は明らかに父の血をひいていないにも関わらず
「嫡出子」として認められています。

管理人様の見解では、それはなぜ合法なのでしょうか?
同じく明らかに父親の血を継いでいないのに
それを認めるのはおかしいのではないでしょうか。

性同一性障害者「だけ」が非嫡出子にされる
法的根拠が明らかに薄弱で、
障害の存在を否定する差別意識に起因した
判決だと思わざるをえません。

私の友人にも当事者がいますが、
私は決して当事者を擁護するために
このような意見を述べているのではなく、
法的な観点からも明らかに矛盾をきたしており
差別以外の何者でもないと思うのです。

No title

はじめまして、メルと申します。

私は全く同意できません。
「生物学的に」「生来の男性でない」というのはおかしいです。
この障害は、医学的に脳の内部における
男女のこれほど違いが生まれる原因は特定されていなくとも、
男と女では脳が明らかに異なり、
脳が男女逆で生まれてきたと強く疑われる障害です。

「医学的に証明がされていない」からといって
障害が認められないなら、発達障害も医学的に解明はされていません。
あくまで共通する行動様式等でもって医師が診断を下しているにすぎません。
しかし発達障害を、「生来の障害とは言えない」とは言わないでしょう?

それであるなら性同一性障害も明らかに「体と一致せず生まれた、脳は男性」の方であると見るべきで、
「生来の性別」は人間の脳、性自認を基準にすべきです。
その存在自体を認めないと言うなら、
性同一性障害を法律で認め、戸籍の転換を認めること自体がおかしいです。

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。