スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone(iPod Touch)はゲームプラットフォームになり得ないと思う

iPhone / iPod Touch(以下iPhonesとします)がニンテンドーDSやPSPに匹敵する(もしくは凌駕する)携帯ゲーム機であるという論調があります。
が、iPod Touchの所有者としては、「いったい何を言っているんだ?」
というのが正直なところです。
ゲーム機として浮上するiPhone、「DSやPSPより優位」の声も (ITmedia) (記事は期限切れで閲覧不可)
ゲーム機として台頭するiPhone、DSやPSPのライバルに(ロイター)

先日のTGS2009でも同様な発表があったとのこと
安売りだ!……開発者が激白、iPhoneは新世代ゲーム機なのか?【TGS 2009】 (日経トレンディ)
iPhoneがゲーム機として魅力的な“5つの理由”「東京ゲームショウ」で最新ゲームが続々!(日経トレンディ)

確かに台数を見ると、iPhone iPod Touchをあわせて3000万台が販売されているとされ、DS(累計1億台)、PSP(5000万台)に比べて遜色ありません。(ロイターの記事)
性能を見てみても、十分なプロセッサ速度に加え、GPUも搭載しており、携帯ゲーム機として申し分ありません
iPhone/3G:(ARM6/412MHz-Power VR MBX),
iPhone3GS:(ARM Cortex-A8/600MHz-Power VR SGX)
DS:(ARM7+ARM9 dual 66MHz-ATI3D)
DSi:(ARM7+ARM9 dual 122 MHz-ATI 3D)
PSP:(R4000x2 333MHz)

iPhones用ゲーム・エンターテイメントのタイトル数は既に21,178本と、DS(3680本)、PSP(607本)に比べ大差をつけていると発表されています。(日経トレンディの記事)

マルチタッチスクリーンや加速度センサー、iTunes Storeによる販売など、DSやPSPにない魅力もいっぱい。

でも、iPhone/iPod Touchはゲームプラットフォームになれない、大きな3つの理由があります。


その1:コントロールボタンがない
iPhonesには、十字コントローラ、ボタン類がありません。(電源、音量、ホームボタンはありますが、ゲームでは利用できません)
これが、第一の欠点です。
ファミコン以来、ほぼすべてのゲーム機に十字コントローラーとボタンが搭載されているのは、伊達ではありません。
それは、ゲーム機に必要な機能だからです。

そのかわり、iPhoneには、マルチタッチパッドと、加速度(傾き)センサーがあります。
iPhonesのゲームアプリはこれらを使って十字コントローラーの代替をさせようと努力しているようですが・・・・・
いずれも力不足です。

加速度センサーは、反応速度と精度に問題があり、十字コントローラーのような正確さで操作することは不可能です。
タッチパッド上に十字キーやボタンに見立てたアイコンを表示するようなゲームもあります。
が、タッチパッドでは、「ボタンを押した」という感触がないため、画面を強く押す羽目になり、液晶を割ってしまいそうになります。
さらに、ペンで操作するDSと異なり、iPhoneは指で押すため、押している場所は画面が見えなくなります。

外部コントローラーが販売されているようですが、別売り周辺機器を前提としたゲーム開発は無理でしょう。

パズル系ゲームやコマンドRPGならいざ知らず、アクションゲームのプラットフォームとしてはiPhonesは不向きです。

その2:電池がもたない
iPhonesの電池容量はDSに比べやや大目。
しかしながら、iPhoneのプロセッサーパワーと電話機能を考慮すると、まったくもって不十分です。
3G 1150mAh
3GS 1218 mAh
DS Lite 1000 mAh
iPhone:http://blog.sohaya.com/2009/06/19/iphone-3g-s-system-board/
DS: wikipedia

3Dゲームをすると特に顕著で、30分もゲームをすると、残容量はは半分になります。
(iPod Touch本体が発熱しているのが明らかに感じられます)

ゲームをせずに、通話のみの使用でも、バッテリーが一日ももたないといわれるiPhone。
とてもじゃありませんが、外出先でゲームをすることは不可能です。

バッテリーをユーザーが交換できないというのも、泣かせる仕様です。

充電できる場所でしか、ゲームができない。
それであれば、わざわざiPhoneでゲームをせずに、充電器(=PC)でゲームをします。

その3:iTunes Storeはゲームベンダーに向かない。
iTunesの有料ゲームトップ100を見てみると、有料とはいえ、115円や230円のゲームばかり。
個人や、小規模の会社でつくられたものならば、こういう価格でもペイするのでしょう。
一方、既存の大手パブリッシャーのゲームを見ると・・・・

METAL GEAR SOLID (コナミ) 600円
バイオハザード4(CAPCOM) 800円
ボンバーマン(Hudson) 350円


個人の格安ゲームに引きずられて、大手パブリッシャーのゲームも軒並み低価格戦略を強いられています。

iTunesでのアプリ販売は、アップルの手数料が30%との話。
ネットワーク販売なので、製造費や物流費、小売店のマージンは無いとはいえ、価格が低すぎます。
これでは、大作ゲームを製作しても、黒字化は困難ででしょう。

となると、アイデア勝負で、低開発費ですむパズルゲームがあふれることになります。


現在のiPhone/iPod Touchはゲームプラットフォームにはなりえません。
来年のTGS2010では、「iPhonesゲーム開発は失敗だった」と発表するベンダー各社の発表が目に浮かぶようです。

別にiPhonesのネガティブキャンペーンをしたいわけではなく、使用者の素直な感想です。

でも、上記の欠点が解消された場合、大きな市場を獲得する可能性があるとfocuslightsは思います。
その際には、既存のiPhone/iPod Touchは切り捨てられることになるわけですが。

コメント

Secret

プロフィール

focuslights

Author:focuslights

since 2007.4.29
誤りのご指摘は大歓迎ですが、考え方に対する抗議は一切お受けいたしません。
リンク確認等は不要です。

すべての文章は、法律並びに医学に対する資格を有さない、一個人の心情を吐露したものであり、法務もしくは治療法に関する情報提供を目的としたものではありません。

本ブログにはいわゆる見通情報(forward-looking statements)を含み、実質的にこれら見込みとは異なった現実的な結果に至ることがあり得ます。
本ブログはそれらを参照したことによって引き起こされる一切の結果に対して責任を負いません。
また、見通し情報に更新もしくは改正が望ましい場合であってもその義務を負いません。

批判的な文章を掲載する際には解決法の提示が望ましいと考えていますが、問題点を抽出整理して、広く知らしめることで、集合知により解決を図ることも重要と考えているため、対案の提示は必須とは考えていません。

オーストラリアのカンガルー虐殺反対活動を推進しています。

テンプレート「RotundityBlue」と「cfdn_12」を利用させていただいています
Ne me blâmez pas.

批判的なコメントを入力される時には、なるべく対象を明記してください(ブログ主への批判なのか、以前のコメントに対する批判なのか。など)

最近の記事
最近のコメント
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

FC2カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。